UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/18UEFA情報
●不調と言われるバルセロナの中で唯一気を吐いているのがFWハビエル・サビオラだ。リーガ再開となったヘタフェ戦ではノーゴールだったものの、前節のエスパニョール戦で1ゴール、国王杯アラベスとの2試合では5点と計6ゴールをマーク。年明けの試合からバルサが記録した7ゴールのうち実に6ゴールをサビオラがマークしている。まさに孤軍奮闘といった活躍。そして彼の活躍は今後の契約交渉にも影響を与えそうな勢いだ。
●バイエルン・ミュンヘンのMFオーウェン・ハーグリーブスは、レアル側の対応に「悪意がある」と不快感を示し、ドイツ・ワールドカップでイングランド代表としてともに戦ったベッカムの挑戦を高く評価している。「レアルがデイビッドを2度と試合で使わないと発表したのには驚いた。こんな話は聞いたことがない。契約の最終年を迎えた選手は、1月の時点で他のクラブと契約していいと規約で決まっている。バイエルンでも、ハサン・サリハミジッチがユベントスと契約したけど、今シーズン中はまだ出場機会が与えられるはずだ。レアルが決めたことだから真相は分からないけど、少し悪意を感じるね。でも、デイビッドにとっては、新たなチャレンジだ。色んな意見があるけど、僕は最後に笑うのはデイビッドだと思っているよ」
●今シーズン開幕前、レアル・マドリーのロナウドの獲得に乗り出したミラン。ガリアーニ副会長自らがマドリッドに乗り込み、カルデロン会長と直接交渉を行ったが、レアル・マドリー側から出された移籍金が高額だったことから、この時点での交渉は決裂した。しかし、ベッカムに早々と戦力外通告するなど、チームの若返りが急務とするレアル・マドリーのカペッロ監督は、ロナウドも戦力外としており、その移籍は現実のものとなりそうだ。
●現在リーガ6位につけるサラゴサだが、現状に満足することなくチームの将来を見据え、さらなるレベルアップを図ろうとしている。サラゴサはオリンピック・リヨンのフランス代表左SBエリック・アビダル(27)獲得に狙いを定め、すでに同クラブに対し獲得条件などについて問い合わせをしているという。アビダルにはセビージャやバレンシアといったクラブも関心を示していることから、サラゴサは先手を打ちたいと考えているようだ
●R・マドリーのカペッロ監督は、カルデロン会長、ミヤトビッチ氏を含めた選手達との1時間半に渡る話し合いが行われた事について、「大事な話し合いだったと思う。20日に選手を代表してラウル等が記者会見を行う。選手達はあまりいい気分ではなかったと思うが、練習はすばらしかった」
バルセロナのFWサミュエル・エトーは17日、調子を上げるためカンプ・ノウで単独で練習。数週間中に全体練習に復帰のもようだ。エトーは負傷後初めてテレビカメラの前で練習。
レアル・マドリーのFWロナウドの代理人たちはR・マドリーに対しACミランとの合意を伝えた。ミランはロナウドの代理人たちと共に移籍金なしでのロナウド獲得を望んでおり、代理人たちはロナウドを戦力外とするR・マドリーとタフな交渉を続けている。イタリアのメディアは年俸600万ユーロ(約9億9000万円)でロナウドとミランが合意し、あとはR・マドリーとの合意を残すのみだと17日に報道した。
●プレミアリーグで現在それぞれ10位、18位に位置するマンチェスター・シティとウエストハムがセビージャのFWケパに興味を示し、今シーズンの移籍を前提に話が進んでいることをケパの代理人が明らかにした。
●デポルティーボ・ラ・コルーニャのDFコロッチーニは5試合連続で招集されず、カパロス監督の構想外になっていることを認識している。「現状からすると、僕がチームの構想に入っているとは言いにくい。だけど僕はまだデポルのメンバーだし、明日だって、来季だってこのチームでプレーし続けたい。仮にここから去らなければならない場合、クラブ側がそう要請するのであれば僕も合意するよ」
●R・マドリーの元スポーツ・ディレクター、アリゴ・サッキ氏がR・マドリーのチーム状況について口を開いた。まずロナウドについて、「ロナウドは終わってない。神からすばらしい能力を授けられたのにあまりいかせてないと彼にはよく言っていた。R・マドリーは、すばらしい選手達がいるにもかかわらず3年間タイトルがない。何かがうまく行っていないということだ」と明かした。「モチベーションが高い選手が必要だ。もちろん能力もある方がいいが、気持ちが入っていない選手、自分を犠牲にできない選手達では歴史を作ることはできない。我慢をして、チームが機能するようにするのが重要だ」
レアル・マドリーは、同クラブのミヤトビッチSDと3度に渡って話し合いを行っているロナウドの代理人らに対し、どのクラブにもロナウドを2000万ユーロ(約31億3600万円)以下で移籍させるつもりはないと通達している。そして、イタリアのスポーツ紙‘ガゼッタ・デッロ・スポルト’は、ACミランがすでに400万ユーロ(約6億2700万円)のオファーを提示し、800万(約12億5400万円)ユーロまでの引き上げに応じるつもりがあると報じている。
バレンシアがバイエルンのペルー人FWクラウディオ・ピサロに関心を示していることが分かった。カルボーニ・スポーツディレクターがここ数カ月のうちに何度もドイツを訪れていることが明らかになっており、シュツットガルトのGKヒルデブラントと合わせてスカウティングをしているようだ。
バルセロナのエトーが国王杯のアラベス戦が行われた16日の早朝8時半から、誰もいないカンプ・ノウ(スタジアム)内で練習をしていたことが分かった。15日からバルセロナでリハビリトレーニングを再開したエトーは、マスコミやファンの目を避け、落ち着いた環境で集中した練習を行うために、誰よりも早く練習場に姿を現してフィジカルコーチとともに黙々と練習を行ったもようだ
●スペイン国王杯のバレンシア対ヘタフェ戦第2試合が17日に行われ、ヘタフェが見事なサッカーでバレンシアを圧倒して4-2と快勝し、第1戦との合計スコア5-3で準々決勝に進出
●スキャンダル判決によりセリエBに降格した名門ユーベ(ユベントス)が16日、ついに念願の首位に立った。ユーベ・ユース2選手が練習場の池で事故死する悲劇により、延期されていたセリエB第16節ユベントス対チェゼナ戦が行われたこの日、ユーベは主将デル・ピエロの活躍もあり2-1の勝利を飾った。
●フランスサッカー界の「盟主」、オリンピック・ド・マルセイユがカナダ人実業家に売却される見通しが高まった。16日、フランスのメディアが一斉に報じている
●イタリア杯準々決勝が行われた17日、インテルはエンポリと対戦し、2-0の勝利を収め、準決勝進出を果たした。試合後インテル監督マンチーニは「コンディションを確認する目的で、今日は試合から遠ざかっていた選手中心に先発させた。準決勝の相手がサンプドリアで大変光栄だ(同監督は個人的にサンプドリアファン)。またリーグ戦ではこれから5~6試合強豪ばかりと対戦するので、我々は細心の注意を払わなければならない」
●パルマ売却責任者ロベルト・カペッリ氏が17日、来週中にもパルマ新オーナーが決定する可能性がある事を明らかにした。
●イタリア杯準々決勝が行われた17日、ASローマはアウェイでパルマと対戦し、2-2と引き分けた。ホームで行われた第一戦で2-1の勝利を収めていたASローマは準決勝進出を果たした。
●今冬の移籍市場でメッシーナからACミランに移籍が決まったGKマルコ・ストラーリ(30)が17日、初練習後入団会見を行った。ACミランのユニフォームに袖を通したストラーリは「このユニフォームを身にまとうことができ、大変光栄だ。新しい同僚はみな親切で、今日の気分は最高!体は既に出来上がっており、いつでも出場できる準備は整っている」
●ACミラン副会長ガリアーニが17日、FWロナウド(30)加入に伴うチーム内への影響について語った。ガリアーニ副会長は「ACミランはベルルスコーニ会長を家長とした一家族のようなもの。ロナウドの加入を全員が納得している。他のFWが信頼出来ないという理由で、ロナウド獲得に至ったわけではない。特にインザーギには全般の信頼を寄せている。ロナウド獲得はACミランの予てからの夢だったので、実現できて良かったが、彼を獲得した事によって、チームの雰囲気が変わる事はない」
チェルシーFWアンドリー・シェフチェンコ(30)がチェルシー次期監督にACミラン監督アンチェロッティを希望していることが分かった。英国“デイリー・ミラー”紙が明らかにしたのも。同紙によると、チェルシー現監督モウリーニョからの信頼を得る事ができないシェフチェンコがクラブオーナであるアブラモビッチに「アンチェロッティは選手の事を第一に考える監督だ」とかつての恩師アンチェロッティ監督獲得を直訴したとの事
●「カッサーノは我々フィオレンティーナが求めるタイプの選手。もしフィオレンティーナのFW層が薄ければ、すぐにでもカッサーノを獲得するのだが・・・」と語り始めた。コルビーノGM
●バッジョのマネージャー、ビットリオ・ペトローネ氏は「バッジョが40歳を迎えるにあたり、約200もの取材依頼を受けたが、まだ何をするかは決めていない。家族だけで旅行に出かけるかもしれないし・・・。バッジョは現在狩をしたり、ジムで汗を流したりして人生を楽しんでいる。カルチョはテレビで観戦しているようだ。特別なことは何もしていない」とバッジョの近況を明かした。
インテルのモラッティ会長「これらの話がすべて真実だとすれば、マドリーではうまくいっていないのだろう。そこで彼を必要とするクラブが動いた。いずれにしても他者同士の問題であり、あまり深入りするつもりはない。ロナウドとの良い関係に変わりはない。また彼を獲得したいかどうかって? ロナウドならいつでも欲しいとは思うが、今われわれは彼を必要とはしていない。ミランは必要としているようだが」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。