FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/02/21UEFA情報
●チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦、バイエルン・ミュンヘンとの大一番を明日(20日)に控えるレアル・マドリーに衝撃が走った。19日、ファビオ・カペッロ監督がバイエルン・ミュンヘン戦後に監督を辞任するつもりであるとスペインのラジオ局“カデナ・コペ”が伝えた。
●リバプールとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、カンプ・ノウでの第1戦まであと数時間となった。ライカールト監督はリバプール戦に向けての招集メンバーを発表したが、そのリストの中にサミュエル・エトーの名前は入っていなかった
●セビージャのダニ・アウベスは、勝利を収めた日曜日のアトレティコ戦の後「徐々に去年のチームに戻りつつある」とチームの回復ぶりを喜んだ。
バレンシアのカルロス・マルチェナはサン・シーロで行われるチャンピオンズ・リーグの対インテル戦について「インテルが優位。バレンシアは影に隠れてしまってる」とコメント
レアル・マドリーのMFホセ・アントニオ・レジェスは、サポーターがチームに対し不満をぶつける権利を尊重しつつも、20日のチャンピオンズリーグ(CL)、バイエルン・ミュンヘン戦ではそれをせず、チームのために悪い時も含めて応援してほしいと呼びかけた。レジェスは「我慢だ。僕たちは勝たねばならず、応援が必要だ。サポーターは僕たちを応援しないといけないし、僕たちはそれに応えないといけない。CLでチームが変わり、明日(20日)はサポーターがブーイングせず、僕たちがいいプレーをして勝つのを願っている。そうすれば重要な一歩となり、リーガのためにも僕らは成長できる」
インテルが21日のサンシーロでのチャンピオンズリーグ(CL)、バレンシア戦で誰を最も警戒しているかは明らかだ。FWフェルナンド・モリエンテスを本物の脅威だと考えている。
●バルサ元監督のクライフ氏はフランク・ライカールトの継続について、「もし辞めるとしたらもっと前もって報告していただろう」と話すと同時に続投は確実だとも示した
●20日(火)に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1st.レグ、対バイエルン・ミュンヘン戦の招集メンバーが発表されたが、DFセルヒオ・ラモスが土曜日のベティス戦で負った右足甲の打撲傷の回復が間に合わず、招集リストから外れた
●水曜日(21日)に迫ったカンプ・ノウでのリバプールとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦に向け、バルサのジャンルカ・ザンブロッタは最小得点で勝てれば十分だとし、ファンの声援を受ける第1戦目では結果を残すことがとても重要だと明かした。
●R・マドリーのカペッロ監督はCLバイエルン・ミュンヘン戦を前に記者会見に応じ、「ここまでホームよりもアウェイの方がいい試合をしているが、CLとリーガは違う。バイエルン・ミュンヘン戦はサンティアゴ・ベルナベウのサポーターが我々を後押ししてくれると思う」と述べた。そして、「シーズンの全てがかかった大事な試合」と格付けした
インテルについてバレンシアのイタリア人DFモレッティは、「2年前との違いはベンチにマンチーニ監督がいること。彼がインテルのようなスター選手揃いの難しいチームをコントロールしている。強い個性でこの2年間チームをまとめ上げた」
バルセロナのデコは、21日のリバプール戦に向けて何よりも大切なのは「ゴールを割られないこと」だと答えた。「トーナメント戦の場合はホームでの失点が勝負を決めることが多い。今回の場合は明日(21日)の試合が第2戦のカギを握ることになる。だから僕らにとって何よりも大事なのはゴールを割られないことだよ」
バルセロナのサビオラは、エトーの復帰で再び控えに甘んじる可能性があることを十分理解している。しかしサビオラはスポーツ紙“レコード”のインタビューで、彼とチームメイトのエトーとは「一緒にプレーできる」と語った。
バルセロナは21日に行われるリバプール戦に大きな記録がかかっている。この試合に負けなければ、バルサはこれでヨーロッパ大会ではホーム18戦連続無敗となり、この記録はクライフ監督時代の“ドリームチーム”が打ち立てた記録を抜くのである
バルセロナ当局によると、リバプールのサポーターおよそ5000人がチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦が行われるカンプ・ノウの地バルセロナに乗り込む予定だと報じ、この中にはチケットを持っていないサポーターも多く含まれるとの情報を伝えた
●チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦、バイエルン・ミュンへンを3ー2で敗ったレアル・マドリーだが、非常に厳しい条件でミュンへンに向かうことになった。後半、前半のリードの逃げ切り体制に入ったR・マドリー。保守的になったのか、それとも体力の消耗か?それは分からない。しかし、後半に入ってR・マドリーが2点のリードを守りきろうとしたことは確かで、その結果、試合終了間際に大きな代償を払うことになった。ミュンへンでの第2戦、もし1ー0の結果で終わればR・マドリーの敗退が決まる。
レアル・マドリーのカペッロ監督がバイエルン・ミュンへン戦後にも辞任するという噂が流れ、波紋を呼んでいるが、カペッロ監督は自身の辞任問題に答えることを拒否し、「スタメンについては誰の干渉も受けていないと」
●ラシン・サンタンデール所属のエセキエル・ガライはマンチェスター・ユナイテッドにとって、どうしても獲得したい選手である。マンチェスター・Uは来季にむけCBの補強を必要としており、現在注目しているのがアルゼンチン人のガライというわけだ。彼はCBだけでなく複数のポジションをこなせるプレーヤーである。
●バルサのライカールト監督はCLベスト16対リバプール戦を前にメッシについて、「我々にとってメッシは必要な選手だ。計り知れないタレントを持っているしフィジカル的にも良い状態である。試合に入る準備は万端だ」とコメントしメッシがスタメン出場する事をほのめかした。
●プレミアリーグのチェルシーが大幅なコストカットに取り組んでいる。2006年6月期の決算で発表された純損益は、8020万ポンド(約186億円)の赤字。これで、前年に比べ42.9%の赤字削減に成功した結果となり、2009-10シーズンまでには、赤字体質の解消を目指す。
●リヨン会長は「フレッヂが悪い時期を過ごしたのは、フォワードの補強が話題になったからではない。彼の調子自体が前より悪く、それは自分の生活に振り回されていたからだ。個人的な問題を首脳陣にかぶせてはいけない。選手たちには感情の起伏がある。時としてそれは、彼らが自分を世界の中心だと思いすぎているからだ。首脳陣が正しい決定を下さないからではない。フレッヂの場合でいえば、彼は集団より個人的な利益のことを考えた」
●マルセイユ、モナコ、リヨンに在籍し、リーグ・アンで156得点(250試合)を記録したブラジル人FW、ソニー・アンデルソン(36)の引退試合が6月11日、リヨンのジェルラン・スタジアムで行なわれることが決まった。リヨンの地方紙「ル・プログレ」が報じている
●欧州CLが20日、決勝トーナメントに突入する。第一戦を敵地グラスゴーで迎えるACミランは4-4-1-1で挑むことが判明した
●欧州CL決勝トーナメント1回戦、敵地グラスゴーでの対セルティック(第1戦)を前にACミランの天才MFアンドレア・ピルロ(27)がサポーターに“FKゴール”を公約した。20日付のガゼッタ・デッロ・スポルト紙のインタビューの中でピルロは「敵地グラスゴーでの1点は重要な意味を持つ」と切り出した
●欧州チャンピオンズ・リーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のポルト戦を翌日に控え、記者会見に臨んだチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が。その席上で、今シーズン終了後の解任が噂される去就問題について、質問が集中
●欧州CL決勝トーナメント1回戦、イタリア勢ASローマはリヨン(フランス)との第1戦をホームで迎える。前日にリヨンとの契約延長を済ませ、モチベーションの高まる右足の魔術師ジュニーニョ擁する優勝候補リヨン相手に、絶好調トッティ率いるASローマはベストメンバーで迎え撃つ。
●リールが20日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦で、マンチェスター・ユナイテッドをホームに迎え、0-1で敗れた
●ACミランMFクラレンス・セードルフ(30)が19日、翌日に迫った欧州CL対セルティック戦への意気込みを語った。「この試合に向け、十分な練習を行ってきた。明日はその成果と我々の勝利に対する意欲を発揮しなければならない。第一戦で失点を最小限に押さえ、勝利する事が、欧州CLを勝ち進んでいく鍵となる。リーグ戦でもこのところ好調が続いているので、この調子で明日の試合に挑みたい。足に若干の問題を抱えてはいるが、そんな事は全く気にならない、気合で乗り切ってみせる」
●欧州CL対セルティック戦を翌日に控えた19日、ACミラン監督アンチェロッティ「セードルフ、ジラルディーノの状況を見極める必要がある。まだ試合まで1日あるので、慎重に見守りたい。そういう訳で、先発については、GKカラチしか確定していない。状況は2年前の欧州CL対マンチェスター・ユナイテッド戦に似ている。当時もFWが1人しかいなかったが、0-1のアウェイ勝利を収める事ができたので、今回も2年前の再現となる事を願っている」
●21日に開催される欧州CL決勝トーナメント第一回戦、対バレンシア戦にインテルMFパトリック・ビエラ(31)が出場出来ないことが分かった
●欧州CL決勝トーナメント第一回戦対リヨン戦を翌日に控えた20日、ASローマ監督スパレッティが意気込みを語った。「明日はASローマらしい試合が見られるだろう。リヨン戦に勝利し、ベスト8に進出する事が出来れば、その先かなり良い所まで勝ち進んでいけるはずだ。我々はチーム一丸となり、選手も彼ら自身の実力を確信しているので、素晴らしい試合を期待している」
●インテル監督マンチーニがバレンシアを分析した。「バレンシアは弱点がなく、攻撃力に優れたバランスの取れた強豪だ。その上、18日に行われた対バルセロナ戦に勝利(2-1)し、そのままの勢いで明日の試合に挑むはずなので、我々は細心の注意が必要だ。特に攻撃陣が脅威だ。モリエンテスだけじゃなく、アングロ、シルバ、ビージャ全員素晴らしい。ただ、ヘディングによる得点はほとんど見られない。我々はヘディングも強いので、有効活用出来るだろう。結果はやってみない限り何とも言えない」
●試合後ACミラン監督アンチェロッティは「0-0の結果には満足していない。第二戦はサン・シーロ(ACミランホーム)で行われるので、有利ではあるが、十分に注意しなくてはならない。しかし、今日の試合でゴールチャンス、ボール支配率ともに我々が勝っていたので、ベスト8に進出する自信はある」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.