UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/12/09UEFA情報
●リーガ14節、2位レアル・マドリー(勝ち点29)と3位セビージャ(勝ち点28)の直接のライバル同士の対決に注目が集まる。勝ち点差はわずかに1ポイント。首位バルセロナ(勝ち点30)はカンプ・ノウでレアル・ソシエダと対戦するが、仮にバルサが敗れたとなると首位に取って代わる可能性もある。今シーズン、サンチェス・ピスフアンでは6戦6勝とホームで圧倒的な強さを誇るセビージャ。対するレアル・マドリーもアウェイでは5勝1敗とアウェイ戦での強さを見せており、データ的にはほぼ互角と言ってもいい。
●ボカ・ジュニアーズのマクリ会長が、同クラブのMFフェルナンド・ガゴに対するレアル・マドリーからの2000万ユーロ(約30億円)のオファーを再び却下した。
●元セビージャ選手で現在R・マドリーでプレーするレジェスとセルヒオ・ラモスは、次節の両チームの対戦を目前に控えた心境を語ってくれた。レジェスは「ピスフアンで再度プレーできると思うと鳥肌が立つ。今は落ち着いているが、ピスフアンのピッチに降り立った時には特別な気持ちが沸いてくるだろう。セビージャではチームに貢献したし、快く迎えてくれるはずだ。そうなると信じている」と意欲を伝えた。セルヒオ・ラモスも「お互いピスファンの熱狂ぶりは熟知している。今度の試合についてレジェスともよく話す。とても楽しみだ」
●セビージャのヘスス・ナバスは次節のR・マドリー戦について「元チームメートのレジェスやセルヒオ・ラモスと対戦するのは妙な感じがするが、きっと素晴らしい試合となるだろう」
●ミランのカカーがバルセロナを「素晴らしいチーム」と評し、チャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦でバルサと当たりたいと思うチームはないだろうと語っている「相手を選んではいけないだろうけど、バルサだけは当たりたいと思うチームはないと思うよ。彼らは素晴らしいチームだし、グループリーグで苦しんだ分だけチームがまとまったんじゃないかな」
レアル・マドリーのファビオ・カペッロ監督は9日のセビージャ戦が難しい試合になることは承知している。試合を前に「我々の調子は50%だ。なぜならセビージャはホームで非常に力を見せるし、我々はアウェイで戦うわけだからね」「上位2チームが戦う試合は非常に重要だ。選手たちも第一線の選手ばかりということだからね」「プレスをかけて相手にプレーをさせないことだ」
●チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループリーグを首位で突破したアーセナル。しかし、0-0の引き分けで終えた6日のポルト戦を、“やらせ”と非難されたアーセン・ベンゲル監督は、怒りを込めて反論した。「こういった疑いは許せない。我々は真剣に戦い、そして引き分けたのだ。我々にとっては、非常に難しい試合だった。ポルトは、シュートを2度もポストに当てたのだからね。それとも、ポストに当てたのも、わざとだったと言うのか? まったくバカげている。我々に対する侮辱だ。勝利を目ざして戦ったが、ポルトは強敵だった。ただ、それだけだ」
●チェルシー監督ホセ・モウリーニョが8日、FWアンドリュー・シェフチェンコ(30)がチームの主要選手に成長していないと感じている事を明かした。モウリーニョ監督は「マケレレ、ランパード、バラック、テリー、アシュリー・コール、ドログバ、チェフ、エシアン、カリバーリョの9選手が、現在チェルシーにとって必要不可欠な選手だ。シェーバ(シェフチェンコのあだな)はもう少しプレミアムリーグに馴染まなければならない。現状ではチェルシーにとって必要不可欠な存在だとは言えない。我々は彼が馴染めるまで必要なだけ彼に時間を与える事が出来る。彼自身も現状に満足していないはずだし、もし満足していたらそれは大問題だ・・・。」
●ユベントスに、頼れる主将アレサンドロ・デル・ピエロ(32)が復活する。セリエB第15節ベローナ戦を翌日に控えた8日、ユベントス監督ディディエ・デシャンが会見に応じ、「フォーメーションはまだ決定していないが、デル・ピエロを召集した。しかし、まだ90分フル出場出来るコンディションには至っていないので、先発出場させるかどうかはまだ決めていない。デル・ピエロがいるだけで相手チームへの脅威となるし、同僚にとっても力強いので、たとえフル出場出来なくても少しでもプレイする事が重要だ」
●トリノ会長ウルバーノ・カイロが8日、2日後に迫ったセリエA第15節対ACミラン戦への特別な思いを語った。ACミラン会長シルビオ・ベルルスコーニと親交のあるカイロ会長は「この対戦を心待ちにしていた。ベルルスコーニとはサン・シーロ(ACミランホームスタジアム)で過去に何度も一緒に試合観戦をしてきたが、今回は初めて私のクラブが対戦するので、感慨深い。今季低迷が続いているが、ACミランが怖い存在である事に変わりはない。我々にチャンスが巡ってくる事を願っている」
●ACミランのベテランDFマルコス・カフ(36)が筋肉の負傷から約3週間ぶりに回復した。7日、会見に応じたカフは「コンディションは良い、いやとっても良い。監督が望むのであれば、10日(セリエA第15節対トリノ戦)から出場できる」
●チェルシー監督ホセ・モウリーニョがインターネットのロング・インタビューに応じ、自身の将来について語った。モウリーニョ監督は「チェルシー監督に就任して3シーズン目を迎えているが、一クラブでこんなに長く指揮を執るのは初めての経験だ。ここはとても居心地が良いく、プレミアムリーグは世界一のリーグだと実感している」と語り、現状に満足している様子。またリーグを変わるとすれば?の問いにモウリーニョ監督は「スペインには第2監督として4年間在籍し、彼らのプレイとメンタルを把握したので、私にはイタリア、セリエAの方がより魅力的だ。そこにはまだ私が知らない新しい発見がある。しかし、アブラモビッチ(チェルシー会長)が私を解雇しない限り、ここでベストを尽くす」
●「負ける危険を犯しても、ダービーは引分けに終わってはいけない試合だ。試合が終了する瞬間まで攻め、勝ちを狙う」とラツィオFWトンマーゾ・ロッキ(29)が“ローマ・ダービー”に賭ける意気込みを語り始めた。
●セリエA第15節、最注目カードは10日夜に行われるラツィオ(ホーム扱い)対ASローマによる伝統の一戦“ローマ・ダービー”。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。