FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/11/30UEFA情報
バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、2009年までとなっているフランク・ライカールト監督との契約の延長を希望した。また、ACミランやオランダ代表が興味を示しているというライカールト監督の将来について、心配していないと述べた
レアル・マドリーは26日に勝利したバレンシア戦後休養。28日午前に再開した練習でMFデイビッド・ベッカムとFWロナウドが復帰し、通常のメニューをこなした。しかしDFファビオ・カンナバーロ、イバン・エルゲラ、MFグティは肉体的問題から欠席
バレンシアの怪我人が止まらない。モリエンテスは次節対レクレアティーボ戦を前節のレアル・マドリー戦に続き欠場することが決まった。「出場するのは無理だろう。先週よりも怪我部分の違和感が大きくなっている。5日が経過した訳だが、その内3日間は休養したけど、痛みがぶり返してきているので敵地ウエルバに行くのは不可能だろう」
レアル・マドリーFWのラウルは今季20ゴール決めると宣言し、また自分にとってバロンドールを獲得することは重要な事ではない、と語った。個人的にも試合でも今がとても充実していると答えたラウルは、チーム状況は良いしタイトルに向かって戦う姿勢が見える、と語った。「昨シーズンはうまくいかなかったけど、今の状況には満足しているよ、あとは次の代表戦にアラゴネス監督が僕を呼んでくれるといいけどね」と代表復帰を熱望
●バルサのラポルタ会長は、FIFA最優秀選手を2年連続で獲得し、今年もカンナバーロ、ジダンと共に3人の候補の中に入ったロナウジーニョについて、「ロニーは2年連続でFIFA最優秀選手になった。誰もが知っているように彼は世界一の選手である。今年も候補に入るのは当たり前だと思うし、賞を獲るに値する選手だ」
バルセロナが来シーズン開幕前となる2007年夏(8月)に、日本ツアーを計画していることが分かった。その計画ではアジアツアーとして日本で2試合、北京で1試合の計3試合を行う予定
●ウェストハムのFWカルロス・テベスに屈辱的な“お仕置き”が課された。先週末のシェフィールド・ユナイテッド戦で、途中交代に怒ったテベスは、試合終了を待たずにスタジアムから姿を消した。しかし、この行為を反省した22歳は、月曜日のトレーニングで、アラン・パードゥ監督とチームメイトに謝罪。無断帰宅に対する罰則の内容を、チームメイトに委ねていた。当初は罰金が提案されていた罰則内容だが、地元病院への1000ポンド(約22万円)の寄付に加え、最終的にウェストハムのメンバーがテベスに課したのは、「トレーニング中にブラジル代表のユニホームを着用する」というもの。
●ASローマ監督ルチャーノ・スパレッティが28日、現在2位のASローマが首位インテルに勝る点について言及した。スパレッティ監督は「我々の最大の武器はコンビネーションの良さ。これを生かし続ける事が出来れば、インテルと最後の最後まで優勝争いを展開する事ができるだろう。コンビネーションの良さを自覚し、どういうチームであるか?という事実を常に把握しなければならない。結果が出る時とそうでない時もある。だが、チーム全体のコンビネーションが機能していれば、大きく崩れる事は決してないだろう」
●昨季得点王のフィオレンティーナFWルカ・トニ(29)が28日、自身のコンディションについて明らかにした。現在、左足に負傷を抱えるトニは「今は痛みと戦いながらプレイを続けている状態だ。少しプレイしただけで痛みに襲われる。この状況ではプレイを続けながら早期完治を試みることは困難だろう。いつこの痛みが去ってくれるのかも分からない状態だが、近い将来100%のコンディションで90分フル出場出来る日がくると信じている」
●ユベントス会長ジョバンニ・コボリ・ジリが28日、去就問題が注目される守護神ジャンルイージ・ブッフォン(28)について言及した。今季から会長職に就いたコボリ・ジリは「ブッフォンは代えのいない貴重な存在。我々の使命はブッフォンがユベントスに残留するよう働きかける事だ」
●サンプドリアFWフランチェスコ・フラーキ(31)が29日、現在国内リーグ戦14位と低迷の続くサンプドリアのチーム状態について語った。厳しいシーズンを強いられる中、フラーキは「現状では欧州CLやUEFA杯出場権を獲得する事は難しい。むしろ、残留争いに照準を絞って戦わなければならない。今季好調なリボルノやシエナから学ぶべき事は多いだろう。彼らの方が我々より勝っている」
●「自分にとって、ゴールを決める事が何よりも重要だった。FWが344分間もゴールから遠ざかるなんて本当に許されない事だからね」とACミランFWリッカルド・オリベイラ(26)が29日、前日行われたイタリア杯対ブレーシャ戦での自身の得点を振り返った。
●「ジェノバへは勝ちに行く」とユベントスDFジョルジョ・キエリーニ(22)が29日、2日後に迫ったセリエB第14節対ジェノア戦に向ける意気込みを語った
インテルはコッパ・イタリアのベスト16第2戦(第1戦は1-0)でメッシーナに4-0の勝利を収め、準々決勝へと進んだ
●ローマはコッパ・イタリアのベスト16第2戦に快勝。2-0でトリエスティーナを下して準々決勝へと駒を進めた
●UEFAカップ・グループAの第3戦でマッカビ・ハイファと対戦したリボルノは、あと一歩のところで勝利を逃してしまった。最終スコアは1-1。
●パルマはアウエーのランスでUEFAカップ・グループDの第3戦を戦い、2-1で勝利を収めた
●メッシーナを4-0で破ってコッパ・イタリア準々決勝進出を決めた後、インテルのロベルト・マンチーニ監督は次のようにコメントしていた。「チームのほぼ全体を変えてもうまくいった。しかし、最初の20分間は相手の方が良かった。ディフェンスはよく注意できていたが、効果的な攻撃ができなかった。流れが変わったのは先制してからだ。今はすべてが順調に進んでいる。選手をほぼ完全に入れ替えても良いプレーを見せることができた」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.