UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/02/04UEFA情報
バルセロナのFWサミュエル・エトーが土曜日(3日)、ドクターからのゴーサインを受け、日曜日(4日)のアウェイでのオサスナ戦の招集メンバーに復帰した。一方、右足に痛みを抱えているロナウジーニョは招集外となり、欠場が決まった
●日曜日(4日)に行われるレバンテ戦に向けてラウル、グティ、ミニャンブレス、エメルソンが招集メンバーに復帰した。一方、ベッカム、ラウル・ブラボ、ガゴはギリギリで招集が見送られたカンナバーロとともに招集外となった。筋肉に問題を抱えこの1週間チームとは別メニューをこなしていたカンテラ出身のミゲル・トーレスも回復し、左SBでのスタメン出場が濃厚だ。
●デポルが6月で契約満了をむかえるカプテビーラに対し3年契約の延長を申し出るようだ。カプテビーラは他チームからより良い契約条件でオファーを受けている事から全ての提示を検討した上でデポルに答えを出すとみられている。一方、同じく6月に契約満了をむかえるフアンマは、デポルからの契約延長のオファーはまだ受けていない。フアンマの代理人は、「デポルとの契約延長もあるというのを考慮に入れてくれるクラブと事前に契約を交わす可能性も考えられる」と明かした。
●バルサのライカールト監督は、記者会見の中で4日のオサスナ戦で招集したエトーについて、「まだ90分プレーするのは早いと思う。しかし、大事な選手がチームに戻ってきたのは確かだ」とチームにプラスの影響を与えると語った。続けて、「重要な選手が怪我から復帰したというだけでなくて、練習、メンタル面やプレーの質という意味でいい影響がチームに出ると思う」と4ヶ月間チームを離れていたエトーの復帰を喜んだ
●アルゼンチン人のマルティン・アセベロの一家が、自分達の家族にヨーロッパの血筋がいないか調査している。目的はもちろん、ヨーロッパの国籍を取得して、今後欧州クラブに移籍する際に外国人枠を気にする必要性を避けるためだ。アセベロも彼の家族もスペインへの移籍を熱望。今もボカの幹部達と話し合いを続けている一方で、選手はチーム練習に参加しない日々が続いている。それでもアセベロはアトレティコ・マドリーに万全の状態で加入するために、自主トレに余念はない。彼がマドリーに旅立つのは2ヵ月後と見られているが、いずれにしても彼がアトレティコでプレーするためには来季まで待たなくてはいけない。
●カペッロ監督は、面と向かって何も言わずにミランに移籍したロナウドを批判する一方、ロナウドがミランであるべき活躍をしてくれることを願った。「私は顔を見てものを言ってもらうが好きだ。クラブを出て行くときだけではなくてもね。だから私は選手が外でコメントしたことに対して答えるつもりはない。面と向かって何か言われれば、私は自分の考えをきちんと伝える」とカペッロ監督は語った。
バルセロナのイニエスタは、故障から4ヶ月ぶりに復帰し、オサスナ戦の招集リストに名を連ねたエトーの帰還を素直に喜んでいる。彼はエトーを「チームに力強さとメンタリティをもたらしてくれる」と絶賛した
●3日のチャールトン戦で1-0の勝利を収めたチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、7週間の負傷欠場から復帰したDFジョン・テリーのプレーに目を細めた
●ドイツ・ブンデスリーガ第20節が4日、ドイツ各地で行われる。現在2位のシャルケを勝ち点差7で追う3位のシュツットガルトは、アウエーで8位のドルトムントと対戦する。
●ドイツ・ブンデスリーガで首位に立つブレーメンは4日に行われる第20節の試合で、勝ち点で並ぶ2位のシャルケをホームに迎える。
●イタリアサッカー、スタジアムを閉じることが検討されている。今週日曜日と来週はサッカーの試合を行わず、その後観客を入れずにリーグ戦を再開するようだ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。