FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/11/03UEFA情報
●31日のカンプ・ノウで行われたチャンピオンズリーグ、対チェルシー戦に、右膝半月板の損傷で長期戦列離脱中のバルセロナのサミュエル・エトーがスペインのTV局‘アンテナ3’のコメンテーターとしてゲスト出演した。エトーは、9月28日に手術を行い、その後は膝を固定したままの状態が続いていたが、歩ける状態にまで回復している。決勝トーナメント進出に望みをつなぐためのこの大一番に、いてもたってもいられないエトーは、カンプ・ノウの放送ブースから‘コメンテーター’という形でチームメイトの戦いを見守り、声援を送った
●今夏の移籍マーケットで、アーセナルからレアル・マドリーへ移籍したスペイン代表のFWホセ・アントニオ・レジェスが、移籍の真相を暴露。イングランドでの生活に嫌気が差したために、母国への復帰を熱望していたことが明らかになった。移籍期限の最終日に、MFジュリオ・バプティスタとのトレードでレアル入団を決めたレジェス。現在はレンタル移籍の形だが、シーズン終了後にアーセナルへ復帰する可能性を全面的に否定。イングランドの「退屈な生活」に再び戻るつもりはないと語る。「プレミアリーグで結果を残せなかったとは思っていないよ。ただ、僕のようなタイプの選手にとって、イングランドはハードすぎる。スペインとは異なるサッカー文化が根付いているからね。それに、あの国の生活にも馴染むことは出来なかった。それは僕の家族も同じ。だって、イングランドでは、午後5時になると、すべてが閉まってしまうんだ。その後は、どこにも行けないし、何もできない。本当に退屈だった。もう戻りたくないね」
●アントニオ・カッサーノがナスティック戦終了後にカペッッロ監督に対し「あんたは恥知らず」と暴言を吐き、チームから隔離されてから4日が経つが、カッサーノはカペッロ監督に謝罪する素振りも見せず、1人黙々と練習を続けている
●10月31日のチャンピオンズリーグ、チェルシー戦での引き分け(2-2)後、バルセロナのMFエジミウソンはチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督のごう慢な態度に不快感を表明した。「チェルシー戦で不愉快なのは、モウリーニョ監督のばかげた発言を聞かなきゃいけないことだ。自分を世界の支配者とでも思っているのだろうが、もう少し謙虚にならないといけない」
●怪我をしているマキシ・ロドリゲス、ペトロフ、ミゲルの3選手が一緒にクラブの医療施設に姿を現し、ホセ・マリア・ビジャロン医師長の診察を受け、「思っていたよりも回復度が早い」とお墨付きをもらった。マキシ・ロドリゲス、ペトロフに関しては来年4月まで掛かると診断され、ミゲルに関しては来年1月まで掛かると診断されている
●チャンピオンズリーグ、チェルシー戦でDFカルバーニョにタックルされ、左足首の距骨を痛め負傷退場となったエイドゥル・グジョンセンだが、バルサの医療チームによると、今週土曜日(4日)に行われるリーガ第9節、アウェイでのデポルティーボ戦までに回復する可能性はあるとのことだ
●ベティスのハビエル・イルレタ監督は、自身の置かれている立場を認めた上で、ベティスで指揮を取り続け、2部降格ゾーンからの脱出を確信していると明かした。そして、自身が続投することで「クラブの妨げになるようなことには決してしない」と明言した。「クラブにはプロ意識の高い、優れた選手がいる」と確信するイルレタ監督だが、良いスタートを切ることが出来ず、かなりの重圧だが、この状況をなんとかするためにもアウェイでのビジャレアル戦に勝つことだけを考えていく」とポジティブさを見せた
●カパロス監督は4日の対バルセロナ戦に向け練習を開始した。火曜日(31日)の練習から見て、コロッチーニとリキが外れるようだ。他に目に付いたことは、今まで全て先発出場してきたバラガンが怪我で出場できない代わりにマヌエル・パブロを右SBで起用する予定である。
●R・マドリーが、ステアウア・ブカレストのニコリタのオウンゴールにより、CL1次リーグ突破を決めた
●CL対ステアウア・ブカレスト戦の試合後、R・マドリーのカペッロ監督は、記者会見で、目標の1次リーグ突破を決めた事、後半の試合運びに満足した事を語った。「前半は、ステアウア・ブカレストのプレッシャーに苦しんだ。しかし、その後、相手のペースが落ちて我々がチャンスを作る事ができた。後半はいいサッカーが出来たと思う。5ゴールは取れるチャンスを作っていたが、それをいかせなかったことで、均衡した試合になった」
●バルセロナのMFチャビとFWグジョンセンがケガのため、土曜日(4日)に行われるリアソールでのデポルティーボ戦を欠場することになりそうだ。チャビは、木曜(2日)のチーム練習を途中で切り上げた。左足の脛骨にヒビが入っており、10日間ほど戦列を離れることになりそうだ。チャンピオンズリーグ、チェルシー戦で脛骨を強打したチャビは、痛みのため足を引きずっており、ケガの具合を調べるためにレントゲン検査を受けた
●レアル・マドリーのFWルート・ファン・ニステルローイは1日のCL対ステアウア・ブカレスト戦でPKを外したことを悲しんだ。そして、ワントップ、もしくはFWロナウドの相棒として、働き、ゴールを量産することに自信を見せた。「悪いPKだった。言い訳はしない」とファン・ニステルローイは振り返った
●他意はないのだろうが、バルセロナのFWサミュエル・エトーはイタリアのスポーツ紙‘ガゼッタ・デロ・スポルト’のインタビューで、不調の同僚FWエイドゥル・グジョンセンについて言及した。「グジョンセンは再びセンターFWとして適応しないといけない。ベルナベウ(2-0で負けた10月22日の対レアル・マドリー戦)でチャンスをつぶしたのを見ただろう?あそこでしっかり決めていれば、バルサが2-4で勝てた。センターFWが常にすべきようにゴールに向かうのでなく、グディ(グジョンセンの愛称)は(FWリオネル・)メッシを見ている」
●バレンシアのMFバラハとビセンテそしてFWのタバーノは、それぞれの故障から順調に回復しており、2日からチームに合流し練習を再開した。
●2連勝中と好調なビジャレアルのフォルランは「ここでもう1試合良い試合ができれば自信にも繋がり、波に乗ることができるだろう」と現在のチームの状況を説明した。さらに「次節の対戦相手のベティスは現在調子が良くなく、今の僕達のライバルとして相応しいとは言えないが、素晴らしい選手が揃っているのでいつ実力を発揮するかも分からない。決して油断はできない」と相手チームを分析
●今週土曜日(4日)にホーム、リアソールにバルセロナを迎え撃つデポルティーボだが、左SBカプテビーラの出場が微妙な状態にあるようだ。右大腿四頭筋にハリが見られるカプテビーラは、痛みにより木曜(2日)のチーム練習には不参加
●ロナウドの首の痛みは、すでに消えているようだ。一方、ディアラ(左わき腹の打撲)、エルゲラ(右太もも外側の打撲)、ロベルト・カルロス(左足アキレス腱に炎症)は、CL対ステアウア・ブカレスト戦で怪我を負ってしまった。これにより、カペッロ監督は、次節のリーガ対セルタ戦で選手のローテーションをする可能性は高い
●バルサのイニエスタは、試合に途中出場してチームのカンフル剤役を務めるのに飽き飽きしている様子だ。3試合連続でスタメン落ちしているイニエスタがその胸中を明かした。イニエスタは、ライカールト監督が選手のローテーションを止め、スタメンで使われない可能性があるかどうかについて、「怖さはない。いつもレギュラーになるために頑張ってるからね。いつもレギュラーの気持ちだよ。チームのカンフル剤とは思ってないよ」とコメント
●会長選から4カ月が経過したが、ラモン・カルデロン会長はまだ確実にレアル・マドリーのリーダーになったわけではない。スペインの『ラディオ・マルカ』が報じたところによれば、この夏の選挙に絡んだ問題が再燃する可能性があるとのことだ。6月と7月に行われた選挙の経過に関する調査を担当している判事は、無効とされた郵送投票の封筒を開封するようクラブに命じる可能性がある。その場合、2週間ほどで新たな集計結果が出ることになるが、カルデロンは微差での当選だったため投票結果が変わるかもしれない
●欧州CLグループリーグ第4戦が各地で行われた1日、「H」組のACミランはホームでベルギー王者アンデルレヒトと対戦、4-1の貫録勝ちを収めた。第4戦終了時点で「H」組はACミラン=10、リール=5、AEKアテネ=4、アンデルレヒト=2。カルチョの聖地サン・シーロで天才司令塔カカが観客を魅了した。前半7分、FWジラルディーノが倒されて得たPKにキッカーはカカ。冷静に貴重な先制点を決めたカカは同22分、ドリブル突破から右サイドを駆け上がったカフーとのワンツーで早くも2点目。相手DFをカフーに“一瞬預ける”頭脳的プレイでフリーとなったカカが、まるで練習のように難なく決めて2-0で前半を終えた。最大の見せ場は後半11分。相手DF4人と対峙したカカはエリア外左から右足一閃。ボールは相手守備陣を嘲笑うかのようにファーサイド・ネットを揺らした。56分間でハットトリックを達成したカカの大活躍で、ACミランは4-1の圧勝を飾った。
●リバプールのMFスティーブン・ジェラードは、チームの低迷に大きな影響を及ぼした自身の不調について、秘めたる思いを明かした。火曜日のボルドー戦で3-0の勝利を収め、早くもチャンピオンズ・リーグの決勝トーナメント進出を決めたリバプール。しかし、肝心のプレミアリーグでは、マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーに勝点11の差をつけられ、今シーズンの優勝は絶望的とも言われている、そんな状況に責任を感じるキャプテンのジェラードは、自らに向けられる批判を甘んじて受け入れると話す。「現状に満足できるわけがない。チェルシーやユナイテッドが上位にいるし、(ローカルライバルの)エバートンですら6位にいるんだ。リバプールの選手としては、受け入れがたい状況だ。僕の場合は、毎試合のように最高のプレーを期待されるし、少しでも調子を落とすと、すぐに指摘されてしまう。すでに色んなことを言われたよ。『試合中の身振りがおかしい』とか『私生活に問題がある』、そして『ゲームに集中していない』とかね。でも、もう大丈夫だ。今は、ピッチ上のプレーだけに集中している」
●先日の欧州CLグループリーグ第4戦、対アンデルレヒト戦でハットトリックを達成したカカに対する称賛が鳴り止まない。4-1圧勝を飾った試合後、ACミラン監督アンチェロッティの「カカ?現時点で世界最高の選手。ロナウジーニョを超えているよ」発言が大きな波紋を呼んでいる。
●勝ち点「7」、15位(11月2日現在)と低迷の続くトリノのチーム内に暗雲が垂れ込めている。MFアレッサンドロ・ロジーナ(22)が1日、自身のサイト上で現フォーメーションに対し、苦言を呈した。才能溢れる若きMFロジーナは「1トップに2人のトップ下を配する今のフォーメーションではトリノに未来はないだろう。ザッケローニ監督はカリアリ戦(10月22日のセリエA第7節)後に、我々は今トップコンディションではないので監督の望むフォーメーションでは結果が出ないと気付いていたはずなのに・・・」と掲載
●不調が原因で、所属クラブイ・ンテルからリフレッシュ目的のため、母国ブラジル一時帰国を許可されたFWアドリアーノ(24)が来週からチーム練習に合流する見通しとなった。
●欧州CLグループリーグ第4戦が各地で行われた1日、ACミランはホームでアンドルレヒトと対戦し、MFカカ(24)のハットトリックなどで4-1と快勝した。試合後ACミランを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は「満足のいくゲーム内容で、欧州CLベスト16進出まであと「1」ポイントとなった。一敗しても問題ない状況となったので今後は気楽にいける。カカは現状で世界最高のMFだ。ロナウジーニョ(26)より完成されている。カカのハットトリックも重要だが、ジラルディーノ(24=FW)がやっと欧州CLでゴールを決めてくれたのでほっとしている」
●セリエB第6節ユベントス対ブレーシャ戦(10月8日開催予定を08ユーロ予選の為順延)が1日、トリノ・オリンピコスタジアムで開催され、ユベントスが主将デル・ピエロの2得点により2-0の勝利を収めた。試合後ユベントス率いるフランス人監督デシャンは「乗ってきたね。これで3位に浮上し、(A昇格への)道が開けた。ペナルティ軽減(-17ポイントから-9ポイントに)のお陰で『全勝しなければ』というプレッシャーから開放された。勿論、次節の強豪ナポリ戦も勝ちに行く」と満面の笑みで語っている。ユベントスは「クリスマス前には首位に」
●ACミランFWアルベルト・ジラルディーノ(24)が2日、前日に行われた欧州CL欧州CLグループリーグ第4戦対アンドルレヒト戦(4-1の勝利)を振り返った。欧州CLで待望の初ゴールを決め、スランプを脱しつつある若きエース・ジラルディーノは「この何ヶ月間かゴールが生まれず色々な報道をされてきたが、アンチェロッティ監督は自分を常に信じてくれていた。監督は勿論、同僚、スタッフみんなに感謝している。重要な2試合(10月28日のミラノ・ダービーと欧州CLアンドルレヒト戦)で得点出来て嬉しいが、特に昨日の快勝が嬉しい。常に我々を支え続けてくれているサポーターと共にゴールを祝いたかった。今は 『ホッ』としている。昨日は試合後に夕食に出かけ、アシストをしてくれたMFブロッキに『ありがとう』とメールも送ったよ」
●インテルは2日、クラブ公式サイト上でブラジル人FWアドリアーノ(24)が既にイタリアに戻っている事を明かした
●イングランドの大衆紙『サン』は、ブンデスリーガの昨季王者バイエルン・ミュンヘンが、移籍の可能性が高まったイングランド代表MFオーウェン・ハーグリーブスに代わる選手として、トルコ代表MFエムレの獲得を検討していると報じた
●アンデルレヒト戦で大活躍を見せたカカは、バロンドール(欧州最優秀選手賞)についての質問に対してこう答えた。「何か賞をもらえればうれしいけど、僕は自分の仕事をするだけだ。まだ自分にとってのベストの状態に到達してはいない」
●バルベーラ・スタジアムで行われたUEFAカップ・グループH第2節の試合では、ニューカッスルがパレルモに1-0の勝利を収めた
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.