UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/10/19UEFA情報 ベティス、バレンシア、バルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリー、チェルシー、インテル、ACミラン、ユベントス、リボルノ、PSV
●ベティスのハビエル・イルレタ監督は厳しく指導するのは意味が無い、チーム自身が変らなければならないと、語った。イルレタ監督はなかなら調子のでないチーム状態に自問自答した、「もっと厳しくしたほうがいいのだろうか?だけど殴ったりはできないからな。ローマ帝国時代はそれでよかったかもしれないが、現代では意味が無いだろうよ」と話し、「選手は話すことだってできるし、このユニフォームを着て戦うことの意味だってしっているはずだ。そういった事のほうが、鞭で叩くより大事なことだよ」
●デル・オルノは5月に負傷した怪我からなかなら復帰できず、理学療法の治療は続けている状態であるが、遂に手術をする可能性があることが判明した。最終的な判断は長くても2日間で出る見込みで、クラブ内の医師団長であるアントニオ・ヒネル氏は、デル・オルノ選手本人も手術やリハビリに協力することでよい解決法がでてくる、と語った。
●バルセロナはチェルシーにスタンフォード・ブリッジにて0-1で敗戦。2シーズン前と同じ舞台で苦い負けを味わった。ドログバのゴールが、バルサの野望を打ち砕いた。チェルシーは全くひるむことはなく戦い、順位争いで重要な一戦を手にした。バルサは勝ち点でベルダー・ブレーメンと並んでいる。昨季の欧州王者がよろめいている
●バルセロナのフランク・ライカールト監督は、18日のチャンピオンズリーグのチェルシー戦で、0-1で敗戦したことを受け、「(チェルシーのFWディディエ・)ドログバがすばらしいゴールを決め、試合が変わった」と述べた。また、「前半は私たちにチャンスがあった。立ち上がりは大変だったが、その後は及第点の出来だった。だが、後半開始直後の失点で、全て変わった」「繰り返すが、私たちは前半よかった。ドログバのゴールがチェルシーに力を与え、私たちを困難にした。チェルシーの守備はとても堅かった」
●チャンピオンズリーグ第3戦、シャフタール・ドネツクをメスタージャに迎えたバレンシアは、苦しむことなく、ビージャの2ゴールでシャフタールを退けた。バレンシアは、序盤から試合を支配しシャフタールを圧倒した。3戦3勝で勝ち点9としたバレンシアは、CLベスト16進出に大きく前進した。
●R・マドリーのロビーニョは、CL対ステアウア・ブカレスト戦で、「カペッロ監督は僕にいつものようにプレーするように言っていた。監督の信頼をえられるようにこれからも頑張っていきたい。すべての選手が試合に出たいと思っている。でも、R・マドリーにはいい選手が多いから我慢しなくちゃいけない時もある」と1得点をあげたロビーニョは語る。「毎試合、自分の最高のプレーをみせていきたい。でも、監督が僕を使ってくれるようにもっとアピールしなくてはいけない。多分、ステアウア・ブカレスト戦では充分アピールできたと思う」
●アトレティコ・マドリーの期待の新人アグエロが、前節のレクレアティーボ船で、ボールを手で押しこんでゴールしたことについて、「プレーに専念するだけだよ。別に審判のジャッジは気にしない。審判の判定は尊重しなくちゃいけない。僕は、足を蹴られても文句を言ったことないしね」とチームのホームページで語った。
●18日のチャンピオンズリーグ(CL)でシャフタル・ドネツクに勝利したバレンシアの主役は、またもダビド・ビジャだった。バロンドール(欧州最優秀選手賞)候補50名にノミネートされ、今や名実共にバレンシアのみならずスペインの顔になったビジャ
●オランダはホッケーの強豪国である。先日マドリーで、ホッケーの女子ワールドカップ(W杯)が行われたが、オランダは決勝でアルゼンチンを3-1で破り、見事に優勝している。サッカーの欧州選手権予選のメンバーを辞退したファン・ニステルローイ(レアル・マドリー)も、ホッケー女子代表の応援に駆けつけた。
●チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、またもや批判の槍玉に挙げられた。メンバー選考について、選手の父親から非難の声が上がっているのだ。批判の主は、元イングランド代表FWで、チェルシーのMFショーン・ライト=フィリップスの義父としても知られる、イアン・ライトだ。ライトは、2005年夏のチェルシー入団以来、ライト=フィリップスのスタメン出場がわずか12試合に留まっている現状について、ポルトガル人監督の起用法を糾弾。義理の息子(ライト=フィリップスはイアン・ライトの養子)に移籍を勧める考えを明らかにした
●前イングランド代表監督スベン・ゴラン・エリクソン氏が18日、次期インテル監督就任の噂を否定した。セリエAラツィオなどで指揮を執った経験もあるエリクソン氏は「インテルが私に興味を持っているという噂を耳にしたが、インテル側から私には何のコンタクトもない。チーム状況が思わしくない時期には、こういう噂は起こりがちだ」
●欧州CLグループリーグ第3戦が行われた17日、ACミランはアンデルレヒトと対戦し0-1(アウェイ)と辛勝している。試合後ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督は「引き分けの試合が続いていたので、今日は勝利に固執していた。相手カウンターに対する恐れもあり、前半はナーバスになり過ぎパス回しを慎重にしすぎていた。ここ数年、必ずACミランにチーム状態が悪い時期が訪れる。だが、インテリジェンスとスピードを併せ持つ事で打開する事が可能だ」
●今夏の移籍市場でインテルからユベントスに移籍したMFクリスティアーノ・ザネッティ(29)が18日、第7節を終えたセリエBの感想を語った。ザネッティは「まだまだ先は長い。今のところ5勝1分(ユーベは1試合少ない状況)と順調に来ている。ただ、最後までこの調子を保つ事は難しく、苦しめられる試合も出てくるだろう。ユベントスの環境には満足しているし、今はユベントスのセリエA再昇格プロジェクトしか頭にない。1年で再びセリエAに復活したい」
●欧州CLグループリーグ第3戦、ホームでの対オリンピアコス戦を目前に控えた17日、インテル監督ロベルト・マンチーニが記者会見でバロンドールの行方を語った。未だ勝ち点「0」と厳しい状況の中、マンチーニ監督は「バロンドール?ドイツでイタリアが残した功績を考慮すると、間違いなくイタリア人選手が選ばれることを期待する。それぞれが『該当者』を決めることは自由であり、自分ならブッフォン(28=ユベントスGK)を選ぶ。今のカルチョ界で一人で決定的な仕事が出来る選手だからね」
●17日、欧州CLグループリーグ対アンデルレヒト戦をMFカカ(24)の一発で勝利を飾ったACミラン。翌18日にACミラン副会長アドリアーノ・ガリアーニはアウェイでの貴重な勝ち点「3」獲得の立役者カカを絶賛した。ガリアーニ副会長は「彼のレベルに近い選手はいるだろうが、カカは現時点で間違いなく世界最高の選手だ」と絶叫
●リボルノのベテランDFファビオ・ガランテ(32)が18日、ハリウッド女優キャサリン・ゼタ・ジョーンズから「俳優デビューしない?」とのびっくりオファーを受けていた事実を明かした
●インテルはクルスの2ゴールでスパルタク・モスクワに2-1の勝利を収め、チャンピオンズリーグ・グループBで初めての勝ち点3を手に入れた。得点も3戦目にして今大会初めて。勝ち点を3に伸ばし、順位の上でもスパルタクを上回った。
●チャンピオンズリーグ(CL)・グループBでのインテルの今後に関して、デヤン・スタンコビッチは楽観視している。「勝ち点9なら確実に突破できる」
●PSVは敵地でガラタサライに2-1と勝ち、リバプールと並び勝ち点を7とし、勝ち点1のガラタサライ、ボルドーを大きくリードしてグループリーグCを折り返した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。