UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/02/01UEFA情報
●1月31日、スペイン国王杯準々決勝4試合のうち3試合が行われ、ホームにサラゴサを迎えたバルセロナが0-1で手痛い負けを喫した。バルサはホーム戦での今シーズン初黒星となった。
●ファビオ・カンナバーロ(33=レアル・マドリー)が31日、有料放送SKYのインタビューに応じ、ロナウド(30)のACミラン移籍について自身の見解を明らかにした。「色々言われているが、ロナウドはまだまだ最強のFWだと思っている。過去に何度か対戦する機会があったが、ロナウドのプレイは鮮明に頭に焼き付いている。彼はマラドーナのように他のFWには無いものを持っていた。残念ながらロナウドはレアル・マドリーではフィジカル面と監督との間で問題を抱えてしまったが、世界有数のFWである事に変わりはないので、ACミランへ移籍してしまって残念でならない」
●問題続きのR・マドリーに新たな亀裂が入った。31日の練習中、1月7日のデポル戦で怪我して以降戦列を離れていたグティとカペッロ監督の間で言い争いが起こった。事の発端は全体練習も終わりに近づいていたミニゲームの最中、グティは元々痛めていた足首にタックルを受け何も言わずにグラウンドを去ろうとした。これを見たカペッロ監督は許しをもらわずにプレーを辞めたグティに怒鳴りつけた
レアル・マドリーの主将であるFWラウルは1月15日の第18節サラゴサ戦から筋繊維損傷に苦しんでいたが、1月31日に練習メニューである短距離走と長距離走のピッチを上げた。全体練習への早期復帰、4日のレバンテ戦への招集が可能となった
●昨年の11月12日に行われたリーガ、サラゴサ戦で左足第5中足骨を骨折し、全治3ヶ月と診断されたバルセロナのレオ・メッシはクリスマス休暇後もアルゼンチンに留まり、フィジカル・トレーナー、フアンホ・ブラウとの二人三脚でリハビリに汗を流してきた。そのメッシがアルゼンチンでのリハビリ生活を終え、金曜日(2日)ようやくバルセロナに戻ってくる。
●元バルサの監督クライフ氏が、R・マドリーのチーム内に巻き起こる混乱についてコメントした。「上層部で問題があればチームが機能するのは不可能である。新聞を読めばR・マドリーの厳しい状況はうかがえる」と話したクライフ氏。「もしチーム経営がうまくいけばすぐにいい変化が現れるだろう」と続けた。一方、ロナウドがR・マドリーを去ったことについてはクラブとロナウドは共通の利点があったからだと認めたが、「R・マドリーは6月にロナウドを移籍させてればもっと移籍金が取れただろう」
●アルゼンチン人DFのフェデリコ・フリアン・ファシオがセビージャに到着し、「世界的にもトップクラスであるセビージャに移籍することができて、とても嬉しい」と喜びを表した。ファシオは下部組織のセビージャ・アトレティコの登録となるが、トップチームから多くを学びたいと話し、国王杯で実現するセビージャダービーはとても楽しみだ、と語った。
●ヘタフェは31日、ホームにオサスナを迎えて国王杯準々決勝の第1戦を戦い、3-0で勝利を収めた。
●プレミア王者チェルシーが、主力選手をまた一人、ケガで長期間失うことになりそうだ。31日にブラックバーンと対戦したチェルシーは、FWディディエ・ドログバなどのゴールで3-0の快勝を収めた。しかし後半開始10分、芝に足をとられたDFアシュリー・コールが左ひざを痛めて、そのまま負傷退場。指揮官のジョゼ・モウリーニョは、このイングランド代表DFの状態を次のように話した。「アシュリーの詳しい状態はまだわからないが、歩けないのだから重傷であることは間違いないだろう。ひざの靭帯を痛めたようだが、検査には2、3日必要だ」
●欧州の冬季移籍最終日となった31日、リボルノはトリノからMFステファノ・フィオーレ(31)の獲得を正式発表した。
レアル・マドリー移籍が噂されたACミランFWリッカルド・オリベイラ(26)がシーズン終了まで、ACミランに残留する事が31日、明らかとなった。ACミラン副会長ガリアーニが明らかにしたもの。オリベイラはミランに加入する前にサンパウロ(ブラジル)に期限付きで移籍しており、同じシーズンで3番目のチームに移ることはできない。両クラブがFIFAに例外措置を要求することもなく、結局交渉は答えの出ないまま終結した。
●「ロナウドはインテリスタ(インテルサポーター)に愛された数少ない選手の一人だったので、サポーターの失望は計り知れない」とインテル監督ロベルト・マンチーニが、最大のライバルACミランへの移籍が決まったFWロナウド(30)に対するインテリスタの複雑な心情を代弁した。
ユベントス会長ジョバンニ・コボリ・ジリが31日、FWデル・ピエロ(32)に対するクラブの方針を明かした。コボリ・ジリ会長は「デル・ピエロは偉大な選手で、ユベントスの象徴なので、彼にはユベントスを担って行ってもらいたい。引退後も彼が望むのであれば、ユベントスの幹部として残ってもらいたい」とコメント
バルセロナのラポルタ会長は、ロナウドをACミランに移籍させたR・マドリーの問題と重ねるように、今年6月に契約が切れるサビオラについて特に不安には思っていない、と語った。「サビオラの活躍には満足している。彼はきちんと結果を出すし、我々も彼に期待している。もし6月に移籍するようなことがあったら、という不安はない。バルセロナに居る選手は、本人が居たいからであり、バルサのスタイルが合っているのと、クラブ、街、そして仲間が好きだからだ」
●バイエルン・ミュンヘンは31日、フェリックス・マガト監督を解任し、新監督に前監督であるオットマー・ヒッツフェルトを迎えると発表した。今季のバイエルンには例年の強さが見られず、順位も4位と低迷している。首位ブレーメンとの勝ち点差は、前日のボーフム戦のドローで8ポイントまで開いた。
●オリンピコで行われたコッパ・イタリア準決勝第2戦で、ミランに3-1(第1戦は2-2)の勝利を収め、ローマが決勝進出を果たした。
●ユップ・ハインケスがボルシア・メンヘングラッドバッハの監督の座から退いた。
●GKイバン・ペリッツォーリはセリエAに別れを告げ、ロシアリーグへと旅立った。レッジーナからロコモティフ・モスクワへ移籍する。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。