UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/23UEFA情報
●現在4位に位置するバレンシアのビセンテは、上位3チームのセビージャ、バルサそしてR・マドリーと並び、バレンシアにもリーガ制覇の可能性は大いにあると断言「まだ前半が終了したばかり。セビージャが立ち往生している間、バレンシアは強さを増してきた。R・マドリーとバルサは相変わらずだが、優勝争いは僕達4チームに絞られる事は間違いない」。「手強いチームとの対戦が続いたが、多くの選手がケガを治し復活した。シーズン開幕時のチームに戻りつつあるし、この調子でどんどん進み優勝を手に入れたい」
●24日にバルサと対戦するベティスだが、エドゥが恥骨炎を起こし出場はほぼ絶望的と見られている。同選手は前節のラシン戦も欠場
レアル・マドリーのプレドラグ・ミヤトビッチ・スポーツ・ディレクターは、まずまずの結果で終えた前半戦、そしてクラブの現状について語った。FWロナウドについては移籍金なしで放出することはないと断言。さらにMFデイビッド・ベッカムについては誰をプレーさせるかはファビオ・カペッロ監督が決めるとしつつも「契約をまっとうする」と語った
バルセロナの選手たちはマスコミと距離を置くことを決定。今までは練習後にラ・マシア(練習場)からカンプ・ノウのロッカールームまで記者が直接選手に話しかけていたが、選手との接触を制限することになった。
●FWロナウド(30=レアル・マドリー)が22日、「監督に必要とされていないので、自分の将来はマドリッドにはないだろう」
●バルサのMFチャビは、ナスティック戦で不甲斐ないプレーにカンプ・ノウのサポーターからブーイングが起きたことについて、「サポーターはバルサがスペクタクルなサッカーで勝つ事を望んでいる。ナスティック戦は勝ったが、楽しいサッカーを見てサポーターが家路についたわけではない。僕達には改善しなくちゃいけないことがたくさんあると思う」「チームに活気が無いのは分かっている。敵は僕らを研究し尽くしているし、チームがリフレッシュするのにもう少し時間が必要だと思う。でも、試合毎に調子はあがると思うし、そんなに悪いわけでもない。たくさんの事が試合中に影響を及ぼしているけど、2,3週間の間に100%の状態に戻ると思う」
●延期されているアウェイでのベティス戦が水曜日(24日)に行われるが、この試合で勝利、少なくとも引き分けでバルサはリーガ単独首位に立つことができる。バルサのリリアン・テュラムはチームがリーガ前半戦をトップで折り返すことは重要なことと強調した。「みんなはバルサが昨シーズンのようなプレーをしていないと言っているが、僕には分からない。1年前はここにいなかったからね。だが、ベストの状態になりつつあるよ」
●セビージャのFWケパが残りのシーズンをプレミアリーグのウエストハムでプレーする事が明らかになった。22日午後、ケパ移籍は6月30日までの買取りオプション付きレンタル移籍で合意に達した。
ビジャレアルがミランのリカルド・オリベイラに興味を持っていることが分かった。ニハトが長期離脱中で、ギジェ・フランコ、ホセ・マリもけがと層の薄いFW陣の補強として、この冬の移籍市場で期限付き移籍での獲得を検討している。
●ルート・ファン・ニステルローイは2月7日に行われるオランダとロシアの試合に出場することはできない。ファン・ニステルローイ本人がマルコ・ファン・バステン監督をまったく信用していないことを宣言したと、オランダサッカー協会が明らかにした。
●スポーツ・ディレクターのミヤトビッチ「オファーが1件あり、現在交渉を行なっている。だが、この交渉について最近うわさされていた1つの点について明言しておきたい。レアルは移籍金ゼロでロナウドを手放すことはない」
●2003年のワールドユース大会にアルゼンチン代表として出場し、4ゴールをあげて大会得点王に輝いたフェルナンド・エゼキエル・カヴェナギ(23)がボルドーに入団した
●ビッグトレードが成立した。アストン・ビラは22日、フランス王者リヨンのFWジョン・カリュウを獲得したと発表。代わりに、チェコ代表のFWミラン・バロシュをリヨンに放出することとなった。カリュウはすでにバーミンガム入りし、3年契約にサインしている
●眠れる獅子アドリアーノ(24=インテル)がついに目覚めた。私生活のトラブルもあり、本来の能力とは程遠いパフォーマンスが続いたアドリアーノが21日、セリエA第20節対フィオレンティーナ戦で覚醒した。逆転弾に加えて豪快なドリブル、破壊力抜群のFK、繊細なラストパス。ピッチ上で大暴れする怪物を、サポーターは暖かく、相手選手は呆然と見続けた
●セリエA第20節、アウェイでのラツィオ戦で左足首を負傷し、途中交代を余儀なくされたACミランFWアルベルト・ジラルディーノ(24)。翌22日、ACミランのメディカルスタッフは初診の段階では骨折の疑いはないと発表
●セリエA第20節、オリンピコで行われたラツィオ対ACミラン戦から一夜明けた22日、ACミランMFクリスチャン・ブロッキ(30)がスコアレスドローに終わった試合を振り返って「なんだか奇妙な試合だった。チャンスを数多く作ることも出来なかった。ラツィオの守備網が機能していたこともあり、スペースを見つけることが出来ずに終わった」
●セリエBユベントスのMFマウロ・カモラネージの所属するエージェントが22日、カモラネージの将来についてコメント「ユベントスとの関係は最高だ。GMセッコをはじめとする幹部陣との関係も良好だ。クラブが(B降格により)多大な損害を受けたことは理解しているが、セリエA昇格を前にチームのレベルアップの為にも投資は欠かせない。カモラネージは夏にユベントスと結婚(クラブ残留を決意)した以上、今後も残る準備は出来ている」
●20日に行われたセリエB第20節の対バーリ戦で、ユベントスでの試合出場500試合目を迎えたFWアレッサンドロ・デル・ピエロ(32)が偉業達成の心境を語った「自分のビアンコ・ネーロ(白黒=ユベントス)500試合出場達成を祝う為に、クラブと(親会社)フィアットがこのようなセレモニーを企画してくれたことに感動しているよ。サポーターや横断幕も最高だ。サポーターが提案してくれたこのナンバープレートも最高だしね。ここまで支えてきてくれて本当にありがとう」
●1000人以上のジェノア・サポーターが元イタリア代表FWマルコ・ディ・バイオ(30)の到着を待った。フランスリーグのモナコからセリエBジェノアに移籍を果たしたディ・バイオは「確かジェノアとの最初の接触は1月初旬だった。ジェノア移籍を決めかねた最大の理由はカテゴリーだった。だが、このクラブには重要なプロジェクトが存在し、野心もある。この熱狂的な環境には衝撃を受けたよ。今は一刻も早く楽しくプレイしていた当時に戻りたい」
インテルでの活躍が評価されたブラジル人FWアドリアーノ(24)がブラジル代表監督ドゥンガから就任後初召集された
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。