UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/11/25UEFA情報
バルセロナのライカールト監督は24日、ビジャレアルとの一戦を翌日に控えて会見に臨み、チャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ突破を優先するあまりに、リーガの試合でモチベーションが落ちることが危惧される現状に警鐘を鳴らした。「われわれは現在、リラックスできるような状況ではない。結果は出ているのでチームの働きには満足している。ただ、今はチームとして成長段階にあり、まだ向上の余地はある。よって、今はチームとしてもモチベーションの欠如を話すような段階ではない」
バルセロナに所属するメキシコ出身のマルケスが24日、スペイン国籍(2重国籍)を取得した。これによって、エトー、ロナウジーニョとともに埋めていた3人の外国人枠から外れ、チームに1人分の外国人枠が空くことになった。
●26日に行われるリーガ第12節、バレンシアレアル・マドリーの一戦では、両監督の10年ぶりの再会にも注目が集まっている。10年前の1996-97シーズン、レアル・マドリーの監督にカペッロが就任した当時、バレンシアのキケ監督は右サイドバックとしてレアル・マドリーでプレーしていた。しかしシーズン開幕前のスイス合宿で、カペッロ監督はキケを戦力外にした。フィジカル的な問題を抱えていたキケはカペッロ監督が要求する厳しいトレーニングを消化できず、戦術確認のために行われたゲーム形式のトレーニングで痛みを訴えるキケに対し、カペッロ監督は「お前はどこのポジションでプレーする選手なんだ?」と冷たく一言。その後、カペッロは右サイドバックの補強をクラブに要請し、キケはカペッロに追い出される形でサラゴサへと移籍している。
レアル・マドリーのラモン・カルデロン会長にとってACミランのカカーを獲得という‘夢’はそう簡単に諦めきれるものではないようだ。先日にも「カカーのことは気に入っているし、彼がレアル・マドリーに来たいというのであれば、我々はいつでも歓迎する」と明言。カカー獲得への思いを改めて伝えている。放映権譲渡で11億ユーロという巨額の資金を手に入れたレアル・マドリー。この資金の一部を使ってカカー獲得に乗り出すつもりであるようだ。1億4000万ユーロ(約211億円)を費やす用意があると言う。
バレンシアのFWモリエンテスは、メスタージャスタジアムで行われるリーガ次節の対R・マドリー戦について、「日曜日の試合は何が何でも勝ちたい。相手がR・マドリーだからとか特別な試合だというのではなく、普段の食事と同じくらい勝ち点3が必要だ。状況を考えても勝ちは必須だし、R・マドリーは僕達よりも上の順位に居るからなお更だよ」と語った
●チャンピオンズリーグ、オリンピアコス戦で右太腿を痛め、レアル・マドリー戦への出場が絶望的となったFWダビ・ビージャに続き、バレンシアはフェルナンド・モリエンテスまでもが負傷するというアクシデントに見舞われている。金曜(24日)午前の練習の第1部がちょうど終わる頃に右太腿の裏側に痛みを訴えたモリエンテスは、練習を途中で切り上げ、日曜日(26日)のR・マドリーとの大一番までに治る見込みがあるかどうか検査を受けるために練習場を後にした。
●左太腿の肉離れで戦線から離れているバルセロナのFWハビエル・サビオラだが、リハビリも順調に進んでおり当初の予定より早く復帰できる可能性が出てきた。
●U-21欧州選手権の組み合わせが決まる
<A組(開催地:ヘーレンフェーン、フローニンゲン)>
オランダ、ポルトガル、ベルギー、イスラエル
<B組(開催地:アーネム、ナイメーヘン)>
イングランド、セルビア、イタリア、チェコ
●イタリア1部リーグ(セリエA)、インテル・ミラノの元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ(34)が1、2年以内の現役引退を考えていることが24日、分かった。AFP通信によると、ポルトガルの経済紙に「間もなく。1年か2年以内に」と語ったもの。引退後は監督など現場にとどまる考えはなく、投資家に転身して、ホテル業や不動産、ファッション界などへの進出に関心があるという
●フランスの名門パリ・サン・ジェルマンのサポーターが23日、スタジアム周辺でフランス人警官によって射殺されたことが判明した。UEFA杯に出場中のパリ・サン・ジェルマンは同日夜、イスラエルのハポエル・テル・アビブとホームで対戦、2-4の敗戦に終わっていた。警官はパリ・サン・ジェルマンサポーターに殴る蹴るの暴行を受けていたイスラエル人サポーター救出のため2度発砲したとの事で、一発がパリ・サン・ジェルマンサポーターに命中した模様。
●リボルノの若き守護神マルコ・アメリア(24)を熱望するのはACミランだけではなさそうだ。リボルノ会長アルド・スピネッリによるとイングランドの強豪クラブも代表GKであるアメリア獲得を狙っているとのこと。スピネッリ会長は「仮に1月の移籍市場でのアメリア獲得を願うのであれば、選手とともにじっくりと検討するつもりだ。我々には多くの選択肢がある。例えば今季終了後の獲得を狙うイングランドの強豪クラブの存在も」
●セリエA第13節の最注目カードとなるパレルモ対インテルの試合、37000人収容のレンツォ・バルベラ・スタジアムはすでにチケット完売状態となった。シチリア州都パレルモで日曜夜に行われるこの試合はロベルト・ロゼッティ主審が裁くことが決定している。
●現在首位を走るインテルにネガティブなニュースが舞い込んだ。今夏の移籍市場でASローマから獲得したフランス人MFオリビエール・ダクール(32)が負傷により離脱、復帰まで最低1ヶ月を要する事が判明した。
●26日夜に行われるセリエA第13節、パレルモ対インテルの頂上対決を前に、インテルDFファビオ・グロッソ(28)が民放局“ITALIA 1”に出演、古巣対決への意気込みを語った。「快進撃を続けているパレルモの事を嬉しく思う。だが、日曜日は対戦相手となる以上、自分の所属するクラブのことを考えるべきだろう」
●パレルモ会長マウリツィオ・ザンパリーニが首位インテルとの頂上対決となる26日のセリエA第13節を大胆予想した。「日曜日は我々が4-1で勝つよ」
●25日に行われるメッシーナとのセリエA第13節を前に、ACミラン監督カルロ・アンチェロッティが意気込みを語った。ここ4試合(3連敗後に1引き分け)勝利がなく、厳しいシーズンを過ごしているACミランを率いるアンチェロッティ監督は「勝利のために出来る事を全てするだけだ。今からクリスマス(休暇)までは一つでも多く勝利を挙げなければならない。確かに今は厳しい時期だが、乗り越える強さを持たなければならない」
●ユベントスを支えるアニェッリ一族の御曹司でFIAT副社長のジョン・エルカン氏がユベントス再建に全力を尽くす事を改めて約束した。先日のユベントス最高幹部ジャン・クロード・ブランのユベントス再建発言に同意を示したとのこと。また、セリエB第13節対レッチェ戦を前にエルカン氏は「(攻撃的発言が目立つ)ゼーマン監督?ユベントスの敵か味方かは分からないが興味のある人物だ。まぁピッチ上で立ち向かうよ」
●ブンデスリーガは24日、1試合が行われ、首位のシャルケはボッフムに2-1で競り勝ち、勝ち点を29に伸ばした。
●イングランド代表のスターFWウェイン・ルーニー(21)は24日、英マンチェスターの警察で、暴行事件の事情聴取を受けた。 ルーニーは10月15日早朝に同市内のナイトクラブの外で、パパラッチのカメラマンを殴り、けがを負わせた疑いが持たれ、任意の出頭要請を受けていた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。