UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/11/06UEFA情報
●リーガ第9節、カヌーテ(PK)、アドリアーノのゴールでオサスナに2-0で快勝したセビージャが勝ち点を21に伸ばし、前日(4日)のデポルティーボ戦で引き分けに終わったバルセロナを抜き去り首位に浮上した。また、ホーム、サンティアゴ・ベルナベウでセルタに敗れたレアル・マドリーは今シーズン初黒星を喫し4位に後退した。
●4試合連続無失点と不調のアトレティコ・マドリー。アギーレ監督は、マジョルカ戦の翌日(5日)、レギュラー組みのクールダウンと共に、フラードとアグエロにフォワードの特別練習を与えた。アトレティコ・マドリーは、2日後に国王杯ベスト32第2戦、対レバンテ戦を控えている。マジョルカ戦で腰を強打したパブロは、クールダウンには参加せず、医師の診断を受けた。
●誰も(第7節に)レアル・マドリーがバルセロナに勝った後、こんな下降曲線を描くとは思ってもいなかっただろう。R・マドリーは永遠のライバルに勝った後、回転降下している。セルタは、4季連続で無冠に終わらないようチャージをしないといけないようなR・マドリーの非力を暴き出した。セルタが2季連続で、サンティアゴ・ベルナベウでR・マドリーに勝てたのは、どんなに試合後カペッロ監督が「十分やった」と述べても、実際はR・マドリーが全くプレーできてなかったからだ。
●レアル・マドリーのファビオ・カペッロ監督は、FWロナウドとFWルート・ファン・ニステルローイをしばらく2トップで起用しながらも1-2で敗れた5日のセルタ戦後、「初めて十分やれた」と前向きに述べた。また、後半は進歩があったとし、2失点についてのみ「プレゼントだった」と怒りを表した。「私たちは2点をプレゼントして負けた。その後にもクロスバーへのシュートも撃たれたが、私たちにチャンスはいっぱいあった。しかし、それをいかせなかった。これがサッカーだ。私たちはいい試合をしたし、そのことはチームのみんなに伝えた。初めてチームが十分にやったと思う。チャンスはあったが、2点をプレゼントしたのが痛かった」
●アトレティコ・マドリーDFのパブロは、リーガ、対マジョルカ戦で腰を強打したため、次回国王杯ベスト32第2戦、対レバンテ戦を欠場することになった。
●セビージャのフアンデ・ラモス監督はリーガ首位に立ったことを特別視するわけでもなく、好奇な事として片付けた。「現時点で我々は、他のどのチームよりも勝ち点で多いことは確かであり、それはそれで価値のあることだと思う。だけど、最終的に我々が優勝すると保証できるものではない。これは瑣末なことであり、それ以上の重要性は無いと思う」と冷静に答えた。ただ、「今の順位は素直に嬉しいし、サポーターにとってもクラブにとっても良いことだと思う。サポーターの観点から見ても勝利と順位を味わえるし、とても楽しむことができるだろう。我々、プロフェッショナルな観点から見たらシーズンは長いことを十分分かっているし、このようなよい状態を続けることが必要だということも理解している」
●セルタ戦で今季初先発となったロナウドは、サンティアゴ・ベルナベウのファンに拍手で迎えられたことは「うれしい」としながらも、「ハッピーじゃないね。だって僕たちは負けてしまったのだから。僕個人のことは問題じゃないんだ。僕はレアル・マドリーの選手だし、試合に負けるのは悔しい。スタメンに復帰できたことが少しうれしいだけ」と試合後に明かした。
●対エスパニョール戦の後、バレンシアのキケ・フローレス監督は、試合終了間際にデ・ラ・ペーニャとの接触プレーで怪我をしたDFモレッティについて、「怪我は重傷のようだ。私の推測が間違っているといいのだが。怪我人を多く抱えて厳しい状況だ」
●元ブラジル代表の名手で、Jリーグの鹿島アントラーズでもプレーしたレオナルドが、日本が生んだ世界的プレーヤー、セルティックの中村俊輔について大いに語った。「中村は日本のサッカー界が生んだ最高のタレントのひとりだと思う。彼はどのチームでも素晴らしい仕事をしてきた。日本でもレッジーナでも。イタリアでは目立った活躍はしていないと言う人もいるけど、私はそうは思わない。彼はイタリアでしっかり足跡を残したと私は見ているよ。レッジーナが地方の弱小クラブであり、彼にとって非常に難しい仕事を任されていた事実は考慮すべきだろう。レッジョ・カラブリアで過ごしたシーズンで、中村は存在感を十分に示していた。日本とはまったく異なる環境に単身で乗り込んできて、最初のシーズンからチームに馴染んだ。30試合以上に出場して7ゴール。決して少ない数字ではないと思う。そして現在、セルティックでも成功している。サッカー選手の資質としては、テクニック、戦術理解力、メンタルといったものが挙げられるが、彼の場合はそうした資質に恵まれているうえに、人並み以上の適応能力を持っている。日本、イタリア、スコットランドに、共通性はほとんどない。サッカーの世界では疎遠な関係の3か国と言えるだろう。彼は、そんな3か国の全てで高い評価を受けている」
●1986年11月6日の監督就任以来、20年におよぶ長期政権を築き上げてきたマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督。就任当時は降格争いに苦しんでいたクラブを立て直し、幾多のタイトルを勝ち取ってきた65歳には、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督など、同業者からも称賛の声が鳴り止まない。しかし、一方で、ファーガソンの長期政権に否定的なファンやメディアも存在する。3年連続でプレミアリーグのタイトルから遠ざかっているチームに変化を求める彼らは、指揮官の退陣を望んでいるのだ。こうした引退要求が一部で燻っている状況に、ファーガソンは怒りを隠さない。「私の引退を求めるなど、まったく恥ずべき行為だ。そんな連中にとやかく言われる筋合いはない。私はこの仕事を楽しんでいるし、全精力を注いでもいる。世の中には働くことすら拒否する連中もいる。仕事を続けたいと思う人間を非難するのは大きな間違いではないだろうか? とにかく、私の引退について、誰にも口出しする権利はない」
●4日に行なわれたプレミアリーグのフルアム対エバートンの一戦で、ファンが選手を襲撃する事件が起きた。被害を受けたのは、フルアムのMFクラウス・イェンセン。66分に決勝点を奪ったこのデンマーク代表は、得点直後にエバートンのファンが陣取るスタンド付近で、何者かが投げ込んだコインを頭部に受けたのだ。幸い大きなケガにはつながらなかったが、フルアムのクリス・コールマン監督は、この行為を「卑劣」として激怒した。「非常に残念だ。昔に比べて、ファンのマナーは格段に向上したが、今回の行為は決して許されるべきではない。コインを投げ込むなど、卑怯者のすることだ。犯人を見つけ出し、刑務所に送るか、今後一切スタジアムに近づかせない処分を与えるべきだ。近いうちに犯人が特定されるものと期待している」
●5日のトッテナム戦で1-2の逆転負けを喫したチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は試合後、不可解な判定を続けた主審のグラハム・ポールを激しく非難。監督と同様に、主審にも説明責任を負わせるべきだと語った。早くもシーズン2敗目を喫したモウリーニョは、逆転劇を繰り広げたトッテナムに称賛を送りながらも、試合を過度に演出したとして、ポール主審の判定に苦言を呈した。「我々は試合の大半を支配していたし、負けるべき試合ではなかったが、トッテナムは死力を尽くして戦った。彼らは称賛に値するチームだ。しかし、このような素晴らしい試合で、なぜポール主審が主役を演じようとするんだ? 試合は選手が主役であって、主審が注目を浴びるべき場ではない」
●5日の対アタランタ戦を2-0(アウェイ)で落としたACミランは、セリエA第10節終了時点で早くも優勝戦線から脱落した。以前から「ヨーロッパとイタリアで判定基準が極端に異なる」と訴え続けてきたアンチェロッティ監督の不安が的中した。エリア内で起きたMFグルカフへのファウルに一旦は笛を吹いたピエリ主審だが、直後に取り消し。リプレイでも主審の判定は明らかに不可解であり、MFボネーラへのファウルも含め2本のPK“略奪”されたACミランはリズムを崩し沈没。ACミランへの誤審が続く今季の展開に、紳士軍団で知られる名門の堪忍袋の緒がついに切れた。試合後アンチェロッティ監督は「また誤審にやられた。我々に対するミスは目に余る。スキャンダル判決で優遇された?知るか!!」
●セリエA第10節が行われた5日、インテルはホームでアスコリと対戦し2-0の勝利を収めた。首位キープに成功したインテルのマンチーニ監督は試合後「試合開始25分、我々の動きは遅かった。アスコリはアウェイで良い試合を行なっており、ゴールがなかなか奪えなかった。前半終了間際にゴールが生まれ、その後の展開が随分楽になった」
●インテルオーナー、マッシモ・モラッティがFWアドリアーノ(24)に対し、以前と全く変わらない信頼を置いていることを明かした。6日にインテルの会長職に復帰するモラッティは「ブラジルから帰国した際のアドリアーノはすごく穏やかな表情だったし、同僚と練習を再開する事に喜びを感じている様だった。アドリアーノは自分の意志でインテルに戻ってきた。類稀な才能の持ち主であり、このタイミングで再出発する事は彼にとっても、チームにとっても、監督にとっても喜ばしい事だ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。