UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/12/13UEFA情報
バルセロナのロナウジーニョは、クラブワールドカップ後にプライベートジェット機で東京からスイスに直接向かう予定となっている。ジネディーヌ・ジダン、ファビオ・カンナバーロらと共に2006年FIFA年間最優秀選手の最終候補3名に入ったロナウジーニョ。12月18日(月)にチューリッヒで行われるセレモニーにクラブ関係者らと共に日本から直接駆けつけるというスケジュールが、ロナウジーニョがFIFA年間最優秀選手を受賞するのでは?という憶測を呼んでいる。
●R・マドリーのベッカムがヨーロッパ選抜として来年3月オールド・トラフォードスタジアムで古巣マンチェスター・Uと対戦することが明らかになった。
●マンチェスター・ユナイテッドへのレンタル移籍が決まっているラーションが、この移籍をまとめる前に古巣バルセロナとコンタクトをとっていたという報道を否定した。「バルサが僕に興味があるというスペインの報道は見たけど、僕はバルサにいる友人と話しただけでクラブと僕の間には何の交渉もなかったよ」
レアル・マドリーのホセ・アントニオ・レジェスが“カペッロ・スタイル”のフットボールを擁護した。彼にとっては素晴らしい試合内容よりも勝利をもぎ取るためには監督の哲学は効率がいいとのことで「時間がたてばプレーもよくなるはずだよ。セビージャ戦では内容が良かったのに負けてしまった。つまりいい試合をして負けるより、内容が悪くても勝つほうがいいんだ」
●ベティスのイルレタ監督はまだチームの体制を立て直そうと躍起になっている。ただ現在、リベラ、エドゥ、カピといった主要選手が怪我で戦列を離れている。監督はペペ・レオン会長と会合した後、ロペラ前会長により現体制を継続することに決まった
バレンシアDFのクーロ・トーレスはデポルDFフアンマがチームメイトのビージャに対して‘PKを取ろうとして倒れるなんて、ずるい奴だ’と批判したことに対して、「きっとフアンマはカリカリしている時に話したので少し誤った発言をしてしまったのだろう。もう3-4日も経ってしまった今、何を言っても意味がある事ではないよ。僕が何か油を注ぐような発言したって、彼のためにも良くないだろう」
●R・マドリーのファビオ・カペッロ監督は、ラジオ放送局‘オンダ・マドリー’の中で、「選手達には我々はすばらしいチームであると伝えた。リーガに勝つことを考え始めてもいいとも言った。バルサ戦、バレンシア戦、セビージャ戦ではいいプレーが出来ていたからね」と認めた。「チームには団結と仲間同士の助け合い、あとは一生懸命がんばることが必要だ。特にうまく行かない時に団結心はとても大事だ。我々のサッカーがつまらないというのが最近言われているが、勝つためにはまず団結することが大事である。次に相手によって決まる。現代サッカーで走らないで勝つのは難しい」
●エスパニョールのブラジル人MFジョナタス・ドミンゴスの父親が、ブラジル北東部セアラ州の州都フォルタレザにある実家で誘拐されたことが明らかとなった。3人組の何者かがジョナタス実家に押し入り、父親を連れ去ったとのことだ
●2012年に開催されるロンドン・オリンピックで、サッカーのイギリス代表チームが結成される可能性が浮上した。イギリスでは、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドと、4つのサッカー協会が存在しており、それぞれ独自の代表チームでワールドカップや欧州選手権などの国際大会にエントリーしている
●12日、CONI(イタリアオリンピック委員会)によるスキャンダル判決の仲裁判決が言い渡され、レッジーナは「-15」ポイントから「-11」ポイントに「4」ポイント減刑された。この判決により、レッジーナは勝ち点「9」の19位に上昇
●ACミランMFクリスチャン・ブロッキ(30)が12日、会見に応じ、今後の巻き返しを誓った。ブロッキは「我々のクオリティーはまもなく開花するので、今からでも欧州CL出場権獲得圏内の4位を狙える。何を思うかはその人の自由なので『ACミランがセリエBに降格するのではないか?』という声を聞いても気にはならない。過去に何度となく困難に直面したときも我々は克服してきたので、今回も最終的に目標を達成する自信はある」
●左腿の負傷から復活し、チーム練習に合流したユベントスFWダビデ・トレゼゲ(29)が12日、クラブに対し投資を要求した。トレゼゲは「カルチョ・スキャンダル後、ユベントスにいた世界水準の選手の大半がバルセロナレアル・マドリーインテルに移籍してしまった。ユベントスを再びヨーロッパ有数のクラブに復活させたいのであれば、クラブはそれ相当の投資を行うべきだ」とコメント
●ラツィオ主将マッシモ・オッド(30)が12日、自身の去就問題について語った。オッドは「出来ればラツィオに残っていたいが、自分の30歳という年齢を考慮すると、次の契約が現役最後となる可能性があり、とても重要だ。自分はクラブと話し合う準備は出来ているので、クラブ側も自分と誠実に話し合ってほしい」
●10日に行われたセリエA第15節対トリノ戦でPKを外したACミランFWアルベルト・ジラルディーノ(24)が12日、今後もPKを蹴りたいという意志を明らかにした。ジラルディーノは「パルマ時代から常に自分がPKを任されており、外した事はなかった。先日のトリノ戦では「3」ポイントが重要で、自分のPKがACミランに勝利をもたらす最大のチャンスだったが、そういう緊迫した条件下ではPKを外す事も起こりうる。自分が蹴らなければと思い、そして外してしまった・・・。監督が今後もチャンスを与えてくれるのであれば、自分はPKを蹴りたいし、他の選手もまだ自分を信用してくれている」
●監督の構想外となっているASローマFWビンチェンツォ・モンテッラ(32)が12日、自身の公式サイト上で現在の心境を語った。モンテッラは「自分そしてクラブ側も将来についてまだ何の決断も下していないが、スパレッティ監督下のASローマでは今後自分に何のチャンスも巡ってこない事をまず念頭に置かなければならない。出場機会に恵まれていない現状が監督の構想外である証だろう・・・。現実を受け止めなければならない」
ユベントス主将アレッサンドロ・デル・ピエロ(32)が12日、自身の公式サイト上で、9月10日の開幕から約3ヶ月でようやくセリエB首位となった喜びを掲載した。デル・ピエロは「昨日チェゼーナ対ナポリ戦が引分けに終わってくれたので、今日から正式に我々ユベントスが勝ち点「28」でボローニャと並び、セリエBの首位となった。勿論、このままの順位をシーズン終了後までキープするつもりだ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。