UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/02/18UEFA情報
●引き分けに終わったベティス戦後カペッロ監督は審判のジャッジについて嘆き、「今年は審判からの助けが少ない。ベッカムのファールについてだが、TVでそれを見たし、レッドカードがでるほどのファールではないはず。ベルナベウでは審判は助けてくれないと思っている」と驚きのコメントまで飛び出したレアル・マドリーバルセロナのサミュエル・エトーを奪い返すことを検討している、とバルセロナの有力紙“ムンド・デポルティーボ”が報じている
●サミュエル・エトーのラシン戦出場拒否から始まり、エトーの爆弾発言でバルサはピリピリした空気に包まれたが、この問題も一気に解決しチームは落ち着きを取り戻した。しかし、バルサをまたもや衝撃のニュースが襲った。ライカールト監督が今シーズン終了後にもクラブを退団するのではという噂が再熱。スペインメディア、特にバルセロナのメディアはライカールト監督の去就について大々的に報じている
●シュスターでもファン・バステンでもクーマンでもない。ライカールト監督が来シーズンも引き続きバルサの指揮を執る。バレンシア戦を翌日に控えた17日、ライカールト監督は今シーズン限りでバルセロナを退団するという噂について否定し、この噂を自ら断ち切った
●クライフは、「バルサのトレードマークと言えば、テンポの速いサッカーだ。これが上手く機能すれば、リバプールの中盤と前線を分断できる。スティーブン・ジェラードのような危険な選手を、前線と絡ませなければいいのだ」「バルセロナ対リバプールは、CLの中でもトップクラスのカードだ。普通に考えれば、バルサが有利だろう。しかし、私が前回見たリバプールの試合では、ディルク・カイトとピーター・クラウチのFWコンビが際立っていた。いくらバルサであろうと、空中戦ではこの2人には敵わないだろう。それに、クラウチは巷で言われるより技術がしっかりしているし、カイトは素晴らしいポテンシャルを秘めている。セットプレーを与えると厄介な相手だ」
●シウビーニョは「チーム内には常に問題はあるものだ。チームスポーツなのでしょうがない。でもこれらの背景にはチーム全員が常に優勝を狙って燃えているという大事な事実がある」
●アルゼンチンのリーベル・プレートやサン・ロレンソへのレンタル移籍が噂されていたデポルティーボのコロッチーニだが、デポルティーボ残留を断言した。さらに「昨日幹部会が開かれ、提示金額がどのような額であれ他のチームへは送らないと決定した」
●GKサンティアゴ・カニサレスは15日、バレンシアと2シーズン契約を延長した。2009年6月までの契約となる。
●ロベルト・カルロス「プレーしたくてたまらない。もうプレーできないことにがまんできない。1か月間ボールを蹴ってなくて耐えられない。この数日中にもよくなって(17日の)ベティス戦に出たい。1分でもそれ以下でもいいからプレーしたい。試合に長く出ていないのはすごく妙な感じだし、とにかく出たい」
●15日、ブラジル人右SBシシーニョが、昨年9月23日に行われたリーガ第4節、ベティス戦で右膝前十字靱帯を断裂して以来、初めてバルデベバス練習場のピッチに立った。シシーニョは母国ブラジルでのリハビリの第一ステージを終え、先週マドリーに戻って来た。この日はトレーナーとともにランニングを行い、その後リハビリメニューをこなすためにジムに向かった
●バルサのデコ。「エトーは落ちついているが、プレッシャーは相当なもの」とコメントし、「ケガの後、元のレベルに戻すのはそう簡単なことじゃない」
●プレミアリーグのトッテナムがロビーニョに注目しているようだ。ロビーニョは数日前にも記者会見の席で「レアル・マドリーで幸せじゃない」と心中を告白しており、トッテナムはロビーニョを獲得する準備をしていると言われている
●R・マドリーの守護神カシージャスは、ホームのサンティアゴ・ベルナベウでのベティス戦を前に、「僕達は精神面でいい状態ではないのでベティスがそこを突いてくるかもしれない。国王杯の借りを返さなければいけない。決勝で負けるよりはベスト16、ベスト8あたりで負けた方が影響はあまりない。今度はリーガでベティスと対戦する。バレンシアとバルサが対戦するので僕達はベティスに勝って少しでも首位とのポイント差を縮めたい」
●ロベルト・カルロスとマルセロがケガを乗り越え、土曜日に行われるベティス戦の招集メンバーに復帰した。また、ベッカムも2試合連続で招集リスト入り。一方、ディアラはケガのため、カッサーノは監督の判断により招集メンバーから外れた
●ビジャレアルのペジェグリーニ監督は、今季終了までの予定でボカ・ジュニアーズにレンタル移籍が決まり先週スペインを後にしたリケルメが「僕はクラブ経営陣の言うなりになり過ぎていた」と発言した事について「6月には別の姿勢で戻って来る事を願う。彼は何をすれば出場できるようになるか分かっていたのにも関わらずそれをしなかった」と主張
●次節ベルナベウでR・マドリーとの対戦するベティスだが、今回の試合を多くのケガ人を抱えて臨む事となる。ルイス・フェルナンデス監督は「1点でも3点でも良いから勝ち点を加えたい。贅沢を言えば92分にゴールを決め、0対1っていうのが最高」
●ヘタフェのアンヘル・トーレス会長は来季から新しい監督を起用すると噂が流れていることに対し次のように答えた。「来季もシュスター監督が指揮をする。お互いが合意に達し、サインも済ませた。今季そして来季の契約だ。彼のような人物をうちのクラブが監督として迎える事ができることはとても嬉しい、少なくとも私にとって彼はスターだからね」
●エトーがひざを故障してから4ヶ月、チームにとっても選手にとっても、復帰の照準は21日のリバプール戦に当てられていた。それはライカールト監督の希望でもあった。そのため監督は、オサスナ戦でエトーに時間を与え、準備を整えてきたのである。しかし先日のラシン戦でライカールト監督がエトーの交代を遅らせ、これに対してエトーがプレーを拒否したことでプランは変更されたようだ。
●“エトー騒動”に振り回されたバルセロナだが、チームはこの問題を早く忘れて、大切なバレンシア戦に集中したいと考えている。チームの第3キャプテン、チャビは「この件で心の傷が残らないことを祈っている」と語った。
●今季限りでチームを離れるという噂が流れているレアル・マドリーのカペッロ監督は、将来について「クラブが私を信頼してくれるかどうかは結果次第」としながらも「今シーズンは監督の仕事を全うしたい」と語った
●「僕たちはバルサが揉めている所をうまく付け入るよ」バレンシアのビージャはラジオ・マルカのインタビューで答えた。彼は強敵バルセロナと戦うことを切望しているようであった。そして(リーガ優勝の)危機という言葉に対して一笑し「僕にとって、危ないことはかえって力を生み出すことだ。首位との勝ち点7差を縮めていくよ」ビージャは強い言葉で答えた。
レアル・マドリーのレジェスは、今夜(17日)のベティス戦をダービー戦のようなものだとし、この試合には負けたくないと闘志をのぞかせている。カペッロ監督が攻撃的に挑み、ベッカムを右サイドに、そしてレジェスを左サイドに張らせると考えていることから、レジェスのスタメン出場のオプションは十分にある
バレンシアのGKカニサレスが風邪の回復が間に合わずバルサ戦の招集メンバーから外れた。カニサレスの代わりには第2GKビュテユが入り、第3GKモラが招集メンバー入りした。
●セビージャのアドリアーノが大腿二頭筋肉離れのため少なくとも3週間戦列から離れる事が明らかになった。
●前節、せっかくアウェイで勝利を掴んだレアル・マドリーだが、ベティス戦でベルナベウを再び重苦しい空気に包んだ。リーガでの成り行きまかせの試合、そしてベルナベウで行われる試合は耐えがたいものとなっている。15日前、レバンテに敗れたチームにR・マドリーファンは白いハンカチを振り怒りの抗議を示したが、ベティス戦の終了のホイッスルが鳴るとファンは再び白いハンカチを取り出した。
●現在、バイエルンの会長、そしてドイツサッカー協会副会長を務めているフランツ・ベッケンバウアーが、ドイツ国内紙にてユーロ本大会の出場枠について言及した。ベッケンバウアーは、「(現行の)16か国からその倍に当たる32か国に増やすことについては反対だ。しかし、24か国に増やすのであれば、出場国間に特別に大きな差が生まれるわけではない。むしろ、今後のヨーロッパサッカー発展のために、非常に有意義なことだろう」と語り、8か国の増枠を提案
●カターニャで起こったサポーターによる警察官殺害事件の影響で、観客の入場に条件がつけられていたミラノのジュゼッペ・メアッツァ・スタジアム、通称サンシーロだが、来週に行なわれるチャンピオンズリーグのインテル-バレンシア戦、3月に行なわれるセルティック-ミランの2試合に関して、観客動員の制限を撤廃し、従来通りに動員することが可能となる見通しが立った。
●2月11日に行なわれたリボルノ戦で、途中交代出場ながら“ミランデビュー”を果たしたロナウド。「レアル・マドリーは過去のことだ」と語るなど、ミランの一員として溶け込もうという意欲が窺える。そんなロナウドにアンチェロッティ監督は「順調にコンディションを上げているようだ。土曜日のシエナ戦ではスタメンで起用使用と考えている」
マンチェスター・ユナイテッドのDFガリー・ネビルが、代理人に対する不信感を露にした。このベテランDFは、選手の利益を最優先すべき立場にあるにもかかわらず、自らの利潤を追求する代理人が多い点を指摘。イングランドのプロ選手が加入するPFA(イングランド・プロ選手協会)などの組織が、代理人業務を代行すべきだとの持論を語った
ACミラン17日に行われる第24節対シエナ戦では先発2トップにはロナウドとオリベイラを、トップ下にカカを配置し「ブラジル・トリオの攻撃陣」
マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、アカデミー所属の若手選手に対し、不正に接触を図る代理人が急増している現状を明かした「良い代理人もいれば、悪い代理人もいる。最近、ウチのアカデミーに来て、若手選手に接触しようとした代理人が一人いた。我々は、この代理人を締め出したのだが、その後もトレーニング施設の外で待ち伏せては、選手の親に直談判していたようだ。誘っていたのは12歳の選手だった」
●リーグ・アンのモナコでプレーするチェコ代表のFW、ヤン・コレルが15日、フランス通信(AFP)に対し、2008年に代表を引退する考えを明らかにした。
●現在15連勝中のインテルは次節カリアリ戦に勝利すれば、レアル・マドリー、バイエルン・ミュンヘンが樹立した欧州クラブ、リーグ戦連勝記録16連勝に並ぶ。インテルDFマルコ・マテラッツィ(33)。「歴史にインテルの名を刻みたいとチームが一丸となっている。記録に並ぶためには、ベストを尽くさねばならない。出来ればカリアリ戦後も勝ち続け、記録を塗り替えたい」
●ACミランDFカハベル・カラーゼ(28)が15日、クラブの公式サイト上で今季の目標についてコメントを掲載した。「リーグ戦で4位以内に入り、欧州CLで決勝戦に進出したい。現在チーム状況は良く、リーグ戦に関しては3位も可能だろう。欧州CLに関しては、我々に勝るチームが多数あると言われているが、リーグ戦とは異なり、一試合一試合何が起こるか予測できないので、我々にも十分チャンスがあるはずだ」
●今冬の移籍市場でバレンシアからASローマにレンタル移籍したFWフランチェスコ・タバノ(27)が、今季終了後も引き続きASローマに残留を熱望している
●ACミラン医師エットーレ・タベルナが15日、昨年12月4日、左肩の手術を行い、現在マイアミで療養中のDFアレッサンドロ・ネスタ(31)の状況について語った。「手術当初からネスタの左肩が完治するには最低3ヶ月必要とみられていた。手術は成功しているが、予想通り3月中旬までは練習に参加出来ないだろう。どういう訳かネスタの手術が失敗したという噂を耳にしたが、そんな事実はない。手術当日は私以外にACミラン、サラ医師も立会い、手術終了証明書にサインも行なった」
インテル監督ロベルト・マンチーニが理想の監督像を明らかにした。「後世に語り継がれるような60年代、エレニオ・エレーラ監督時代のインテルをモデルにしたい。あの頃のインテルを手本に、40年後に語り継がれるチームを作り上げたい」と語った
●バッジョは「カルチョ界が最も失ってしまったものは情熱だ。何が重要か?を考え直さねばならない時期にきている。人間関係が希薄になった現代社会で、情熱について語る事は容易ではないが、今日の横行する暴力行為の根底には、情熱の欠如が一番の要因である気がしてならない」とコメント
●20日、欧州CL対セルティック戦を控えたACミランに赤信号が点った。17日に行われたセリエA第24節対シエナ戦でFWジラルディーノ(24)が負傷した為、ACミランは欧州CL対セルティック戦にFWオリベイラ(26)一人で挑まなければならなくなった。シエナ戦後アンチェロッティ監督は「ジラルディーノは火曜日に間に合いそうにない。負傷中のインザーギの状況を明日確認し、召集可能かどうか見極めるつもりだ」
●17日に行われたセリエA第24節対シエナ戦で、ACミランFWロナウド(30)が移籍後初ゴール(2得点)を決め、3-4のアウェイ勝利に貢献した。ロナウドはゴールの喜びを「個人的には記念日となったが、アンチェロッティ監督も言っていたが、失点も多過ぎた。前半戦でありえないシュートミスも犯してしまったが、なんとか勝利する事ができて良かった」
●セリエB第24節が行なわれた17日、ユベントスはホームでクロトーネと対戦し、5-0の快勝を収めた。
●セリエA第24節が行なわれた17日、インテルはカリアリと対戦し、DFブルディッソのゴールで1-0の勝利を収めた。この勝利でインテルは連勝記録を16に更新した
●セリエA第24節が行なわれた17日、ASローマはアウェイでエンポリと対戦し、1-0の敗戦に終わった。試合後ASローマ監督スパレッティは「前半戦で全く闘志が見られなかった。後半戦に入っても全くチャンスを生かせなかった事が敗因だ」
●17日に行われたセリエB第24節でユベントスFWアレッサンドロ・デル・ピエロ(32)がハットトリックを決め、5-0の勝利に貢献した。この日のハットトリックでゴール数を「11」に伸ばしたデル・ピエロは、ボローニャFWベルッチと並び、セリエB得点王に躍り出た。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。