UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/09/29UEFA情報
●FWサミュエル・エトーの右膝半月板損傷による5ヶ月間という長期戦線離脱は、チームにとってもファンにとっても大きなダメージを与えているが、バルセロナでは、誰がエトーの代役を務めるのか?に話題が集中している。ライカールト監督が、ラーションの退団で今夏獲得したエイドゥル・グジョンセンをエトーの代役として考えていることはおそらく間違いないが、ファンの間ではサビオラを望む声が上がっている。
●アトレティコ・マドリーとの‘マドリー・ダービー’を今週末(10月1日)に控えるレアル・マドリーのキャプテン、ラウルは、「チームは一つにまとまっているし、何かを成し遂げようっていう信頼も生まれている」とクラブのオフィシャルサイト上で明かし、ダービー戦に自信を見せた。「最大のライバルであるアトレティコとの一戦は特別なもの。数日前から両チームの話題で持ち切りだ。僕の初ゴールはベルナベウでのアトレティコ戦だったんだ。ハイテンションで興奮する試合だ。僕たちが有利だと思う」
●R・マドリーのカペッロ監督は、アトレティコ・マドリーのアギーレ監督と同時に行われた記者会見の席で、「マドリー・ダービーは誰もが勝ちたいと思っている。私が最後にアトレティコ・マドリーと対戦したのは10年前にさかのぼるが、その時は、私達が勝ってリーガ制覇を成し遂げた。しかし、今のアトレティコ・マドリーはすばらしいチームだし、特にアウェイで力を発揮する危険なチームだ」
●バレンシアのダビ・アルベルダは、チームの好調を認めると同時に、不調に陥る時期が来ることを示し、「全ての試合、勝ちたいに決まっている。シーズンが今のように続けば言うことはないが、必ず厳しい時期が来ると思うよ。シーズンは長いし、まだ始まったばかりだからね。だから、年間を通して平均的に力を出す事は重要だよ」
●アトレティコ・マドリーのハビエル・アギーレ監督は、レアル・マドリーのFWラウルを同チームの「精神的支柱だ」とした。また、10月1日のマドリー・ダービーに向け、アトレティコの出来は「完ぺきだ」と評した。さらに、「ファビオ(・カペッロ監督)やラウルの仕事への批判は理解できない。R・マドリーはいいプレーをしているし、リーガで上位にいる。まだ1失点しかしていないのに批判され続けている。私には無茶な要求に思えるが、ダービーはまた話は別。いい、悪い、もしくは普通。どんな状態で相手が来ようが重要ではない」
●レアル・マドリーのファビオ・カペッロ監督は、けがのDFミチェル・サルガドに代えDFアルバロ・メヒーアを右サイドバックに起用した26日のチャンピオンズリーグ、ディナモ・キエフ戦での布陣を10月1日のアトレティコ・マドリー戦でも継続するとした
●バルセロナのサミュエル・エトーの戦線離脱は思っていたより長引くことになりそうだ。28日(木)午後、バルセロナ市内の病院で行われたエトーの手術は無事成功したが、エトーの復帰は3ヶ月かかるという当初の予測を上回り、5ヶ月を要することになりそうだ
●ルイス・アラゴネス監督は、ユーロ2008グループ予選、アウェイでのスウェーデン戦(10月7日)、アルゼンチンとの親善試合(10月11日)に向けたスペイン代表の招集メンバーを発表した。招集の是非を巡って注目が集まっていたレアル・マドリーのラウルは、招集メンバーから外れた。ラウルは、1996年10月9日のチェコ戦で代表デビューを果たして以来初の代表メンバー落ちとなった
●デポルティーボのMFセルヒオは、現在のチームに得点の要であるセンターフォワードが不在である状況に関して「一人一人がもう少しづつ力を出して不足を補わなければならない。CFがいない事を嘆いているだけでは何も進歩しない」
●アスレティックのオルバイスとガビロンドは、前節の試合中にケガをしたバルサのエトーについて「誰もが知っているように彼はここ数シーズン素晴らしい活躍をしている。今回のケガはとても心配だが、バルサにはエトー同様素晴らしい選手が控えており、この苦悩を無事乗り越えるだろう」とコメント
●アーセナルの監督就任10周年を迎えたアーセン・ベンゲルは、そのキャリアをノースロンドンで終えることになりそうだ。Jリーグの名古屋グランパスエイトで指揮を執っていたベンゲルが、イングランドの名門に招聘されたのは1996年9月28日。以降、10年間でプレミアリーグ優勝3回、FAカップ優勝4回と、数多くの栄光をもたらした。そんな知将に対し、アーセナルのデイビッド・デイン副会長は、監督引退後の職も用意しているという。「アーセンの監督就任は、我々にとって一種の賭けだった。しかし、当時の決断が正しかったことは、その後の栄光が証明している。彼の功績はタイトル獲得だけではない。同時に、美しいスタイルのサッカーをクラブに根付かせたのだ。さらに、新スタジアムを建設できたのも、彼の貢献が大きい。10年間の成功がなければ不可能だっただろうからね。彼にはアーセナルで監督のキャリアを終えてもらいたい。そして、引退後も、クラブ首脳としての席を用意するつもりだ。彼の才能や知識を失うわけにはいかないからね」
●暴行容疑をかけられているフィオレンティーナFWアドリアン・ムトゥ(27)が潔白を主張した。ルーマニア代表エースFWのムトゥは9月2日、ユーロ08予選ルーマニア対ブルガリア戦後の夜に足を運んだレストランでウェイターからのサインと写真撮影要請を拒否した事からトラブルに発展。ウェイターから「代表が宿泊するホテルに謝罪に行ったが、ムトゥに鉄の棒で殴られた」と訴えられ、50万ユーロ(約7500万円)の損害賠償を請求されていた。
●27日に行われた欧州CLグループリーグ第2戦、アウェイでのバレンシア戦を1-0で落としたASローマ監督スパレッティが試合を振り返っている。アウェイ1-0惜敗に「今日はもう少し出来たはずだが・・・チャンスを潰してしまった」と切り出したスパレッティ監督は続けて「彼らが我々より優れていたというわけではない。前半は我々が試合をリードしていた。チャンスがゴールに結びつかず敗戦となったが、練習に励みグループリーグ突破に向けて仕切り直しだ」
●28日、ミラノで行われたTod‘sの最新コレクション発表会に出席したフィオレンティーナ会長デッラ・バーレがミラクル達成に向けコメントを残した。マイナス「17」ポイントからのスタートを強いられているフィオレンティーナだが、会長は「このチームを救うために、選手・スタッフ全員が結束しなければならない」とコメント。会長は続けて「結束が勝利につながる。信じる事が大事。強い集団である以上、この厳しい局面もクリア出来るはずだ」
●欧州CLグループリーグ「B」組インテル、アウェイでのスポルティング・リスボン戦(1-0)に続きホームでのバイエルン・ミュンヘン戦(0-2)を落とし2連敗中となった。インテルのオーナー・モラッティは「もちろん苦いよ。自分もこの試合を分析して何が起きたのか理解しなければならない」と敗因追求を訴えた。
●27日に行われた欧州CLグループリーグ第2戦のバイエルン・ミュンヘンとの一戦に敗れたインテル監督マンチーニは試合後「今夜の敗戦はデタラメだ。評判を落とした訳ではない」と切り出した。「まだ残り4試合ある。前半はリスクを負うことなく展開できたが、後半に入り打開策を見出せずに試合を構成する事が出来なかった。イブラヒモビッチに続グロッソの退場、9対11の数的不利の状況が事態をより厳しくした。ただ、グロッソ退場(後半40分)までは特にバイエルンを脅威に感じなかった。(微妙な判定が続いた)審判?何も言いたくない。言えば『言い訳だ』と騒がれるだろうし。これで状況はより複雑になった。2試合でレッド2枚、とにかく冷静を保たなければ」
●セリエA第4節、ASローマ対インテルの一戦で2枚のイエローにより退場となったインテルMFパトリック・ビエィラに対する正式判定が28日、規律委員会から発表された。インテル側からの減刑要請を取り下げ、規律委員会はフランス人MFビエィラに対し「3試合の出場停止処分」を言い渡している
●「再度、カルチョ界をクリーン化する必要がある。マテラッツィを頂点とした『トラブル・メーカー』リストを作成するべきだ」とフランス代表監督ライモンド・ドメニクが28日、報道陣に語った。
●ユーベ(ユベントス)MFマウロ・カモラネージ(29)が27日、現在の心境を語っている。ユーベB降格により移籍問題で揉めたカモラネージは「スペインへの興味を隠す気は無いが、ユベントスに残留した事については満足している」と語り始めた。はっきりしない態度から一部のサポーターからは“カモラネージ・バッシング”も起きていた。「確かに他国リーグでのプレイには興味があったが契約合意に達しなかった。ただ、04-05、05-06季の優勝は我々が成し遂げたものであり、他の誰のものでもない。仮に我々(選手)に非があるのであれば、当然償う気持ちはある。こんな結果に終わった事が残念でならない」
●第1戦アウェイで0-1勝利を挙げていたパレルモが27日、ホームでもウェストハムを3-0で破り文句なしの進出を果たした。
●欧州連盟(UEFA)カップは28日、各地で1回戦第2戦が行われ、FW高原直泰のフランクフルト(ドイツ)、MF中田浩二のバーゼル(スイス)がグループリーグへ進出した。
●UEFAカップ1回戦第2戦、ランスはホームでアフナスを3-1で下し、危なげない足取りでグループリーグ進出を決めた。
●オセールにとってはUEFAカップ1回戦の第1戦の方が苦しかったろう。アウエーでディナモ・ザグレブを2-1で倒した後、ホームでの第2戦はイェレンの2得点(35分と42分)、さらにマティスの70分のゴールで、3-1で勝利した。
●パルマがUEFAカップ1回戦を突破した。ルビン・カザンとの第2戦はエンニオ・タルディーニで行われ、パルマが1-0で勝利。
●リボルノはアウエーのパシング戦を1-0で制し、UEFAカップの2回戦(グループリーグ)へと進んだ。
●UEFAカップ1回戦第2戦、カイセリスポル対AZ(オランダ)の試合が28日、カイセリのホームで行われた。結果は1-1で引き分け、アウエーで行われた第1戦を2-3で敗退しているカイセリが2試合合計3-4で敗退
●UEFAカップ1回戦第1戦はアウエーでデリーと戦い、かろうじてスコアレスドローにもちこんだパリ・サンジェルマン(PSG)。ホームでの第2戦ではデリーを破ることができた。
●ナンシーがホームで素晴らしい戦いを見せた。UEFAカップ1回戦、アウエーでの第1戦でシャルケ04に0-1と敗れていたナンシーは、第2戦に3-1で勝利し、逆転でグループリーグへ
●マルセイユはUEFAカップ1回戦第1戦でボレスラフを1-0で破っている。28日の第2戦でも、前半15分に先制点を挙げたが、結局2-4で逆転され、グループリーグ進出はかなわなかった。
●キエーボはベンテゴーディでブラガに2-1の勝利を収めたが、UEFAカップ敗退が決定。
●UEFAカップ1回戦ジーコが率いるフェネルバフチェだ。場合によっては監督ジーコの去就に影響しかねない状況であったからだ。結果は3-0(第1戦2-1)でランダース(デンマーク)にアウエーで勝利し、グループリーグに進出が決定
●欧州40カ所でUEFAカップ1回戦のリターンマッチが行われた。オランダからは5チームが試合をし、3勝2引き分け。フローニンゲンはパルチザン・ベオグラードに1-0と勝ったものの、初戦で2-4と負けたのが響き、UEFAカップの舞台から姿を消した。しかしアヤックス、AZ、フェイエノールト、ヘーレンフェーンは次ラウンド進出を決めた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。