UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/25UEFA情報
●現在欧州屈指のパフォーマンスを見せるマンチェスター・ユナイテッドのMFクリスティアーノ・ロナウド獲得が、来季に向けたレアル・マドリーの最大の目標となっている。獲得不可能な場合は、続いてマルセイユのMFフランク・リベリもリストアップされている。
レアル・マドリーのFWゴンサロ・イグアインは23日、右足大腿四頭筋の過負荷を発症。一方、離脱していたMFグティとMFマハマドゥ・ディアラは全体練習に復帰
●デポルのFWリキが肩を捻挫し練習を途中で切り上げ、アベゴンド練習場を後にした。デポルは28日のサラゴサ戦へむけ調整中
●怪我が原因で悪夢を過ごしたレアル・マドリー時代から今やミドルズブラで幸せな時を過ごしているウッドゲイトがスペインで起こった出来事を‘楽しんでいた’と表現したが、同時にタイトルを獲得することが出来なかったために、人生において‘不完全燃焼’の 時でもあったと明かした
ビジャレアルがドイツ、シュトゥットガルト所属のデンマーク人FWヨン・ダール・トマソンを獲得したことを発表。契約は今シーズン残りまでのレンタル移籍で買い取りのオプションもつく
●R・マドリーのFWファン・ニステルローイは、‘realmadrid.com’と‘realmadridTV’のインタビューの中で、「このまま勝利を重ねていけばもっとチームに自信がでる。いいサッカーをしていると思うし、そのために僕ら選手達は毎日練習に取り組んでいる。リーガ制覇は難しいので集中して結果を残していくのが大事だと思う」とコメントした。ゴール不足についても、「心配ない」と付け加えた。
●バルサのライカールト監督は、チームには引き分け以上の結果を得るチャンスがあったとし、引き分けという結果に残念さを表した。「チームは勝ちにいったし、追加点を狙ったが、やりにくいスタジアムだった。はっきりしていることは引き続きトレーニングをし、戦っていかなければならないということだ」。
レアル・マドリーとACミランは600万ユーロ(約9億4000万円)でロナウドのACミラン移籍に合意に達したようだ。もちろんロナウドがメディカルチェックにパスすることが条件
●けが人続出による不調から抜け出し、現在6連勝中と波に乗るバレンシアに、またもやお家騒動が勃発した。主役は昨夏と同様カルボーニSD(スポーツ・ディレクター)で、現場サイドとの意見の相違が明るみになっている。先日、来シーズンに向けてカルボーニSDが新たなGK獲得を検討し、シュツットガルトのドイツ代表ヒルデブラントが加入するとうわさされていることについて、GKカニサレスが「今のバレンシアに新たなGKは必要ないが、間違いなく来るだろう。確信している」と発言。これに対して、23日久々に報道陣の前に姿を現したカルボーニSDは「チーム内に別のスポーツ・ディレクターがいるのはうれしいね。2つの目より4つの目の方が良い仕事ができるだろう」と暗にカニサレスを名指しで皮肉った
●12月にバルセロナがFIFAクラブ・ワールドカップに出場するため延期となっていた第15節の試合で、バルセロナはアウエーでベティスに1-1で引き分け、単独首位に浮上した。
チェルシーのキャプテンを務めるテリーは現在、クラブと契約延長の交渉を行なっており、近々プレミアリーグ最高額となる週給15万ポンド(約3500万円)の大型契約にサインする見通しだった。しかし、クラブ首脳陣とモウリーニョの確執が伝えられ、指揮官の退団が連日メディアを騒がせる状況に、テリーは大きな不安を感じているようだ。モウリーニョは、テリーから去就についての状況説明を求められたことを明かしている。「ジョンはチェルシーとの契約延長に合意間近だ。それも、かなり長期契約になりそうだ。だからこそ、彼は私に『来シーズンも指揮を執るのか?』と聞いてきたよ。私は、『おそらくそうなるだろう』と答えておいた」
●マルセイユが24日、ホームのベロドロームにオセールを迎え、3-1で快勝した。この試合は観客なしという異例の状況下で行なわれた。昨年11月29日の対ニース戦で、マルセイユのサポーターから投げ込まれた爆竹によって消防士が指2本を吹き飛ばされる重傷を負い、その制裁としてこの措置がとられた
●リーグ・アンの首位を独走するリヨン。24日に行なわれた対ボルドー戦は、精彩を欠いて1-2で敗れた。ホームでの黒星は今シーズン初めて。また13日のトゥールーズ戦に続いて、今季初の連敗となった。リーグ戦では昨年12月17日以来、勝ち星がない
●「イタリア杯も他の試合同様重要な価値がある。明日の対ACミラン戦を楽しみにしており、ベストメンバーで挑むつもりだ。強豪ACミラン戦なので、モチベーションも自然と上がる」とASローマ監督スパレッティが24日、翌日に控えたイタリア杯対ACミラン戦への意気込みを語った。
●ラツィオからACミラン移籍が公式発表されたDFマッシモ・オッド(30)が24日、入団会見に応じた。オッドは「以前から自分の中ではACミラン入りを決意していたので、色々あったが、最終的にここミラノに来る事が出来て、大変嬉しい」
●カターニャ市長ウンベルト・スカパニーニ氏が2月4日に予定されている“シチリア・ダービー”対パレルモ戦の延期を要請した。この日、カターニャでは街の守護神、サンタアガタ祭期間中で、ダービーと重なる事で混乱を避けられないと判断
●ACミラン副会長ガリアーニが24日、ラツィオとの交渉が難航したDFマッシモ・オッド(30)の獲得を一時諦め、レッジーナDFジャンドメニコ・メスト(24)に着手していた事実を明かした
●イタリア杯準決勝が行われた24日、インテルはサンプドリアと対戦し、DFブルディッソ(25)の2ゴールなどで0-3(アウェイ)の勝利を収めた。試合後インテル監督マンチーニは「今日は今まで出場機会が少なかった選手中心だったが、2軍で戦ったわけじゃない。
●KNVB(オランダサッカー協会)カップ4回戦は24日に4試合が行われ、ナック、アヤックス、RKC、そしてユトレヒトが8強進出を決めた
●米メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・レッドブルズは、マンチェスター・シティや米国代表で主将を務めた経験を持つ、MFクラウディオ・レイナの獲得を発表した
●リヨンへの移籍が決まる前に、ミラン・バロシュはモリーニョ率いるチェルシーへの移籍がほぼ確実な状況となっていた。プラハの日刊紙『スポルト』のインタビューに対してバロシュはこう語った。「僕はもうチェルシーと合意していて、ほぼ決まっていた。移籍が成立しなかったのはライト=フィリップスがアストン・ビラへ行くことを拒否したためだ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。