UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/11/07UEFA情報
●アントニオ・カッサーノがカペッロ監督への侮辱発言でチームから隔離されて1週間が経った。一刻も早くこの事態を収拾したいレアル・マドリーのミヤトビッチ、スポーツディレクタ?(SD)は‘カッサーノの謝罪’を望んでいるが、この願いはカッサーノに届きそうもない。カッサーノはクラブやカペッロ監督に対し謝罪するどころか、先週にはイタリアのテレビ番組で、「ローマを離れたのは間違いだった。歩いてでもローマに帰りたい。今僕は世界最高のクラブでプレーしているけれど、ローマを出るなんていう大きなミスを犯してしまった」と古巣ASローマへの想いを未練たっぷりに明かす始末。これに対しミヤトビッチSDは‘Corriere dello Sport Stadio’ローマ版でカッサーノに一つの答えをつきつけた。「もし、カッサーノがレアル・マドリーの選手として誇りを持てず、うまくやっていけないのであれば、ASローマや他のクラブと話し合うつもりでいる。人にはそれぞれ夢があるし、それは当然のこと。カッサーノは我々と契約しているが、レアル・マドリーは世界でも有数のクラブであり、我々が望んでいるのは、このユニフォームを着てプレーすることに喜びと誇りを持てる選手だ。それに、3シーズンぶりのタイトルを目指す我々にとって今大事なのはチームが一丸となること。それができないのであれば、彼の移籍を視野に入れるし、彼に興味を示すクラブと話し合う用意はある」。
●国際プロサッカー選手協会(FIFPro)が主催する2006年の年間最優秀選手にバルセロナのロナウジーニョが選出された。昨年に新設されたこの賞は世界40カ国4万3000人のプロサッカー選手の投票によって決まり、ロナウジーニョは2年連続での受賞となった
●米国MLS(メジャーリーグサッカー)、ロサンゼルス・ギャラクシーのアレクシス・ララス会長は、英国の放送局‘BBC’に対し、レアル・マドリーのMFデイビッド・ベッカムに興味があるとした。まだ合意には達していないが、ベッカムはR・マドリーと契約延長の最終交渉を行なっている
●バレンシアの医療部門によると、DFエミリアーノ・モレッティは磁気共鳴装置による検査の結果、左ひざ内側靭帯部分損傷により、全治3か月と診断された。「網状組織の半分を損傷」と説明された
●ビジャレアルのFWフォルランは、ミスをしたわけでもないのにブーイングを浴びさせてくるサポーターについて「確かにゴールを外してしまう事はあるが、ブーイングを受けるとプロのサッカー選手として否定されているように感じてしまう」と遺憾を表した。さらに「ピッチに出る時は常にチームのため全力を尽くしているのに、ブーイングとは納得いかない。頑張ったってうまくいかない事だってある。そういう時にブーイングをされると、その後克服するのが難しくなる」と心境を伝えた
●先日ベルナベウでR・マドリーを破ったセルタのアンヘルは「この事は一生忘れないだろう。チームも自信がついたのが、ビーゴへの機中で既に感じとられた」と喜びをかみしめた
●土曜日(4日)に行われたデポルティーボ戦後、月曜(7日)午後の練習まで休養日となったバルセロナ。休養明けとなった本日の午後の練習に、父親が亡くなったためデポル戦を欠場したキャプテン、カルラス・プジョールが復帰し、スペイン国王杯、対バダロナ戦に備えてチームメイトらとともに汗を流した
●5日、ホームでセルタに敗れたR・マドリー(1-2)。カペッロ監督にとって、サンティアゴ・ベルナベウスタジアムで負けるのは、10年前にチームを率いた当時から数えても公式戦初の敗戦で、なんとそれまで30試合ホーム無敗だった。
●国王杯ベスト32第2レグ、対レバンテ戦(7日)で第1レグの1ゴールをひっくり返さなければば敗退が決まってしまうアトレティコ・マドリー。アギーレ監督は、大事なレバンテ戦を前に、「明日は無い。勝つか死ぬかだ。全力で戦う。なんとか、1ゴールをひっくり返し勝つしかない。それが我々の目標だ。まずは、自分達が自信を持ち、グランドで勝ちたいという意志を前面にだして戦うことだ。国王杯は、我々にとって大事な大会だ。リーガは、まだ29節もある。もちろんリーガは大事だが、国王杯は、一発勝負。負ければ明日は無い」
●先日、マンチェスター・ユナイテッドの監督就任20周年を迎えたアレックス・ファーガソン監督。そんな前人未到の長期政権を誇る老将も、2002年に監督引退を発表したことがあった。しかし、ある人物との会談をきっかけに、マンUで指揮を執り続ける決断を下している。その人物とは、元イングランド代表のボビー・ロブソンだ。バルセロナやニューカッスルで監督を務めた73歳のロブソンは、ファーガソンに続投を訴えた4年前を、こう振り返る。「もう4年も前の話だ。アレックスの将来について、2人で話をしたんだ。私は彼にこう言った。『君はオールド・トラフォードで一時代を築いた。それを誰かに譲ってしまっていいのか? 君が続けるべきだ』とね。アレックスは素晴らしい仕事をしている。それは今後も続くはずだ」
●セリエ第10節が行われた5日、フィオレンティーナはASローマと対戦したが3-1(アウェイ)であえなく敗戦。試合後フィオレンティーナ監督プランデッリは「後半に入り、我々の見せ場は全く消えた。単純なミスが高く付く結果となった。厳しい試合を制するためには選手の個性が重要だ、という事を今日改めてASローマに教えられた。彼らにはおめでとうと言いたい。オリンピコ・スタジアムは一種独特なスタジアムで、ここぞという時に(ホームの)選手達に力を与える」とコメント
●セリエA第10節が行われた5日、ASローマはホームでフィオレンティーナと対戦し3-1の勝利を収めた。試合後ASローマ監督スパレッティは激戦を制した選手達、特に主将フランチェスコ・トッティ(30)を手放しで絶賛した。スパレッティ監督は「今日の試合でトッティは“要”だった。本来彼の仕事ではない部分もサポートし、最高の試合を展開してくれた」と賞賛
●「ヨーロッパをはじめ、アメリカからも監督要請オファーを受けたが、イタリア国内からは今のところ何も話が来ていない」と前イタリア代表監督マルチェッロ・リッピが6日、ヨーロッパ監督会議が行われたチェコの首都プラハで語った。リッピは続けて「現時点でコンタクトのあるクラブか、今後にコンタクトをとるクラブかは分からないが」とクラブ名の明言は避けたが「来季から必ず監督業に復帰する」と宣言
●パレルモ会長マウリツィオ・ザンパリーニが6日、ACミランに対する誤審問題について語った。ザンパリーニ会長は「天使が我々の大地に舞い降りて、天罰を下しているようなものだ。我々が何年もの間悩まされ続けてきた“誤審問題”をACミランは今年になって初めて味わっている。ACミランは現在、精神的ペナルティも含めて闘っているんだろう」と痛烈に批判
●激しいマークが持ち味のACミランMFジェンナーロ・ガットゥーゾ(28)が5日の対アタランタ戦で左膝を捻っていたことが判明した。敵地ベルガモで敗戦に終わった翌6日、ACミランのメディカルスタッフが明かしたもの。同スタッフによると翌日まで様子を見守ってから精密検査を行い、完治まで何日かかるか判断する方針と発表
●いつの間にか2位に浮上してきたシュツットガルト。次節のホームゲームで勝ち点3を確保し、さらにニュルンベルクでブレーメンが敗れると、2004年10月以来の首位となる。相手は、成績不振とけが人続出で傷だらけとなってしまった15位のハンブルガーSVだ
●前節、コットブスにホームで引き分け、連勝が6でストップしてしまった首位ブレーメン。7日に行われる第11節は、9位ニュルンベルクとアウエーで対戦する。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。