UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/02/10UEFA情報
●今シーズン2度目の2連敗を喫し、解任説も浮上したレアル・マドリーのファビオ・カペッロ監督だが、同監督に全幅の信頼を置くクラブの首脳陣は続投を決めた。しかし、試合結果にも内容にも全く満足できないレアル・マドリーファンの気持ちはちょっと違うようだ。そんなレアル・マドリーファンがレアル・マドリーの理想の監督に選んだのは現在ヘタフェの監督を務めるベルント・シュスター監督だ。スペインのスポーツ紙“AS”は、ウェブサイド上で『誰にレアル・マドリーを指揮して欲しいか?』というアンケートを実施。2万人以上の回答では、シュスター監督が41%の支持率を集めた。これに続いたのは1999~2003年までレアル・マドリーの監督を務め、この間にチャンピオンズリーグで2回、リーガで2度優勝を果たしたビセンテ・デル・ボスケ氏で29%の支持を得た。そして、チェルシーでプレミアリーグ2連覇を果たしたジョゼ・モウリーニョ監督が19%で3位に入った
●ACミランは同クラブのブラジル代表MFカカーの移籍についてレアル・マドリーと交渉に入る準備ができており、ベンチの強化を図るACミランはこの交渉で金銭オファーよりもレアル・マドリーの選手を引き抜くことを優先している、と9日付けのスペイン紙“アス”が報じている。DFカンナバーロ、FWロビーニョ、MFディアラの3選手の譲渡を望んでいるという。
●ACミランは9日、公式サイト上で、スペイン“AS”紙が報じたMFカカ(24)のレアル・マドリー移籍を完全に否定した。「ロナウド移籍交渉で、ガリアーニ副会長がスペイン入りした際、カカについての話し合いは、レアル・マドリーの幹部の誰とも一切行っていない。ロナウドとオリベイラについてのみ協議された。我々ACミランとレアル・マドリーの関係は良好だが、カカがACミランを去ることはありえない」
●バルサのラポルタ会長は、カンプ・ノウに隣接するミニエスタディを取り壊し住宅地とするまで間近であると明らかにした。又、カンプ・ノウの改修工事は、「観客席の増設ではなく重要建築となるようなモダンなスタジアムにする」と明確にした
●来季から3年間契約でビジャレアルに移籍する事が発表されたバレンシアのロベルト・アジャラは「バレンシアに移って来た日の事を思い出しながら、今季の残りをバレンシアの選手として精一杯戦うつもりだ。ぜひ優勝を手にしてバレンシアを後にしたい」
●次節セビージャと対戦するベティスのMFアスンソンは「ぜひゴールを決めたい。でも自分個人の記録よりチームが勝つ事の方が大事だ。ゴールが決められなくてもチームが勝てれば満足だ」と心境を語った
バルセロナの経済部門の責任者であるフェラン・ソリアーノ副会長は8日、英国の放送局に対して、MFクリスティアーノ・ロナウドの代理人を通じてマンチェスター・ユナイテッドにオファーを出していないと説明した
●レアル・マドリーのFWアントニオ・カッサーノは、ファビオ・カペッロ監督の戦力外になっている状態で残留できる唯一の選手だ。
●8日、ラ・マシアで軽めのセッションを行ったバルセロナだが、ロナウジーニョ、メッシ、エトーが実に136日ぶりに一緒に練習を行った
●2シーズン完全に戦列から離れ、カペッロ監督の就任以降も構想外が続いているR・マドリーDFパボンは、6月30日で契約満了をむかえるが、「それは考えないようにしている。毎日、練習を一生懸命するようにしてるしチャンスがまわってきた時のために全力でやっている。移籍のオファーがなかったわけではないが、それを後悔してもしょうがない。このまま先の事を考えて続けるだけ。今は移籍のことは考えていない。チームは全員の力を必要としているし、個人的なことを選手が考えるのはいいことではない。移籍の事は時期が来てから考えるよ」
●レアル・マドリーのカペッロ監督はその考えを改め、明日(10日)アウェイで行われるレアル・ソシエダ戦に向けデイビッド・ベッカムを招集した。
●レアル・サラゴサ所属のアルゼンチン人、ガブリエル・ミリートは自身の抱負を語り「僕はここサラゴサで成長したい。クラブも僕に良くしてくれるし、こんなチャンスは滅多にないと思う。サラゴサは今季、飛躍的なプロジェクトを行っておりこれから大きくなろうとしている。僕もそれをサポートしていくよ」
●レアル・マドリーのカペッロ監督はベッカムに謝罪の弁を述べ、次節10日に行われるレアル・ソシエダ戦に招集することに決めた。これにより、カンナバーロ、ガゴといった選手に並びベッカムも再び招集リストに入った
●近頃ライカールト監督の戦術外となっているバルサのモッタは、現在クラブからは移籍にむけての話は何もないとしながらも、自分の将来については今季終了時に明らかにする旨を伝えた。モッタ自身はバルサで満足しており、今は一生懸命練習し最高のプレーをする事が一番大事だとし、将来についてはシーズン終了時に考えるのが適切だと述べた
●セビージャ・ダービーを今週末に控えたセビージャのルイス・ファビアーノは「ベティス相手にゴールを決めるのを楽しみにしている。今週は練習に一層熱が入った。良い試合をし必ず勝ち点3を勝ち取ってみせる。スペイン全土が注目する大事な一戦だ」と試合への意気込みを語った
●ヘタフェのシュスター監督が、「レアル・マドリーの監督になるというアイディア」を持つことは問題ないと明らかにした。「この質問は難しいね。「嫌だといえば嘘になるし、イエスといえば私は他事を考えていることになる。しかしR・マドリーにしろバイエルンにしろ、大きなクラブの監督になるというアイディアは悪くない。それでも今、私はヘタフェを率いている。ヘタフェのようなチームでももっと大きなチームでも、私の心の準備は出来ている」と語った。
●セビージャのカヌーテが、10日に行われるベティスとのセビージャダービーに出場できる見込みとなった。恥骨炎の痛みを訴えるカヌーテは、1日に行われた国王杯のベティス戦以降、前節のレアル・ソシエダ戦とマリ代表の親善試合(対リトアニア)を欠場している。
ビジャレアルがアジャラ獲得を発表したことに対して、バレンシアが8日、クラブの公式HP(ホームページ)上で公式声明を出した。声明ではまず、「アジャラのバレンシアの選手としての経歴に感謝する」とした上で、「契約が残っている(今年の)6月30日まで彼のプロフェッショナル精神を最大限に信頼している」とコメント
●ボカ・ジュニアーズのマウリシオ・マクリ会長は、ファン・ロマン・リケルメが今シーズン末までの契約で復帰することを発表した。リケルメは所属クラブのビジャレアルと険悪な状態が続いており、今後4カ月間ボカでプレーする契約を結びに至った。
●バレンシアのキケ監督は9日、会見の席で「アジャラを使い続ける」と明言した。シーズン途中に来季からのビジャレアルへの移籍を発表したアジャラだが、指揮官は今後も信頼を置いて起用していく方針を示した
バルセロナのエトーが9日付の『スポルト』紙のインタビューで「1日24時間ひざのことを考えている」と、現在の心境について語った。「けがをする前の自分に戻らなければという強迫観念がある。以前ような選手に戻るためには、もう少しトレーニングを積む必要がある。まだひざが以前のような状態ではないし、試合のリズムをつかむ必要がある。けがの前は90分プレーできる状態だった。今はけがの再発への恐れも克服しなければならない」
●21年ぶりとなるフランス対アルゼンチン戦(親善試合)が7日に行なわれ、フランスがアルゼンチンに0-1で敗れた
●ブラジル代表監督カルロス・ドゥンガ(43)がセリエAに在籍するブラジル人選手を語った。8日付のコリエレ・デッロ・スポルト紙の独占インタビューに応じたドゥンガ代表監督は「セレソン(ブラジル代表)候補として50人程を観察している」
●サポーターによる警察官殺害事件の影響で中止となったインテル戦のチケットについて、ローマはサポーターに対して払い戻しすることを発表した
●「無観客では駄目だ。サポーターなしではセリエAは偽りのものになる危険がある」。カターニャでの悲劇により安全基準に達しないスタジアムでの試合を無観客開催とする方針に対して8日、ACミランMFジェンナーロ・ガットゥーゾがコメント
●選手達によるストライキが懸念されるなか、セリエAリボルノの大黒柱クリスチャン・ルカレッリが持論を展開した。リボルノの主将としてチームの精神的支柱となっているルカレッリは「まずは政府の決定を尊重したい。だが、我々選手側としてはスタジアムによって無観客にするなどの待遇格差を無くしてもらいたい。そうでなければまた今週末の試合も中断する可能性もある。確かに昨日、各クラブの会長が選手協会に『今週末の試合出場が可能かどうか』と探りを入れてきた際には『はい』と応えているが」
●ACミランの副会長でカルチョ界に絶大な影響力を持つアドリアーノ・ガリアーニが8日午後、「土曜、日曜から試合は再開する」と中断しているセリエA・Bの再開を宣言した
●セリエB第23節アウェイでの対ビチェンツァ戦を翌日に控えた9日、ユベントス監督デシャンが取材に応じた。デシャン監督は「アウェイでの試合は何が起こるかは予測できず、常に注意が必要だ。当然ながら相手チームはホームで我々と対戦する時は、サポーターに勇姿を見せ、喜ばせたいという高いモチベーションを持っている。無観客試合だろうと、アウェイ戦では細心の注意を払わねばならない事に変わりはない」
●UEFA会長に就任した将軍ミッセル・プラティニが、無観客試合を条件に再開しようとしているセリエAについて、自身の見解を明らかにした。セリエAユベントスでプレイ経験のあるプラティニは「サポーターが問題を起こした際にクラブが全責任を負わされるという現状を残念に思う」とコメント
●「明日の夜までにいいニュースが届くのを待つ。サポーターなしで試合をする事は空しいので、少なくとも、年間パス所有者だけでも入場できるなど、試合までに何かが変わってくれると願っている」とACミランFWアルベルト・ジラルディーノ
インテルFWアドリアーノ(24)が9日、有料放送SKYの取材に応じ、どのようにしてスランプから脱したかを語った。「特別なことじゃなく、自分がしなければならない事をやっただけだ。当時、良くない事にも手をつけていたので、それを学ぶ意味でも自分にはスランプは必要な時間だった。ようやく最悪な時期は終わった。間違いに気付かせてくれた神様に感謝している。今は体調も良く、精神的にも安定している。家族と一緒にいる事が今、何より幸せなんだ。自分がインテルに勝利をもたらし、将来バロンドールを獲得したい。浮き足立たず、前進すれば今季優勝を手に入れる事ができるはずだ」
●今年4月に2児の父となるASローマ主将フランチェスコ・トッティ(30)が9日、イタリア政府の“スポーツを通じ教育を”というプロジェクトのプレゼンテーションに参加した。コメントを求められたトッティは「我々に課せられた課題は、観客をスタジアムに取り戻す事です」と語った。
●国際スポーツ調停所(CAS)は9日、フェイエノールトに対するUEFAカップ失格処分を認めた。この裁定は最終決定として扱われ、フェイエノールトの敗退、トッテナムの不戦勝が決定した。UEFAカップ、ナンシーとのアウエーゲームでフーリガンが暴動を起こしたフェイエノールトは、UEFA(欧州サッカー連盟)の処分を不服とし、CASに処分取り消しを請求していた
●イングランド・プレミアリーグのアーセナルは9日、メジャーリーグサッカー(MLS)のコロラド・ラピッズとの業務提携を発表し、同時に刷新されたラピッズのロゴがお披露目された。提携の主な内容としては、アーセナルとラピッズのマーケティングの共同展開を柱に、今季より新設されたラピッズの新本拠地であるデイックス・スポーティング・グッズ・パークでのアーセナル杯開催などが紹介された。また、ラピッズは来月のプレシーズンキャンプをアーセナルの施設で実施することになっている
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。