UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/02UEFA情報
●アトレティコの新しい人気者、エル・クンことアグエロが2日付のスペイン地元紙『AS』に掲載されたインタビュー記事の中で2007年への抱負を語った。「アトレティコに来てからまだわずかな時間しか経っていませんが、サポーター、選手、クラブ関係者の皆に支えられて、とても良い日々を過ごしています。特にサポーターから大事にしてもらっていることを実感しています。彼らにはピッチで結果を出すことによって、感謝の気持ちを示したいと思います。そして、少なくともヨーロッパカップ戦出場圏内を確保し、シーズンの終わりには皆で祝えることを願っています。レバンテとの国王杯戦での試合終了間際のゴール、そしてバルセロナに対して同点に持ち込んだゴールは、自分にとってもチームにとっても大事なものでした。そして自分の調子も、チームの調子も徐々に上向いてきています。ただ、まだスペインでは本来の「クン・アグエロ」を披露していません。僕はまだまだ良くなり、その力を示すことができると思っています。主将のトーレスとはとても仲良くしています。アルゼンチン人選手以外では彼と過ごすことが多いです。僕らはいつも冗談を言い合える仲ですが、トーレスはアトレティコでさまざまな経験をしてきているので、彼から助言をもらうこともできます。それは僕の大きな助けになっていますし、これからもそうあり続けるでしょう」
バルセロナのエトーが「今年のクラブワールドカップ(W杯)で、勝利のためにプレーしている自分を想像している」と2007年の抱負を語り、けがで欠場となりチームも準優勝に終わったクラブW杯のタイトル獲得に意欲を見せた。「リーガとチャンピオンズリーグの2冠は昨年達成したけれど、もう一度繰り返したい。難しいのは分かっているし、同じようにタイトル獲得を狙える強力なライバルは多いが、今のサッカー界においてバルサ以上にその可能性を持つチームがあるだろうか? バルサと同じくらいの力はあっても、バルサ以上のチームはない。だからこそ、僕らの義務は野望を捨てずに、常にすべてのタイトルを目指して戦うことだ」
●カフーの代役となる右サイドバックの選手をリストアップしているミランは、バレンシアのミゲルに興味を示している。ミランはラツィオのオッドやバルセロナのベレッチといった選手にも興味を示していたが、現状では獲得が難しい気配。そのため、次なるターゲットとしてミゲルの名前を挙げたもようだ
ビジャレアルのペジェグリーニ監督は、今シーズン終了後にチリ代表監督に就任するのではないかといううわさについて、「今はビジャレアルのことしか考えていない。ただ、チリ代表を率いることは将来的なテーマであるし、いつかチリ代表を率いたい」と意欲を見せた。また、2007年6月末までとなっているビジャレアルとの契約延長問題については以下のように語った。「まだ契約延長についての話し合いはしていない。自分は今を大事にする人間、監督としての経歴を続けていく上で何が一番良いのかはもう少し後に考えることになるだろう。私は常に自分のいるチームに優先順位を置いているし、そこで気持ちよく仕事ができているなら、当然長く監督を務めたいと思っている」
●ポーツマスのナイジェリア人FWヌワンコ・カヌーが移籍を志願している。今シーズン、ここまでチーム最多の9ゴールを記録しているカヌーだが、ナイジェリア紙の取材に対し、オランダの古巣クラブへの想いを熱弁している。「私はアヤックスに戻りたい。ポーツマスでは結果を残した。その功績を認めて、移籍を認めて欲しいんだ」さらにカヌーは、アヤックスでともに黄金時代を築き上げ、現在はトッテナムでプレーするMFエドガー・ダービッツもアムステルダムへ戻る可能性があるという。「ダービッツや、1990年半ばにアヤックスで一緒に戦った選手たちと話をしているんだ。みんなでアヤックスに復帰すれば、あの頃の雰囲気を取り戻せるはずだってね。ポーツマスには移籍の希望を伝えてある。あとはアヤックスのオファーを待つだけだ。アムステルダムには、素晴らしい思い出がたくさんある。みんなで戻れば、またすごいことが出来るはずだ」
●セリエA単独首位を走るインテルが2日から練習を再開する。夏季合宿の練習を実現する為、インテルはバーレーンを合宿地に選んだ。インテルは2日午前ミラノ・マルペンサ空港を発つが、一部の外国人選手は母国またはバカンス先から2日中にバーレーンに直行する模様。
●ACミランが2日、マルタ島で練習を再開する。今回の合宿では夏期、欧州CL予選から出場となった為に不足したアスレチック練習がメインに行われる予定。マルタ島での合宿は9日まで行われるが、6日、ホームグラウンド、サン・シーロでベルルスコーニ杯対ユベントス戦が開催される為、選手達は合宿期間中一度ミラノに戻る事になっている。
●ASローマ監督スパレッティが1日、有料放送SKYのインタビューに応じ、2007年度の抱負を語った。スパレッティ監督は「2006年の素晴らしい結果を継続する事は容易ではないが、我々が18試合で残した記録(勝ち点41の2位)をばねにより飛躍したい。チームの基礎は完全に出来上がっており、選手達が今後大きく崩れる事はないと確信している。今まで行ってきたASローマのテクニック、速さ、魅せるプレイを信条に今後も前進していかなければならない」
●ビッグクラブの中で最も補強を必要としているチームはミラン。特にシーズン前半戦に負傷者が相次いだディフェンス陣が苦しい状況にある。ラシン・デ・アベジャネーダからアルゼンチンの若いDFグリミを獲得したが、第一の目標はラツィオのマッシモ・オッドだ。ミランは600万ユーロ(約9億4000万円)に加えて、フォッジャの保有権を譲渡するという条件を提示している。だが、ラツィオのロティート会長はこれに納得しておらず、現時点では交渉は停滞している。オッドが無理であればバルセロナのベレッチが候補となるが、バルセロナもベレッチの代理人を務める兄も彼が移籍することはないとコメントしていた
●パリ・サンジェルマン(PSG)はアルゼンチン人のMFマルセロ・ガジャルドの獲得を正式に発表した。1月18日で31歳となるアルゼンチン代表のガジャルドは、1日にPSGとの2年契約にサイン。「
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。