FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/12/08UEFA情報
●リーガ、ビジャレアル戦でのオーバーヘッドゴール、チャンピオンズリーグ、ベルター・ブレーメン戦でも技ありFKとこれまで懸念されていた調子も復調し、そのプレーでファンを魅了し、多くの称賛を受けるロナウジーニョだが、ブラジル代表のドゥンガ監督だけは厳しい見方をしている。「ロナウジーニョは、そのプレースタイルを変えない限り、ブラジル代表でレギュラーにはなれない」と明言。なんとも手厳しい発言である。「チームにいる全員がスターになりたがっているようでは用をなさない。チームこそが優先されるもの。選手はディフェンスをサポートし、スペースを埋めようとする必要がある。個人の能力だけでは十分とは言えない。チームのために尽くす動きをしなければならない」。
●本日(7日)、バルデベバスで行われた練習中にファン・ニステルローイから激しいタックルを受けたカンナバーロが負傷した。激しい痛みを訴えたカンナバーロは、検査を受けるために練習を途中で切り上げた。カンナバーロは、ファン・ニステルローイが謝ろうとした際に、彼の助けを受け入れず、そのまま練習場を後にした。検査の結果、左足首の捻挫と判明
●予想していたほどの出場の機会が与えられていないアトレティコ・マドリーのフラードだが、現在の状況について「コンディションは良い。少しでも多く出場時間が与えられるよう毎日練習に励んでいる。誰を起用するかは監督の決断だが、信頼してもらえるよう精一杯頑張りたい」と意欲を語った。さらに「もっと出場の機会があればもっと自信もつくだろう。でも今は与えられた機会を最大に活かして、次の機会に繋げるだけだ」と心境を明かした
●フランスの日刊紙‘ル・モンド’は、バルセロナレアル・マドリーバレンシア、ベティスが自転車競技界での輸血ドーピング騒動の中心人物であるエウフェミアーノ・フエンテス医師を頼っていたと報道した。同紙はフエンテス医師がバルサとR・マドリーの医師に対し医療処置の指示を出し、選手の相談を受けていたとしている。
●セビージャのDFダニエウ・アウベスの将来は混沌としてきている。右SBとして高い能力を発揮し、欧州のビッグクラブの注目を浴びている。来季の移籍先としてまずリバプールがあがっているが、チェルシーも名乗りをあげた。さらにチェルシーは、来年1月にダニエウ・アウベスを獲得しようとしている
バルセロナの選手はチャンピオンズリーグの対戦相手が誰になろうと、特に気にしていないようである。オランダ人DFのジオによると、選手は勝ち進むことだけを確信しているとのことである。昨季決勝で戦ったアーセナルを始め、マンチェスター・U、リバプール、リヨン、バイエルン・ミュンヘン、ACミランといったチームは既にバルセロナとは次節で対戦したくないと表明している。
●ロナウドがディナモ・キエフ戦で2得点を決めた後、自身のレアル・マドリーでの所在を再確認した。彼は結果に満足しながらも、‘華麗なサッカー’をR・マドリーが行うまではもう少し時間が必要だと話した。また、カペッロ監督との関係についても語り、自身が30ゴールを決めることを約束した「僕は満足しているよ。チャンスが巡ってきたしね。しかしR・マドリーは偉大なチームだし、サポーターは全てを期待している。もし試合内容に満足しないことがあったとしても、そういう時は結果を重視して欲しい。ただ、もうすぐスペクタクルな内容を見せることができると思う」「本当の事を話すと、僕は彼が何を言おうと特に気にしないよ。ただ、何が迷惑かって、報道に使われる内容だよ。僕らは体重に関してコントロールしているし、知りたい人には全て情報をオープンにしているよ」と語った。「このことについて、いつも僕の口から聞きたいと思っているようだけど、サッカーについてしか話さないよ。みんなはゴールを決めると凄いと騒ぎ、ゴールを決めないと太っているからだと騒ぎ立てる。僕は自分のするべき事に集中し、より良いものを目指しているだけさ」と話し、「プレーする時は、ゴールを決めるよ」
●レオ・メッシの父親であり代理人のホルヘ・メッシ氏は、商業的な目的でミラノに滞在しているが、インテルがメッシ獲得に強い関心を示しているということと結びつけ、イタリアメディアが大きく騒いでいることに対し、うんざりしているようだ
●フランスの日刊紙‘ル・モンド’が報じたバルセロナレアル・マドリーバレンシア、ベティスの各クラブと自転車競技界での輸血ドーピング騒動の中心人物であるエウフェミアーノ・フエンテス医師との関係について衝撃が走るスペインフットボール界だが、名前を挙げられた各クラブは困惑とともに事実無根であると真っ向から否定する声明を発表している。
バルセロナ:「我々はこの報道を完全に否定する。フエンテス医師と関わった事実もないし、過去にフエンテス医師に仕事を依頼したこともない」。
バレンシア:「唯一言えることは、バレンシアはこれまでに一度たりともフエンテス医師と関係をもったことはないということだ。それに我々はドーピング問題を抱えたこともない」。
ベティス(トマス・カレーロ医師):「私がベティスのメィカルスタッフ責任者となって以来、フエンテス医師とは一度も関係を持ったことはないし、あの報道はまったくのデタラメである」。
レアル・マドリーは、クラブのオフィシャルサイトを通じて、フエンテス医師との直接的、間接的な関わりを完全に否定。「104年のクラブの歴史の中で、メディカルサービス部門で汚点を残すようなことはなく、スポーツ面に置いて価値のある人物を登用し、フェアプレーの精神を守ることに務めてきた」とし、クラブやソシオ、ファンの利益を守るためにも、しかるべき法的手段を取ることも辞さない構えも見せている。
チェルシーとの対戦を日曜日に控えるアーセナルのGKイェンス・レーマンは、元チームメイトのDFアシュリー・コールに対し、激しい罵声を浴びせるようサポーターに求めた。「日曜の試合で、アシュリーが罵声を浴びるかって? そりゃ、もちろんだ。彼はウチのサポーターから、厳しく非難されるだろう。フットボールとはそういうものだし、それで試合もよりエキサイティングになる。逆に、ブーイングがなければ、アシュリーはアーセナルにとって重要な選手じゃなかったことになる。けど、実際彼はウチの中心選手だったし、多くの功績も残している。だからこそ、サポーターは過激に反応するはずさ」
●第14節を終えたセリエAに新たな事実が判明した。FKの名手が減っている・・・。7日付のガゼッタ・デッロ・スポルト紙は“直接FKによるゴール数”が減少傾向にあると訴えている。記事によると、今季のセリエA総得点は「349」で、直接FKによる得点はわずかに「13」。総得点に占める割合は3.72%、例年になく寂しい結果とのこと。
●ステファノ・ファリーナ審判が近日発売される“ラルビトロ(審判)”誌のインタビューで審判を取り巻く現状について語っている。ファリーナ審判は「我々審判員に対するマスコミの批判は受け入れがたいものがある。イタリア審判委員会の使命を全うすべく、私は日々努力を重ねているつもりだ。審判も人間であり、判定を誤ることもあるが、審判は本来尊重されるべきだ」
●フィレンツェ近郊のイタリア代表合宿地コベルチャーノで11日、2005-2006年ゴールデン監督賞およびシルバー監督賞が発表される。この賞は通常セリエA、B、Cで活躍した監督に贈られるが、今年はドイツW杯でイタリア代表を優勝に導いたマルチェロ・リッピ元代表監督とスタッフ陣(チーロ・フェラーラ、クラウディオ・ガウディーノ、ナルチーゾ・ペゾッティ、ビト・スカーラ)に特別ゴールデン監督賞が贈られる事が決定している。
ASローマ専属医師マリオ・ブロッツィが6日、ASローマ主将フランチェスコ・トッティ(30)の怪我の状態について語った。ブロッツィ医師によると「3日からフランチェスコは足首に痛みを抱えている。完治するかどうかは9日、または10日にならないと分からないが、私の知るフランチェスコであれば、片足でもプレイしてみせるだろう。伝統のダービー戦(10日に行われるセリエA第15節対ラツィオ戦)で彼が出場しないなんて考えられないからね」
●アンドリー・シェフチェンコ(30)が7日、イングランド“The Guardian”紙の取材で古巣ACミランに戻る意思がある事を明かした。今季移籍を果たしたばかりのシェフチェンコは「チェルシーを自分の家のように感じており、もう長年暮らした場所のように愛着もある。しかし、残念ながら自分のプレイでモウリーニョ監督を満足させる事は出来ないようだ。各紙で自分がACミランにレンタル移籍するのではと報道されているが、その事についてはまだクラブ幹部と一切話し合っていないし、まだ彼らもどうするか決定していないだろう。もしレンタル移籍が実現するのであれば、自分はそれに従う準備は出来ている」
ASローマMFロドリゴ・タッディ(26)が6日、会見に応じ、4日後に迫ったラツィオとの“ローマ・ダービー”に向ける意気込みを語った。ブラジル人タッディは「我々選手にとって、ダービーは重要な一戦。相手チームに対する尊重を忘れずに、我々の力を出し切りたい。3ポイント獲得出来れば最高だ。昨季の自分のゴール?もはや過去の事であり、今は次のゴールを狙うだけだ。常に言っている事だが、自分のベストゴールは過去のゴールの中にはなく、次に生まれるゴールだと思っているから。同僚を助ける為にも毎試合ゴールかアシストを狙っている。まだ4日間の準備期間があるので集中して練習に励みたい。ラツィオ?素晴らしいチームなので、我々が勝利を掴む為には最高の試合をする必要がある。トッティ?出場出来る事を願っている。もしトッティが出場出来なくても、彼の代わりに出場する選手をサポートする」
●ユベントスMFマウロ・カモラネージ(28)が7日、2日後に迫ったセリエB第15節対ベローナ戦に向ける思いを語った。祖国アルゼンチンからセリエAベローナに移籍した6年前を振り返ったカモラネージは「ベローナに移籍した最初の6ヶ月間は色んな面、特にコミュニケーションで厳しかった。当時はイタリア語が全く話せず、同僚に助けられる日々が続いた。ベローナは自分にとって初の欧州クラブだったし、町も素晴らしかったのでベローナでの生活は今でも良い思い出となっている。
●ボルトンのサム・アラーダイス監督は、移籍が噂されているイバン・カンポについて「少なくとも今季はボルトンを離れる可能性はない。どこからもオファーは受けていないし、夏に契約を更新したばかりだ。彼はイギリスで、そしてボルトンでプレーできて嬉しく思っているようだ」と同選手を手放す気がない旨を明確にした
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.