UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/02/13UEFA情報
●11日に行われたラシン戦の後半にバルセロナのサミュエル・エトーが出場を拒否していたことが明らかとなり、周囲をビックリさせているが、ラシン戦の数日前、エトーは彼の近しい人にカンプ・ノウで20分くらいプレーしたいと語っていたと11日付けの“スポルト”紙が報じた。おそらく、エトーはウォームアップ中に20分はプレーできないと思ったのだろう。ライカールト監督は残り5分でエトーをピッチに送るべく出場の用意をするよう告げたが、不満に思ったエトーはこれを拒否し、最終的に出場が見送られることとなった
●ベティス対セビージャのセビージャダービー終了後、両チーム幹部の毒舌が飛び交っている。まずはセビージャ副会長のホセ・カストロ氏が、「ルイス・デ・ロペラ(ベティスの筆頭株主)の甥(おい)ハビエル・パエス氏がデル・ニド会長を押しもう少しで階段から落ちる所だった。ベティスの首脳陣は試合3分前に我々セビージャ関係者貴賓席の位置を移動させた」と明かした。これについてセビージャのデル・ニド会長は、「それについてはこれ以上喋らないほうがいいだろう。ベティスの我々に対する対応はもう知っての通りだし何も言わないほうがいい」と語った。一方、ベティスの顧問弁護士オスカル・アレドンド氏は、「デル・ニド会長が最初に我々を侮辱した。スペインサッカー連盟と非暴力委員会に訴える事も考えられる」と説明した。続けて、「もうたくさんの嘘を聞いてきた。セビージャ幹部の態度は情けない。礼儀としてはこれまで見てきた中で最悪だ。我々の贈り物も筆頭株主の胸像があったために拒否した。そこで全ての礼儀は崩れた。嫌気が差す態度だった」と付け加えた。
●ロナウジーニョは、ラシン戦で出場を拒否したサミュエル・エトーについて、まずはライカールト監督が記者会見でこの件を伝えたが、エトーが出場したがらなかったことは知らなかったと明かした上で、「いつもチームにとって最善のことを考えないといけない」とコメントし、この問題は選手と監督の間で解決するものと強調した
●ジョアン・ラポルタ会長もエトーのとった態度に言及。「サミュエルは4か月間苦しみ、幸せのためにはプレーとゴールが必要だ。サミュエルの立場に立たないといけない。こういうことにおいて、ライカールトは意固地にならずしっかり解決すべきということをわかるだろう」
●次節バルサとの対戦が待ち受けるバレンシアのFWビージャは「バルサに勝てたら衝撃的だ。でも万が一敗れたとしたら勝ち点が10点差になってしまう。彼らから勝ち点10離れるというのはかなり厳しい状況だ。それだけは避けたい」と試合に向けて意気込みを見せた。
バルセロナのGKビクトル・バルデスは、11日のラシン・サンタンデール戦でFWサミュエル・エトーが最後の5分間のプレーを拒否したことによって、チームの空気が悪くなってはいないと説明。そしてエトーが自分の行動を説明するためにフランク・ライカールト監督と会談することを切望し、「復帰し、不安を乗り越えるには少しずつ進むべきだ」と述べた。
●R・マドリーのレジェスは現在のチームの状況について「選手達はこれまでと同様にカペッロ監督に信頼感を抱いている」と説明すると同時に「チャンピオンズリーグについては勝利はあまり期待されていないようなので、その分プレッシャーが少ない。これはチームにとってプラスだ」と心境を明かした。
●R・マドリーのDFカンナバーロはベッカムが1ヶ月ぶりにレギュラーに復帰したのと同様、完全に構想外になっているカッサーノもカペッロ監督からの許しが出ることを望み、「カッサーノは毎日僕達と同じように練習をしているので彼も招集メンバーに入れてもらえるといいね。週末、家に残っているという状況は好きではない。でもクラブが決める事だから僕ら選手はそれを尊重するだけ」
●1月11日に行なわれた国王杯、ベティス戦で右太腿三頭筋を裂傷し、戦列を離れていたロベルト・カルロスがちょうど1ヶ月ぶりにチーム練習に復帰し、再びカペッロ監督の指揮下に入った。
●元バルサの監督ヨハン・クライフ氏は今シーズン終了後にバルサはチームの改革が必要であることを明らかにした。その理由として、「周期の終わりに近づいていると思う。タイトルを獲るとは関係なく、今後高いレベルを維持していくためには修正を入れなければならない箇所は修正しなくてはいけない」と述べた。「サッカーには周期がある。それは3,4年であって、それ以上は非常に難しい。期限はチームが機能しているか、タイトルを獲ったかとは関係ない。私もチームを指揮していたので分かっている。タイトルを獲るのも難しくなれば、それをキープするとなるともっと難しくなる。個人のレベルでも難しい状況が来ればチームとして機能するのも難しくなる」
●セリエA第23節が行われた12日、冬季移籍市場の主役ロナウド(30=ACミラン)がホームのサンシーロ・スタジアムでデビューを飾った。格下リボルノ相手に1-1で迎えた後半18分、FWオリベイラに代わり背番号「99」の半袖ユニフォームを身に纏ったロナウドがピッチに降り立つ。ゴールこそ奪えなかったがエリア外から強烈なシュートを放つなど存在感をアピールし、2-1逆転勝利に貢献したロナウド
●イタリア半島最南端カラブリア州に拠点を持つレッジーナの快進撃が止まらない。カルチョ・スキャンダルの影響で「-15p(仲裁判決により-11pに軽減)」のペナルティを背負い、身動きが取れないまま夏期移籍市場を過ごしたレッジーナ。開幕を前にマッツァーリ監督(45)自ら「今季は終わった・・・。さようならセリエA」と終戦宣言をしていたB降格大本命が、第23節を終了して8勝8敗6分(第22節は4月18日に延期)と大健闘、勝ち点を「19」に伸ばし念願のA残留圏内となる16位に浮上
●リバプールがバレンシアのストライカー、ビジャの獲得に乗り出していることが、イングランドの有力紙の報道で明らかにされた。アメリカ人実業家の買収によって、これまで以上の資本力を得たリバプールは、チーム強化のために多額の資金を用意している模様
●カルチョスキャンダルに見舞われ、クラブ史上初のセリエB降格の憂き目に遭い、1シーズンでのセリエA復帰を目指して戦っているユベントス。選手一丸となって、というのが理想だが、ここに来て数人の主力選手が指揮官の方針に不満を抱えて反発。デシャン監督は厳しい立場に立たされている。
●ロナウドが面白いエピソードを披露してくれた。「ベルルスコーニ会長から多く得点を決めて欲しいと言われているんだ。また、会長はこんなことも言っていた。スキンヘッドにはしないで欲しいって言うんだよ」。
●プレミアリーグで首位マンチェスター・ユナイテッドを勝点6差で追うチェルシーの新監督候補に、フース・ヒディンクの名前が浮上している。ジョゼ・モウリーニョ監督と首脳陣の不仲説に加え、チェルシーのロシア人オーナー、ロマン・アブラモビッチが、ヒディンクのロシア代表監督就任において、資金的なバックアップをしている背景もあり、このオランダ人監督は有力な次期監督候補の一人として注目されている
●2018年のワールドカップ開催を目ざすイングランド・サッカー界が政府のバックアップを取り付けた。イギリス政府はこの度、ワールドカップ招致に関する調査を実施。その結果、政府はイングランド・サッカー協会(FA)に対する全面的なバックアップを確約した
●第24節の対バランシエンヌ戦(10日)で2-5の大敗を喫し、2部降格の危機がさらに深刻になったナントが12日、ついにジョルジュ・エオ監督を解任した。レキップ紙などが報じている。
●19歳の若き「司令塔」、サミル・ナスリ。この試合でも縦横無尽のドリブルでボルドーの守備陣を翻弄し、多くのチャンスを作り出した。17歳でデビューして3シーズン目。いまやマルセイユに不可欠の存在となった
●12日、ACミランMFカカ(24)がイタリアの市民権を獲得した。ブラジルとの二重国籍となった
●トレゼゲは「我々はデシャン監督と運命を共にしている。現在セリエB首位(ナポリと同率)という結果はその現われだ。アウェイでは苦戦を強いられてはいるが、問題を解決する為に日々練習を重ねているので、サポーターには安心していてもらいたい。我々は幹部、監督、選手全員が『セリエAに必ず昇格する』とポジティブに考えているから」
●UEFA(欧州サッカー連盟)の広報ディレクター、ウィリアム・ガイラードが12日、ミラノ、サン・シーロスタジアムで開催予定の欧州CL決勝トーナメント、インテルバレンシア、ACミラン対セルティック戦を通常通り観客を集め行なう事を発表した
●アズーリ(イタリア代表)をドイツW杯で優勝に導いた前代表監督マルチェロ・リッピがフランス紙“フィガロ”の取材に応じ、カターニャで起きた警官死亡事件について語った。「カターニャでの事件で、強いショックを受け、まだ立ち直れていない。声を大にして言いたい、暴力が横行するのであれば、カルチョは廃止にすべきだ!」
インテル会長マッシモ・モラッティが12日、インテル監督マンチーニが前日明らかにした「無観客で試合を続けるぐらいなら、ここで今季を終了させ、9月からリーグを再開させるべきだ」という提案を支持
●ACミランMFジェンナーロ・ガットゥーゾ(28)がロナウジーニョ(26=バルセロナ)にラブコールを送った。ガッツゥーゾは「ACミランはまだまだ勝ち続けなくちゃいけないから、ロナウジーニョには是非来てもらいたい。彼は別格だから・・・」
●「ACミランでニコニコと嬉しそうにプレイするロナウドを見ることが出来て嬉しいよ。ここに来る前のロナウドは辛そうだったから、ミランでやる気を取り戻してくれてほっとしている」とACミランMFカカ(24)が、自身のアイドルでもあるFWロナウド(30)の復活を喜んだ
●ACミランのオランダ人MFクラレンス・セードルフ(30)が自身のイタリアでの経験について語った。「イタリアに偏見や人種差別は少ないが、無教養と保守的な考えが時に問題を起こす。10年前、俺がイタリアに来た頃は今日のような『格差』はなかった。この10年間で移民が増え、異なる文化も入ってきている。時間はかかるが、無教養と保守を改善していかなくてはならない」
●ACミランMFジェンナーロ・ガットゥーゾ(28)が12日、前日にローマ・オリンピコスタジアムで行われた、ASローマ対パルマ戦で、黙祷中に心無いASローマサポーターがブーイングをした行為について自身の見解を明らかにした。「我々選手やクラブが出来ることは限られているが、試合中のサポーターの影響力は絶大だ。例えば100人のサポーターがブーイングすれば、スタジアム中に響き渡る。しかし、昨日の出来事もASローマサポーター全員が悪いわけではないはずだ。サポーターがいなくては、カルチョはできない。スタジアムにサポーターを入れる事ができないのならば、リーグを中断するしかない。
●フィーゴは「2年前、インテルに移籍した時からトップコンディションのままセリエAから去りたいと決意していた。インテルで自分の力を出し切り、リーグ優勝を経験したかったので、シーズン途中、1月の移籍を思いとどまった」と来季からサウジアラビア、アル・イテハドへ移籍するに至った経緯を明かした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。