FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/31UEFA情報
●ロナウドのACミラン移籍。2008年6月30日までの契約に正式サインを済ませたロナウドの表情は明るかった。レアル・マドリーでの選手生活にピリオドを打ったロナウドは、「ハートの一部」とレアル・マドリーへの愛情を示すと同時に「それも人生だ」と率直な気持ちを明かした。「ACミランとの契約にサインをしたばかり。レアル・マドリーを離れることになったけれど、ファン、僕を支えてくれた人々、チームメイトのみんな、1人を除いたコーチたち、全ての人々に感謝したい」。
レアル・マドリーは750万ユーロ(約12億円)でロナウドをミランに移籍させることで合意した。この移籍金に加え、ミランが今季もしくは来季チャンピオンズリーグへの出場権を獲得した場合は50万ユーロ(約8000万円)がR・マドリーに支払われる。
●30日付の「フランス・フットボール」誌(週2回発行)にリーガ・エスパニョーラ、ビジャレアルのロベール・ピレスのインタビューが掲載された。アーセナルから移籍して間もない8月に膝の靭帯を断裂、5カ月の長期離脱を迫られたピレスだが、今月11日にチームに合流して練習を再開している。
●先日のビジャレアル戦で、審判クロス・ゴメス氏に暴言を吐いたレアル・マドリーのディアラが、競技委員会により1試合から3試合の出場停止処分を受けることが確実となった。
●エトーがバルセロナに帰ってくる日がついに決まった。まず彼は、31日の国王杯サラゴサ戦が終わった直後の2月1日にチーム練習に参加する予定。ライカールト監督の判断次第では、1日遅れるかもしれないが、いずれにしても今週中にはチームメイトと練習に励むエトーの姿が見られそうだ。そして彼の試合復帰は、11日のラシン戦が最有力と見られている
●R・マドリーがロナウドの代わりとしてACミランからオリベイラをレンタルで獲得する可能性がでてきた。ACミランは31日、コパイタリアの対ローマ戦をむかえるがオリベイラは招集メンバーから外れている。R・マドリー移籍の条件は今シーズン終了までの買取りオプション付きレンタルとみられている
●デポルティーボ・ラ・コルーニャのカパロス監督はDFアルベロアがベニテス監督率いるリバプールへ移籍することを発表した。関係筋によると移籍金は400万ユーロ(約6億2000万円)にも及ぶとされている。
●リケルメの将来は、冬の移籍マーケットが閉じる31日になっても未定のままである。クラブとリケルメとの間には未だ何の動きも無いようだ。しかし、ビジャレアルはあるサポーターが2年間、いつも掲げていたリケルメの横断幕をやめるように指示したとされている。大きなリケルメの写真が描かれ、‘ロマン(リケルメ)、来てくれてよかった’と書かれたいつもの横断幕が前節対レアル・マドリー戦で見ることはなかった。このサポーターによると、クラブ側が掲げないように言ってきたとのことだ
●30日のR・マドリーチーム練習。MFレジェスが膝の捻挫で医師の検査を受けるため途中で練習を切り上げた。「これから病院に行く。チームドクターは捻挫だと言っていた。それだけだといいんだけどね。とりあえずこれから病院に行って診断を受けてくるよ」と言い残し病院へ向かったレジェス。「イグアインにタックルしないように止まった時に怪我をした」と説明した。
バルセロナのMFチャビは、マンチェスター・ユナイテッドが自身の獲得に関心を示し、すでにコンタクトをとってきたことを認めているが、両クラブままだ話し合ってはいないとも付け加えた。「ユナイテッドが僕の代理人にコンタクトを取ったの本当だよ。でも、僕はバルセロナと契約しているし、もし、ユナイテッドが僕の獲得を望むんだなら、まず僕のクラブに何らかのコンタクトを取る必要があるよ」。
バルセロナのライカールト監督は30日、サラゴサとの国王杯準々決勝第1戦を翌日に控え、「国王杯は今シーズンの目標の1つ」と、タイトル獲得へ向け意気込みを語った。また、対戦相手となるサラゴサについては、「昨年より強い」と認識した上で、国王杯ではここ3シーズンで2度敗れている相性の悪さを「良い意味でのモチベーション」にして戦うことを誓った。
バレンシアのバラハが次節(2月3日)A・マドリー戦に欠場することが確定した。28日に行われたベティス戦において左足に違和感を覚えたバラハは、診断の結果、筋繊維の断裂が見られ、全治約2~3週間となることが分かった。
●デンマークサッカー協会は30日、2月6日に行われるオーストラリアとの親善試合に向けた代表メンバーを発表した。先日、ビジャレアルへの移籍が決まったヨン・ダール・トマソンなど19名を選出。3月24日に行われるEURO08予選、スペイン戦へ向けて最終調整となるだけに重要な一戦となる。
●スウェーデンサッカー協会は30日、2月7日に行われるエジプトとの親善試合に向けたメンバー代表メンバー21名を発表した。インテルに所属する同代表エースのズラタン・イブラヒモビッチが、10月のEURO08予選に続きラガーベック監督との確執により代表招集を拒否した。
マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が、ビデオ判定の導入を声高に訴えた。FAカップのポーツマス戦(27日)で2-1の勝利を収めたマンU。しかしこの試合では、前半にDFネマニャ・ヴィディッチのゴールが取り消され、FWヘンリク・ラーションがアクロバティックなボレーシュートで決めたゴールはオフサイドと判定されるなど、明らかな誤審が続いた。これについて、ファーガソンは試合後、クリケットやラグビーなどと比較し、今こそサッカー界が新技術を受け入れる時だと熱弁を振るった。「私はクリケットやラグビーのファンではないが、これらのスポーツが判定の精度を上げるために、時間をかけて変化を受け入れてきた事実については認識している。サッカー界も、こういった事実に耳を傾けるべきだ。サッカー界には新技術の導入を何としても阻もうとする力がつねに働いている。しかし、巨額の金が動くこの世界では、判定の重要度が増し続けている。ひとつの判定が、タイトルや降格などを決定づけてしまうこともあり得るのだ」
●今冬の移籍市場で、ASローマからプレミアリーグ、フラムへレンタルしたFWビンチェンツォ・モンテッラ(32)が30日、現在の心境を語った。「ロンドンでの新しい冒険がしばらく続くのか、今季終了後にイタリアに戻ることになるのか現段階ではまだ何とも言えないが、今はカルチョを楽しみ、学びたい。プレミアリーグで予想以上に幸先の良いスタートを切る事が出来て嬉しい。もちろんもっと上を目指さなければならないが、自分にとっては、ここで楽しいと感じられる事が何より重要だ」
●ACミラン移籍が正式に発表されたロナウドが30日の19時55分、ミラノに降り立った。ロナウドは出迎えたACミランのブラジル人幹部レオナルドに付き添われ、当面の宿泊先となるミラノ市内のホテルに向かった。詰め掛けた報道陣に対しロナウドは「ACミランサポーターの夢になりたい。マドリッド、ミラノ間を行ったり来たりしたので、少し方向感覚を失っているが、移籍交渉が成立し、今ここにこうして到着出来たことを嬉しく感じている。ミラノに戻って来ることが出来て、感動している」
●スポーツ裁判は30日、2日前に行われた対インテル戦で、インテルDFマテラッツィ(33)に対し、頭突きを見舞ったサンプドリアMFデルベッキオ(28)に対し、3試合の出場停止処分を言い渡した。
●フラムのクリス・コールマン監督は「ビンチェンツォ・モンテッラはイタリアに戻るだろう」と残念そうな様子で語った。“小型飛行機”(モンテッラの愛称)は、イングランドでのデビューから絶好調で、リーグ戦とカップ戦の4試合で3ゴールを記録している。しかしコールマン監督は、ローマから6月までの期限付き移籍で獲得した32歳のFWをすぐに失うことを覚悟しているようだ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。