FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/01/14UEFA情報
レアル・マドリー会長は「ラウルがここで100%の力が出せないようなら、留まることはかなり難しいだろう」
●ラウルをリベプールのラファ・ベニテス監督がレアル・マドリーでの残りの期間と同じ、つまり3年契約での獲得に動いている、とスペイン紙‘アス’が報じている
●「ベッカムはロサンゼルスに移籍すると決断した。プロ選手としてのものだろう。しかし、他のクラブと契約を結んだ選手だ。我々は彼を構想に入れることはできない。ここではこれ以上プレーしない。練習には参加できるが、試合への出場はない。移籍の望んだのは私ではなく彼に決断によるものだ。そのテーマについては彼に聞いてくれ」。カペッロ監督は記者会見の席でそう明かしている。
●A・マドリーのリュクサンは、ロナウドがもしR・マドリーを退団し、A・マドリーに譲ることになったとしたら、「ロナウドをくれるというならもらうけどね。ここにはF・トーレスとアグエロが居るからレギュラーを彼らと争わなくちゃならないけどね」と語った。ベッカムのロサンゼルス・ギャラクシー入りについては、「リーガエスパニョールに彼はサッカーだけじゃなく大いに貢献したと思う。リーガにとって大選手が欠けることになる」とコメント
バレンシアのキケ・フローレス監督「3-0という結果が出来過ぎかどうかは分からないが、われわれが勝利に値していたのは確かだ。決定機はわれわれの方が多かったし、今日は両チームの差がはっきり出ていた。」
●レバンテのロペス・カロ監督「私は常に結果によって試合の評価をするので、3-0という結果が行き過ぎた結果だとは思わない。バレンシアは決定機を3回得てそれをきっちりと決めたわけで、彼らの頑張りを評価しないわけにはいかない。戦いには敗れたものの、別に戦争に負けたわけではない。」
●IFFHS(国際サッカー歴史統計連盟)により、オサスナが2006年12月の世界最優秀クラブとして表彰された。同連盟は1991年より毎月の世界クラブランキングを更新し続けている。オサスナにとっては初めての快挙。世界クラブ王者となったインテルナシオナルは2006年のリーグ最終戦で敗れたことが響いて2位に甘んじた。
●移籍が噂されるレアル・マドリーFWアントニオ・カッサーノ(24)についてアンチェロッティ監督は「彼は才能があり、気さくな青年なので、特に問題があるとも思わないが、ACミランが必要とするタイプの選手ではない」
●セリエA第19節が行われた13日、首位インテルはトリノと対戦し、1-3(アウェイ)の勝利を収めた。この日の勝利でインテルは連勝を12に伸ばし、セリエA連勝記録を更新した。
●ACミランへの移籍が難航するラツィオDFマッシモ・オッド(31)が14日に行われるセリエA第19節対シエナ戦に先発出場する事が分かった。ラツィオ監督デリオ・ロッシが13日、明らかにしたもの
●セリエB第19節が行われた13日、ユベントスはマントバと対戦し、1-0(アウェイ)の今季初黒星を期した。試合後ユベントスのデシャン監督は「ミスはあるものだが、試合に挑む気持ちが負けていた事が悔やまれる。セリエBの試合では戦う気持ちが十分でなければ勝つことは難しい。」
●フランス代表監督レイモン・ドメネクがユーロスポーツのインタビューでイタリア代表主将ファビオ・カンナバーロ(33=レアル・マドリー)のバロンドール獲得に異議を唱えた。「カンナバーロがバロドールに決まったと聞いた時は驚き、信じる事ができなかった。どう考えても欧州CL決勝進出、W杯決勝進出を果たしたアンリの方が100倍以上バロンドールに値していた。W杯での活躍をバロンドールの第一の選考基準にするならば、ブッフォンが妥当だったはずだ」
インテルのマンチーニ監督「アドリアーノはなかなかよくやっていたが、まだまだやれるはずだ。チャンスを外すのは誰にでもあることだが、私たちの知っていたアドリアーノは今日のトリノ戦以上のことをやっていた。だが、試合を重ねるごとに調子は上がっており、その点は満足している。いい兆候だ」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.