UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/11/24UEFA情報
●ワールドカップ・ドイツ大会後に引退した元レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダンが22日、引退後初めてサンティアゴ・ベルナベウを訪れ、「R・マドリーはこれからもっと良くなる」と伝え、R・マドリーでの成功を懐かしんだ。再びベルナベウに戻ったジダンは満足そうな表情を見せ、「昨シーズンの最後の試合、ビジャレアル戦以来初めてここに戻ってきた。R・マドリーでの時代のことは多くの喜びと共にいつも僕の脳裏にある。良い思い出がたくさんつまっているからね」とコメント。そして、「このクラブの一員としてプレーしたことに満足しているし、大きな誇りだ。多くの人がいつも僕に大きな愛情を示してくれた」
●22日に行われたチャンピオンズリーグ、対オリンピアコス戦で右大腿の後部に痛み訴え、前半21分に負傷退場したバレンシアのFWダビ・ビージャだが、次節のリーガ、対レアル・マドリー戦への欠場が濃厚となった。翌23日午前に精密検査を受けた結果、ビージャは右大腿骨二頭筋の筋繊維を1/3ほど痛めていることが確認されたとクラブのオフィサルサイトで伝えられた。つまり、ビージャのケガは筋繊維の断裂ではなかったものの、理学療法による治療が必要とされ、約10~15日間戦線を離れることになる
レアル・マドリーのFWロナウドは今月初めから左ひざ外側の捻挫に苦しんでいるが、26日のバレンシア戦に招集される可能性がわずかながらある。
レアル・マドリーのMFグティはファビオ・カペッロ監督からの信頼を喜び、同監督の就任が残留のカギになったとした。「特別なボーナスはない。監督とクラブに信頼してほしいだけだ。今は理想的な状況で、とてもうれしい。僕を信頼してくれ、先発で使ってくれるカペッロ監督の就任はとても重要だった」
●足首を痛めているためチャンピオンズリーグ、対オリンピアコス戦を欠場したバレンシアのビセンテだが、ケガは順調に回復しておりチームに合流し練習を再開した。
●15日に行われたユーロ2008予選、対キプロス戦で右膝を痛めたベティス所属のドイツ代表MFダビド・オドンコールは、セビージャ市内の病院で精密検査を行った結果、右膝膝蓋骨の軟骨が剥離しており、全治3ヶ月と診断された。27日にも母国ドイツに戻り、手術を受ける予定だ。
●R・マドリーのデイビット・ベッカムは、雑誌‘DT’のインタビューでタイトル奪取にかける意気込みを語った。「R・マドリーのメンバーとしてチームに貢献しタイトルを取りたい。もうタイトルを何も取れないシーズンを過ごすのは懲り懲りだ。リーガやCLで優勝したチームメイトが言ってたけど、その時の感動は忘れられないそうだ。僕もそんな体験をしたい。強豪揃いのCLで優勝するのは大変なのは分かっているけど、R・マドリーはいつも優勝候補の一つに数えられている。いい選手が揃っているし、モチベーションも十分だ」
バレンシアのモリエンテスが、26日に行われる古巣レアル・マドリーとの一戦に向け現在の心境を語った。「目標は勝ち点3で、食事と同様に今のわれわれにとにかく必要なものだ。チームに今必要なのは勝利であり、それがマドリー相手となれば、その喜びは最高のものとなるだろう。レアル・マドリーでは8年を過ごし、彼らとの対戦は特別なもの。ただ、それはあくまで試合前の段階であって、キックオフの笛が鳴れば、強い相手、そして強い守備陣を前に、ただ1つの試合になるだけだ」
●ハビエル・サネッティは、まだまだ先を見据えて戦い続ける。先輩であるジュセッペ・ベルゴミの117試合出場の記録が目標となるわけだが、この記録が破られる日が来ることはベルゴミ自身も覚悟しているだろう。11月22日、サネッティはチャンピオンズリーグ第5節のスポルティング・リスボン戦で、欧州カップ戦通算100試合出場を果たした。9月27日の第2節、バイエルン戦でインテルの選手として500試合出場を飾ったばかりだが、またしても素晴らしいレコードを手にしたことになる。
●今季低迷を続けるパルマに最低1ヶ月、司令塔ドメニコ・モルフェオ(29)が戦線から離脱する事が判明した。パルマの誇るファンタジスタは先日のセリエA第12節、対リボルノ戦(3-0リボルノ勝利)での負傷が響いているとの事
●欧州CLグループリーグ第5節、ホームでの対スポルティング・リスボン戦をFWクレスポのゴールにより1-0勝利で飾ったインテルは、バイエルン・ミュンヘンに続き「B」組突破を決めた。2連敗後の3連勝で巻き返しに成功したインテル監督ロベルト・マンチーニは「選手達が素晴らしかったよ。このグループを考慮すると、決勝トーナメント進出を果たした事にまずは意義がある。抽選でどうなるかなど誰にも分からないが、グループリーグ最終試合の対モナコ戦での勝利も可能だ。これからグループリーグ首位の座を狙う」
●21日に行われた欧州CLグループリーグ第5節、対AEKアテネ戦で負傷交代を余儀なくされたACミラン守護神ネルソン・ヂダ(33)の症状が思わしくない事が23日、判明した。ACミラン公式サイト上に載せられた専門医の診断結果は「ヂダは左膝付近の大腿4頭筋を捻っている」との事。ブラジル人GKの復帰まで2、3ヶ月を要することになると発表
●23日に行われたUEFA杯グループリーグ「H」組、第3節フェネルバフチェ対パレルモの一戦は3-0でホームのフェネルバフチェが完勝
●23日に行われたUEFAカップのグループH第3節、フェネルバフチェはパレルモをホームに迎え、3-0で勝利した。フェネルバフチェのジーコ監督が試合後に「今日は試合の最初から最後まで完ぺきな戦いを見せた」と語ったように、終始フェネルバフチェが試合を支配
●UEFAカップのグループリーグは第3節を終え、トッテナムとニューカッスルがそれぞれバイヤー・レバークーゼンとセルタを破って突破を決定した。イングランド勢の独り勝ちに近い状況である
●国際サッカー連盟(FIFA)の緊急委員会は、政府の介入を理由にイランサッカー協会(IRIFF)の活動を禁止する処分を言い渡した
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。