FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/12/27UEFA情報
●クリスマス休暇を母国アルゼンチンで過ごしているアトレティコ・マドリーのFWセルヒオ・‘クン’アグエロが、彼のお気に入りのバンド‘Los Leales’のクリスマス・ライブに駆けつけ、ステージの上で彼らとともに歌い、この一時を楽しんだ。‘クン’アグエロにとって歌うことも彼の血が騒ぐことであるらしい。そして、ステージ上で2007年に向けての抱負も明かしている。「アトレティコでたくさんのゴールを決めること。そして、チャンピオンズリーグ出場圏内を獲得すること」。
●ブラジル国外で活躍しているスタープレーヤー達は27日、レアル・マドリーのロビーニョが主催するチャリティーマッチのため、サントス市のビラ・ベルミロ・スタジアムに集まり親善試合をする予定である。
●元バルセロナで、現在ポルトに所属しているクアレスマはアトレティコ・マドリーが彼に興味を示している中、規律に従って回答した。「以前は僕に興味を持ってくれるクラブならどこでもよかった。それは僕のプレーを認めてくれるってことだからね。それはサッカー選手として嬉しいことだよ。選手がそのチームにいて嬉しいと感じることは、サポーターからも愛され、選手もチームのためにプレーしようと感じる時だよ」と答え、今の状態に満足しており、他のクラブからのオファーには耳を傾けないという態度を示した。
バレンシアのソレール会長が2006年を振り返り、今年最高の思い出はチャンピオンズリーグへの返り咲きと新スタジアムの計画が始まったことだと答えた。そして「カルボーニSDとキケ・フローレス監督がこれからもずっとバレンシアにいてくれることを願う」と語っている。
●アトレティコ・マドリーのマニーシェがリスボンで飲酒運転およびスピード違反で地元警察に検挙されたと“オ・ジョーゴ”紙が報じた。
●カペッロ監督は、誰に代えてガゴをスタメンに並べるのだろうか?この問題は非常に難しい。まず、カペッロ監督が彼をレギュラーとして考えていないのであれば、この時期に大枚をはたいて急務でもない補強を行ったのかという批判が出てくるのは必然だ。そしてもし監督がガゴをスタメンに並べるつもりであれば、監督好みのダブルボランチコンビ(エメルソン・ディアラ)を犠牲にするだけでなく、グティのポジションを前にあげて前線の誰かをベンチに置かなければならない
●新年が明けるとともに開かれる移籍市場でR・マドリーはカッサーノを売却する準備を始めているようだ。完全にカペッロ監督の構想外になり、カッサーノ自身もこの状況が続くことを避けたいのは明らかだ。フロレンティーノ・ペレス会長は550万ユーロ(約8億5250万円)を支払い1年前にカッサーノを獲得していた。そのためR・マドリーはただでの放出はしないだろう
●バルサのライカールト監督が全ての記録を塗り替えている。12節終了時点でバルサは勝ち点29(9勝2分け3敗)を記録し、2004-2005シーズンと並ぶ好調の滑り出しを見せた。さらにゴール数では31ゴールをあげ、失点はわずかに10。リーガ、ヨーロッパで最も攻撃力のあるチームであることを証明していた。
●アントニオ・カッサーノの去就は定かではない。代理人ジュゼッペ・ボッツォ氏によれば、レアル・マドリーに残留するとのことだ。「カッサーノにどこに行って欲しいんだ?」とボッツォ氏は記者たちに聞き返した
バレンシアのビジャがリーガ・エスパニョーラに所属する選手の中で、2006年の得点王に輝いた。リーガ、国王杯、欧州カップ戦と2006年の公式戦でビジャが決めたゴール数は29。カヌーテ(セビージャ)、ディエゴ・ミリート(サラゴサ)が2位タイで追随するものの、23ゴールのビジャとは6ゴールの差があった。これについてビジャは、「それはあくまでデータで単なる数字ではあるけれど、どんな選手にとってもうれしいことだ。2007年はこの数字を上回って、また素晴らしい選手たちの上に行きたい。間違いなく2006年は自分にとって最高の年だった」
●クリスマス休暇でブラジルに帰国しているバルセロナのロナウジーニョが、故郷のポルト・アレグレに慈善事業の一環として学校を設立し、27日に開校式が行われる運びとなった。「ロナウジーニョ・ガウショ学校」と本人の名が付けられた施設はロナウジーニョと彼の家族が以前から構想していたもので、社会的に恵まれない子どもたちを約3500人招き入れることができる。開校式にはロナウジーニョや家族とともに、クラブからソリアーノ副会長ら数名の幹部も出席予定。また、40名の子どもたちも招待されている。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、26日のウィガン戦を前に「今のメンバーで十分タイトルを獲れる」と選手層の厚さをアピールした。すでにFWヘンリク・ラーションをレンタル移籍で招き入れたファーガソンは、1月の移籍マーケットで、再びバイエルン・ミュンヘンのMFオーウェン・ハーグリーブスの獲得に動くと見られている。「最近ではこんなことを言う輩がいる。『ユナイテッドはたしかにいいチームだ。でも、スタメン以外の選手はダメだ』と。私は理解に苦しむし、彼らの目を疑うね。さらに言えば、選手だけでなく、私に対する侮辱ですらある。まるで私がチーム作りで手を抜いているかのようにも聞こえるのでね」
●プレミアリーグの首位を争う2チームの明暗が分かれた。クリスマスから新年にかけて、毎年恒例の過密日程が組まれているプレミアリーグでは、26日に試合が行なわれ、首位マンチェスター・ユナイテッドがウィガンに快勝した一方、勝点2差で追っていたチェルシーはレディング戦でまさかのドロー。この結果、両チームの勝点差が4に広がった。
●26日発売の「フランス・フットボール」誌にフランス代表のダビッド・トレゼゲ(ユベントス)のインタビューが掲載された。トレゼゲにとって、2006年は予想もつかなかった「不運」に見舞われた年。所属するユベントスがセリエAの不正事件によりタイトル剥奪とセリエB降格のペナルティーを科され、W杯ではスタメン落ち。途中出場した決勝では、PKを外して優勝を逃した。「今年のはじめに占い師に見てもらったとして、こんな1年になると予想されたら、信じることができましたか?」という質問に、「誰もこんなシナリオは想像できなかっただろう」と笑うトレゼゲ。「2007年が待ち遠しいよ!」と語った
●ポルトガル代表監督ルイス・フェリペ・スコラーリがユーロ08大会後に代表監督の座を去る意向を明らかにした。“RECORD”紙のインタビューに応じたスコラーリ監督は「いたって論理的な話だが、08ユーロ後に代表監督の契約が切れることになっている。一つの国を率いる仕事期間は5、6年を越えてはならないと信じている。これ以上の期間を続けていても、色々と情やしがらみが出てくるだけだ。今後何をするかって?今はまだ、ヨーロッパに残るか故郷ブラジルに戻るか分からない」
●元ACミランの司令塔マヌエル・ルイ・コスタがピッチに戻ってくる。今季、故郷ポルトガルのベンフィカ復帰を果たしたルイ・コスタだったが、開幕直後に腰周りの筋肉を負傷し、ここまで4試合出場と寂しいものだった。ポルトガルの“A BOLA”紙によると、ルイ・コスタは1月6日に行われるポルトガル杯に復帰する見通しとのこと
●カルチョ・スキャンダル効果!?今年のクリスマスにセリエA、Bの審判員に対して例年になく多くの贈り物が届いた事が判明した。例えば首位を独走するインテルからはパネットーネ(祝祭日に定番のお菓子)を含む食料品、ワイン、生ハムなどが、ACミランからはお祝いメッセージが届いているとのこと。
●南米のある報道によると、バロンドール南米版はアルゼンチン人のロドリゴ・パラシオが濃厚とのこと。情報源はウルグアイの新聞“EL PAIS”ではないかと目されている
ユベントスFWダビデ・トレゼゲ(29)が26日、フランス“フットボール”誌の取材で、ドイツW杯後フランス代表引退を考えた事を明かした。ドメニク監督からの信頼に疑問を感じていたトレゼゲは「W杯決勝戦後すぐに代表引退を考えたが、その後ドメニク監督と話し合い、引退を思いとどまった」
●ジョン・テリーは間もなく背中の手術を受けることになるかもしれない。テリーが欠場したレディング戦を引き分け(2-2)で終えた後、チェルシーのジョゼ・モリーニョ監督が明らかにした。キャプテンのテリーは背中の負傷のため4試合戦列を離れており、モリーニョを心配させている。「メディカルスタッフは手術をするかもしれないと言っていた。早いうちに決断をしてくれるよう願っている。どれくらいの期間休まなければならないかは、今のところは分からない。3日かもしれないし、3週間かもしれないし、3カ月かもしれない。何も分からない」
●アンリ・ミシェルがエジプトで6カ月間監督を務めることになった。カイロのクラブ、ザマレクとの契約が完了している。ミシェルは現在59歳。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.