FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/12/16UEFA情報
●FIFAクラブワールドカップ(CWC)準決勝、クラブアメリカ戦で4得点のゴールラッシュで大勝し、悲願のタイトル獲得に向け好スタートを切ったバルセロナ。その中でもバルサの攻撃の起点となるMFデコの存在は一際輝いていた。ゴール全てにからむ活躍を見せたデコが、自身のゴールを含めこれを振り返った。「メンバー同士のコンビネーションプレーから生まれるゴールがやっぱり一番好きだね。1点目は僕らがパスを繋いでゴールが決まったんだ。僕は最初にパスしただけだよ」。「2点目は、コーナーから強めにボールを蹴ったんだけれど、それが功を奏してマルケスのヘッドが決まったね。僕がコーナーキックを蹴っているけれど、ロニー(ロナウジーニョ)やチャビのようにチームには良いキッカーがいる。僕らにはいろんなオプションがあるんだ。3点目は、ヒールでジュリにパスを出し、彼がそれをゴールに繋げてくれた。ヒールパスも好きだね。もちろん、それにばかり頼ってはいないよ。もっと楽な選択肢があればそっちを選ぶ。でも、結果的にはうまくいったよ。だってロニーのゴールで終わったわけだからね」。「ロナウジーニョからボールを受けた時に、相手DFの間にスペースがあったから、チャンスだと思ってジュートしたんだ。うまくいったね。ロニーと僕はお互いのことを良く分かり合っているんだ。試合中も僕がゴールできるか、できないか冗談まじりに話していたんだよ。最終的にゴールすることができたよ。ロニーのおかげだね」。●
●ゴンサロ・イグアインのレアル・マドリー移籍が正式に決まったことで、アントニオ・カッサーノの周辺が慌ただしくなっているようだ。実際、クリスマス休暇前の行われるエスパニョール戦(アウェイ)、レクレアティーボ戦(ホーム)の2試合がR・マドリーのユニフォームを着てプレーする最後の試合になる可能性があるという。
●ミヤトビッチはバイエルンを「偉大なクラブであり、我々を驚かすような存在であるがR・マドリーがベスト8に進むだろう」、「今まではそうだったかもしれないが、それはこれからの対戦には何の影響も及ぼさない」
●カンプ・ノウでの対バルサ戦を来週に控えたアトレティコ・マドリーのセレソ会長は、フェルナンド・トーレスのゴールにより勝ち点3を獲得できる自信を示している。「カンプ・ノウでは常に良い試合をしてきている。今回もアグエロが放ったシュートをトーレスが決め、0対1で勝つだろう」「トーレスは素晴らしい選手だ。試合の出来は彼次第とも言える。彼のような選手は非常に稀だ。彼が試合を決めると言っても過言ではない」
●ヘタフェのFWセルヒオ・パチョンは次節の対戦相手のアトレティコ・マドリーについて「特にフェルナンド・トーレスとアグエロには注意しなければならない。彼らはホーム試合だし、決して油断してはならない」
●チャンピオンズ・リーグ決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選が行なわれ、リバプールは昨シーズンの王者バルセロナとの対戦が決まった。「スペインにいる知人からの電話が鳴り止まなくてね。みんなに『バルサは喜んでいるぞ』と言われたよ。たしかに、彼らは自信を持って我々と戦うだろう。しかし、チャンピオンズ・リーグを甘く見てはいけない。選手に与えるモチベーションの大きさが違うからね。それに、バレンシアの監督時代は、カンプ・ノウとの相性もよかった。今となっては、バレンシアはバルサの天敵だろう。だから、リバプールも恐れる必要はない。2試合目をホームで戦えるのも大きいよ」
●欧州CL決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が15日、ニヨンで行われ、ASローマはリヨンとの対戦が決まった。ASローマ監督スパレッティは「刺激的な結果だ。我々の実力を発揮する絶好の機会だ。『ASローマがここで敗退するのでは?』と危惧する声も上がると思うが、私はこの抽選結果に満足しているし、リヨンに勝利する自信もある」
●欧州CL決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が15日、ニヨンで行われ、ACミランはセルティックとの対戦が決まった。抽選会に参加したACミラン組織委員長ウンベルト・ガンディーニは「ラッキーな結果だ。セルティックは有名かつ伝統あるクラブで、特別な対戦となるだろう。スコットランドの名門との対戦が楽しみだ。今年の欧州CLでの抽選は全て上手くいっている。グラスゴーで行われるアウェイ戦はもちろん厳しい試合となるだろうが、同時に素晴らしい試合が予想される。英国のスタジアムではフェアプレイが徹底されており、サポーター席も近いのでいつも感動させられる」
●ACミラン監督アンチェロッティが15日、欧州CL決勝トーナメントの抽選結果について語った。「セルティックはグループリーグでマンチェスター・ユナイテッドに勝利した強豪だ。サポーターも熱く、独特な雰囲気を持つチームなので、アウェイ戦は特に注意が必要だ。ただ、サンシーロ(ACミラン、ホーム)が第2戦となる点は我々にとって有利だ。現在負傷中の選手達が欧州CL決勝トーナメントの始まる2月には戻ってくるので、現状のACミランとは異なるはずだ。我々にとってクリスマス休暇が復活の鍵となる」
●欧州CL決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が15日、ニヨンで行われ、インテルバレンシアとの対戦が決まった。インテル幹部エルネスト・パオリーロは「バレンシアは攻撃力のあるチームだ。スペインのチームとの対戦となったが、いずれのチームも強く、どこと当たっても同じだ。マンチーニ監督下でバレンシア戦はポジティブな結果が出ているが、クーペル監督時代UEFA杯で敗戦した事を覚えている。集中してバレンシアと戦わなければならないので、悲観も楽観もするつもりはない」
インテル監督マンチーニが15日、欧州CL決勝トーナメントの抽選結果について語った。「バレンシアは今季、リーガで首位だった頃の選手が我々と対戦する2月には怪我から回復するので、試合は簡単にはいかないはずだ。バレンシアは他チームと比べるとさほど困難ではないという声も上がるだろうが、私は全くそう思わない」
●セリエA第16節対ACミラン戦を翌日に控えた15日、フィオレンティーナ監督プランデッリが意気込みを語った。プランデッリ監督は「ACミランはスキャンダルのペナルティで欧州CL予選からの参加となり、早急にチームを作り上げた為、フィジカル面で問題を抱えているだけで、チームが混乱に陥っているとは思わない。ここフィレンツェには勝ちにくるはずだ。我々もこの日の為に練習に集中してきたので、準備は万全だ」
●ASローマ主将フランチェスコ・トッティ(30)が15日、欧州CL決勝トーナメント、リヨンとの対戦を危惧した。トッティは「一番難しい対戦相手だ・・・。リヨンは最強だが、欧州CLを勝ち進んでいきたければ、いかなる相手も倒さなければならない。誰が一番怖いか?彼らは組織プレイに長けたチームだが、一人名前を挙げるとすれば、ジュニーニョ・ペルナンブカーノ(31=MF)だ」
●負傷により戦線を離脱しているACミランMFジェンナーロ・ガッツゥーゾ(28)が15日、チームを取り巻く現状を語った。ガッツゥーゾは「今季のACミランは“正確さ”と“輝き”が無く、近年と全く異なる」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.