UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/15UEFA情報
●優勝請負人として3シーズン無冠のレアル・マドリーの監督に就任したファビオ・カペッロ監督だが、チームは危機に直面し、その雲行きも怪しい状況。今シーズンも無冠で終わる可能性もあり得る。13日付けのスペインスポーツ紙‘マルカ’では「全てが失敗に終わったら、モウリーニョ監督で」が紙面トップを飾り、今シーズンの結果次第では、レアル・マドリーはカペッロ監督のサイクルに早くも見切りをつけ、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督の招聘を検討している、と同紙で報じられている。
レアル・マドリー対サラゴサ戦がここまで注目を浴びるのは久しぶりだ。レクレアティーボ、デポルティーボと連敗を喫したR・マドリーの選手たちと、特にカペッロ監督にとってこのホームでの試合はまさに運命を決める一戦。我慢の限界に達しているファンの反応にも注目が集まる。
バルセロナ・ダービーは、内容で圧倒したエスパニョールがバルセロナを3-1で倒す衝撃的な展開に終わった。ビクトル・バルデスの好セーブとエスパニョールのFWの詰めの甘ささえなければ、この結果は更に広がっていただろう。バルサはこれで3試合連続勝ちなし、ここ5試合でたった1勝と暗雲が立ち込めてきた。
●エスパニョールに3-1と完敗を喫したバルセロナのライカールト監督は、「この結果は真摯に受け止めなくてはならない。これからも練習していくだけ。選手たちも勝利を目指したが、達成できなかった。ダービーに負けるのは辛いし、ファンの期待に応えることが出来なかった」と試合後にコメント
●土曜日(13日)に行われたエスパニョールとのバルセロナ・ダービーで負傷交代となったバルセロナのMFアンドレス・イニエスタは、翌日曜日に精密検査を受けた結果、“左足首の靭帯に重度1の捻挫”と診断され、火曜日(16日)のスペイン国王杯2nd.レグ、対アラベス戦を欠場することになる
レアル・マドリーのMFデイビッド・ベッカムの代理人、シモン・オリベイラ氏は、ベッカムは今季末までのR・マドリーとの契約をまっとうすると明らかにした。
●プレミアリーグではセビージャのFWケパが大人気だ。ケパの元にはプレミアリーグのクラブからのオファーが止まることなく舞いこみ、冬に移籍の可能性もある。特に有力なのが、チャールトンの半年間で50万ユーロ(約7750万円)というオファーだ。とはいえ、今後他のクラブと合意の可能性もある。
●セビージャは前日の試合で敗れたバルセロナとの勝ち点差を広げるチャンスを活かしきれず、今シーズン、ホームで初黒星を喫した。マジョルカはリーガ4試合、国王杯1試合で敗れ5連敗中と厳しい状況の中アウェイでのセビージャ戦に臨んだが、セビージャに競り勝ち、とりあえずは落ち着きを取り戻した。先日受賞した2006年年間最優秀クラブのトロフィーをファンにお披露目したセビージャだが、その試合内容はこの賞に相応しいとは思えないもので、今シーズン最悪の出来だった。
バレンシアは13日に行われたバレンシアダービー、対レバンテ戦で3-0と大勝したものの、バラハ、モリエンテス、アジャラの3選手は負傷する結果となった
●バルセロナのキャプテン、プジョールはバルセロナダービーでエスパニョールに完敗後、報道陣に対し「ある意味これから良くなると思う」と話した。「ここ数試合の結果はあまり良くないし、ここから学ばなければならないと思う。そういった意味でエスパニョールに負けたことは僕たちに警鐘を鳴らしたものだと言えるし、今後チームとして良くなっていくと思う。まだシーズンは続くし、修正する時間も残されているしね」「僕が思うにゲーム運びを変えなければならない。プレスの掛けかた、ボールの処理、それらの修正をすることは何も難しいものではない、僕達はそれができる選手だからだ」
●R・マドリーが復活を遂げた。バルサとセビージャがつまずいたため再びR・マドリーがタイトル争いに加わってきた。90分間サラゴサを完全に上回っていたが、前半終了間際のファン・ニステルローイの1得点に留まった。とにかくこれで苛立ちが溜まっていたサポーターを少しは安心させることができただろう。
●サラゴサ戦終了後の記者会見でR・マドリーのカペッロ監督は、デイビッド・ベッカムを今後起用しないとする考えについて、「ベッカムは、R・マドリーと話し合いを持つ前にロサンゼルス・ギャラクシーと契約した。いい事ではないと思うし、私の決断だけで彼を今後使わないと決めたわけではない。クラブが決めた事である」と説明した。一方、カルデロン会長は、「コーチ陣であるカペッロ、ミヤトビッチ、バルディーニが決めた事である。私は一度も選手起用について口を挟んだことはない」と明かした。
●デイビッド・ベッカムがレアル・マドリーで過ごす時間はあとわずかだ。同クラブのファビオ・カペッロ監督は今後の試合でベッカムの起用はないと断言していることから、ベッカムのロサンゼルス・ギャラクシーへの移籍が前倒しされる可能性がでてきている。MLSコミッショナー、ドン・ガーバー氏もベッカムはR・マドリー早期退団の交渉をしていると認めている。「我々がベッカムの契約解除の違約金を払うことはないだろうから、ベッカムの弁護士たちが円満退団となるようクラブ側と調整、交渉していると理解している。我々としては一刻も早くベッカムに来て欲しいし、そのためにもギャラクシーとリーガとの間での了解が必要だ。それにデイビッド本人も早く来たがっているようだね」ガーナー氏はそうコメント
レアル・マドリーのカペッロ監督は日曜日(14日)、サンティアゴ・ベルナベウで行われたサラゴサとの試合中、心ないR・マドリーファン2人から「ロナウド、残って!カペッロはもう出て行け!」と野次られていたようだ。この野次に耐えていたカペッロ監督だが、試合が終わったら‘中指を立てるポーズ’で応えようと決めていたようだ。試合が終わりロッカールームに引き上げる際、カペッロ監督はそのファンに向かって手を上げ中指を立てて見せた。「私が行った行為については全ての人に謝罪したい。しかし、ここにやってきた初日から、ベンチ後ろの観客席に座っている2人が私を野次り続けた。私のジェスチャーはその2人に対するものだ。しかし、R・マドリーの監督として謝罪したい」と試合後の記者会見で語った。R・マドリー第一次政権時代にも侮辱されていたため、その2人のファンについては良く覚えていると明かしたカペッロ監督。「私が10年前にいた時と同じ人物だ。声も覚えている。前も今も変わらず私を侮辱している」とコメント
●連日のようにチェルシー退団の可能性が報じられているジョゼ・モウリーニョ監督について、チェルシーの選手から残留を求める声が相次いでいる。クラブと指揮官の間に不穏な空気が流れる中、キャプテンとして指揮官を支えるDFジョン・テリーは、モウリーニョの残留をクラブに強く求めるとしている。「僕たち選手は、ジョゼに残ってもらいたい。これは全員の意見だ。トップチームの選手が数人集まって、クラブ側と話し合うことも検討している。ジョゼは最高の監督だ。それは、今後20年間変わらないだろう。そして、僕たちは最高の監督の下でプレーしたいんだ」
●ベッカムが今シーズン終了までにレアル・マドリーを退団することが決まり、その「後釜」候補として注目されるフランク・リベリ(マルセイユ)。13日付の「レキップ」紙によると、同じフランス代表のウィリー・サニョル(バイエルン・ミュンヘン)が「いっしょにやろう」とリベリを説得した。
●リーグ・アン後半戦の初戦で、首位リヨンが今シーズン2つめの黒星を喫した。13日敵地でトゥールーズと対戦したリヨンは、持ち前の流れるようなゲーム展開ができずに、前半を0-0で終えた。少ないながらも決定的なチャンスはあったが、得点につなげられぬまま、後半は相手の個人技に圧倒され2点を献上した。
●リーグ・アン第20節の試合が13日に行われ、松井の2得点でル・マンがトロワに2-0で快勝した。腰痛で1カ月以上戦列を離れ、カップ戦を含めて6試合ぶりの出場となった松井は前半7分、右サイドからのセンタリングを左足のハーフボレーでダイレクトに押し込み先制点。後半41分にも、味方フォワードが頭で落としたところを、ファーポストにいた松井が無人のゴールに右足で流し込んで追加点をあげた。
●リバプールの最高経営責任者であるリック・パリーは、ドバイ・インターナショナル・キャピタル(DIC)によるクラブ買収が間もなく成立するとの見通しを明らかにした「(買収に向けて)多くのことが進んでいる。近いうちに、いい発表ができるはずだ。交渉は前向きに進んでいるし、見通しも明るい。クラブを新たな次元へ導いてくれるだろう。今回の取引は、長期的視野に立った成功モデルであり、新スタジアム建設を中心に進めることになる」
●ラツィオDFマッシモ・オッド(30)が14日、ACミランへの思いを口にした。セリエA第19節対シエナ戦(1-1)後、多くの報道陣を前に主将オッドは「ラツィオのユニフォームを着て試合をするのは今日で最後だろう」と切り出した
●ACミランのベテランFWフィリッポ・インザーギ(33)が14日、試合終了を待たずしてスタジアムを後にしていたことが判明した。
●セリエA第19節が行われた14日、ASローマはアウェイでメッシーナと対戦し、1-1の引き分けに終わった
●セリエA第19節が行われた14日、ACミランはホームでレッジーナと対戦し、3-1の勝利を飾った。試合後ACミラン監督アンチェロッティは「今日、勝利したことで順位がかなり上がった。この調子で次節ラツィオ戦でも勝利し、欧州CLの準備をしなければならない。今日の試合内容には満足している。レッジーナも善戦したが、我々のカウンターが功を奏した」と笑顔で試合を振り返った
●14日に行われたセリエA第19節でリボルノはアタランタ相手に5-1(アウェイ)の大敗を期した。試合後激怒したリボルノ会長スピネッリはアリゴーニ監督の解任を即決した。監督解任の理由について同会長は「大失態だ。3試合で10失点はありえない。監督解任以外の選択肢はない」と声を荒げた
●メッシーナ戦の引き分けから一夜明けた15日、ASローマMFダニエレ・デ・ロッシ(23)がASローマ逆転優勝の可能性について語った。「我々の優勝が不可能だという声も上がっているようだが、インテルが不調に陥る可能性もあり、我々は優勝を諦めず、集中する事が重要だ。今、優勝を諦めてしまう事だけはしてはならない」
●セリエA単独首位を走るインテル監督ロベルト・マンチーニが15日、6月で切れる自身の契約について語った。「インテルとの契約延長は深刻な問題ではない。現状では優先しなければならない事が多々あるので、契約延長を今焦って行う必要はない。私と会長の間には信頼関係があるので、時期が来れば全てをはっきりさせる」
●リボルノ会長スピネッリの独断によるアリゴーニ監督の解任が波紋を呼んでいる。突然の監督解任劇から一夜明けた15日、リボルノ主将クリスチャン・ルカレッリ(31)は「チームはまとまっており、混乱は起きていない。あるとすれば経営サイドの問題だが、しかしそれも今に始まった事ではないが・・・。会長が監督解任を思いとどまってくれる事を望んでいる。会長が私に対しても不満がある事も知っている。昨年、好調な最中にドナドーニ監督を解任し、そこからチームが大失速した苦い経験から会長が何かを学んでくれたと期待していたが、結局何も変わっていない事が昨日明らかとなった」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。