UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/02/22UEFA情報
●21日、ホームにリバプールを迎えて行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、ライカールト監督就任後、ヨーロッパの大会において17試合連続無敗を誇ってきたバルサが、まさかの逆転負け。この敗戦はバルサにとってかなりのダメージとなり、カンプ・ノウもまた大きな失望に包まれた。翌22日付けの“スポルト”紙は「ミラクルしか残されていない!」
●リーガでは“ゴール欠乏症”に悩むレアル・マドリーだが、チャンピオンズリーグではちょっと違う。ラウルとファン・ニステルローイはチャンピオンズリーグで着々と通算ゴール数を伸ばし続けている。火曜日のバイエルン・ミュンへン戦でもラウルは2ゴール、ファン・ニステルローイは決勝点となった3ゴール目をマークした。2人合わせて実に108ゴール
●ビージャのFKとシルバの試合終了5分前のゴールでバレンシアインテルの勢いを止めた。これでベスト8進出にバレンシアが大きく前進。アウェイで2ゴールを入れ引き分けたバレンシア
レアル・マドリーのスポークスマン、ミゲル・アンヘル・ディアス氏がラジオ・マルカの電話インタビューで20日に行われた対バイエルン・ミュンヘン戦においてエメルソンがカペッロ監督の指示に従わなかったことを語った。この試合途中でウォームアップを命じられたがそれを拒み、試合に出ることを拒否
バルセロナのサミュエル・エトーが対リバプール戦で招集メンバーに入らなかったことに関して、怪我が完治していなことを理由として上げた。「現状はまだ万全ではない。状態が100%戻ったときにピッチに戻りたい。今はまだそういう時期ではないと思う」
●バルサのフランク・ライカールト監督は試合を決めるだけの力がなかったことを残念がった。そして、追加点を取らなくてはいけなかった時に同点弾を決められ、リズムを失ったことを認めた。
●ロベルト・カルロスがチャンピオンズリーグR・マドリー対バイエルン・ミュンヘン戦でゴールを入れた後に観客にむけ挑発的行為をしたファン・ボメルと唾を吐いたサリハミジッチに対する処分をUEFAに対し要求した。「サッカーには全く必要の無い残念な行為だった。試合で最もすばらしいシーンはゴールシーンである。余計なジェスチャーや侮辱的行為は尊重に欠ける残念な事だ。ファン・ボメルは僕達に対して過度の恨みがあるみたいだし、サリハミジッチは2年前の繰り返しになるがまだ怒りが収まらないようだ」
●欧州CL決勝トーナメント1回戦、敵地グラスゴーでの対セルティック(第1戦)を0-0のスコアレスドローで終えたACミラン。“ガゼッタ・デッロ・スポルト”「ロナウドがいれば・・・」“コリエレ・デッロ・スポルト”「ミラン、ほぼ決まり」“トゥット・スポルト”「ミラン、価値あるゼロ(0-0)」
●国内リーグ16連勝のインテルが、本拠地サン・シーロにバレンシアを迎えた一戦は、前半こそ予想どおりの内容に終始したが、90分を過ぎたころには、思わぬ結果が残されていた。守りを意識した86分、クリアボールを、この試合では好プレーを披露し続けていたバレンシアのシルバに強烈なボレーで叩き込まれたのである
●21日のチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝トーナメント1回戦で、ポルトと対戦したチェルシーは1-1で引き分けた。負傷者を出しながら、アウェイゴールを奪っての引き分けに、試合後のジョゼ・モウリーニョ監督は、安堵の表情を浮かべた
●欧州CL決勝トーナメント第一回戦対セルティック戦から一夜明けた21日、FWジラルディーノ(24)が試合を振り返った。「我々ACミランは注意深く、知的な試合を行った。アウェイ戦にも関わらず、我々が試合を支配したので、第二戦は勝利する自信がある。サポーターの後押しもあることだし」
●「過去二年間のアウェイ戦で、ノーゴールで終わった事はないので、ベスト8進出を果たす事が出来ると確信している」とASローマ監督スパレッティが21日、ホームで行われた欧州CL決勝トーナメント第一回戦、初戦リヨン戦0-0の試合後の会見で語り始めた
●欧州CL決勝トーナメント第一回戦が行われた21日、インテルはホームでバレンシアと対戦し、2-2の引き分けに終わった。試合後インテル監督マンチーニは「決して有利な結果ではないが、ベスト8進出を諦めてはいない。2-1とリードした時、試合が完全に我々のペーストなったので、3-1に引き離す事が出来ると思ったのだが、シルバの素晴らしい同点ゴールが生まれてしまった・・・。しかし、決して諦めない。バレンシアには勝ちに行く」
●「アウェイでのリヨン戦は落ち着いて戦える」とASローマMFシモーネペロッタ(29)が21日に行われた欧州CL第一戦初戦、対リヨン戦0-0の試合後、アウェイでの第二戦に対する展望を語った
●ACミラン主将パオロ・マルディーニ(38)が20日に行われ、0-0に終わった欧州CL対セルティック戦を振り返った。「0-0の結果をポジティブに受け止めている。ピンチも少なく、良い試合が行なえた。ミラノで行われる第二戦では、負傷か復帰する選手も多数いるので、問題はないだろう」
●サンプドリア主将フランチェスコ・フラーキ(31)が、1月28日に行われたサンプドリア対インテル戦後に行われたドーピング検査で、コカインの陽性反応が出た事が21日判明した
●引き分けで終え、インテルのロベルト・マンチーニ監督はあまりうれしそうな様子ではなかった。「後半はスペースが大きくなってしまったが、バレンシアの決定的なチャンスはわずかだった。前半はほとんどゼロ、後半も少しだけだ。この結果はおかしいと思う。インテルは勝利にふさわしいプレーをしていた。だが、負けるよりは引き分けの方がいい」
●ホームでのバレンシア戦を2-2の引き分けで終えた後、インテルのポルトガル人選手ルイス・フィーゴはこう語った。「チームとしてはいい試合ができた。前半は何度もチャンスを作ったが、決めることができなかった。バレンシアで良い結果を出して、次(準々決勝)へ進めると信じている」
バルセロナやミランでプレーした元ブラジル代表のスターであるリバウド(34)は、オリンピアコスとの契約を2008年まで延長しようとしている
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。