UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/09/28UEFA情報
●チャンピオンズリーグ第2戦、アウェイで行われたベルダー・ブレーメン戦の65分にバルセロナのFWサミュエル・エトーが右膝を負傷、そのまま担架で運ばれ退場した。バルサのチームドクターの初診によると、エトーは半月板を損傷しているとのことで、2~3ヶ月の戦線離脱となる模様だ。「エトーは右膝の半月板の外側を損傷している。明日(28)、バルセロナで精密検査を行った後はっきりとした診断が下されることになる。初診通りであれば、復帰までに2~3ヶ月かかるだろう」。
●バルセロナのDFラファエル・マルケスは、近日中にスペイン国籍を取得の見込みだ。すでにスペイン法務省はマルケスの申請を受け入れている。「もう手続が少し残っているだけだ。(国籍取得に必要な)憲法順守の宣言の予約をしないといけない。そうすれば国籍を取得できる」とバルサの広報は説明
●チャンピオンズリーグ、対ディナモ・キエフ戦で2ゴールをあげたR・マドリーのファン・ニステルローイは、日曜日(10月1日)に行われるマドリー・ダービーに照準を合わせ、「とうとうダービーだね。待っていた試合だよ。ダービーは均衡した試合になる傾向がある。僕達にとってはテストとなる試合だ」と意気込みを語った
●バルセロナのライカールト監督はアウェイで行われたブレーメンとの試合(1-1)で、ふがいないプレーの連続だったチームに対し「チャンピオンズリーグ(CL)の試合で簡単な相手なんていない、と檄を飛ばしていたのだが・・・。どうしてあんなプレーをしてしまったのか原因がわからない」とチーム状態の悪さを認めたが、ピッチで‘クラック’なプレーを見せることができなかったロナウジーニョに対しては彼をかばう発言をした。「私はチーム全体として話すのであって、選手一人ひとりをどうこう言うつもりはないが、ロナウジーニョのプレーには満足している。我々は多くの試合をしなければならないし、いつも同じレベルでプレーするのは不可能だよ。それに彼は少し怪我もしているし」とコメント
●バレンシアはビージャのチャンピオンズリーグ(CL)初ゴールでASローマに2-1で勝利。16強へ前進した。
●キケ・サンチェス・フローレス監督はホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)予選、対ローマ戦を2-1で勝利したことを受け、「この勝利はもともと計算に入れていたものだが、最終目標を達成するには勝ち続けなければならない。まずは予選通過であるが、それに近づいたのは事実だ」
●この夏アトレティコ・マドリーに移籍したマリアーノ・ペルニーア(29)は、シーズン開幕から未だにデビューのチャンスをむかえていない。チームのポジション争いが激化していることを認めると同時に、焦りもある様子だ。「試合に出れずに、何試合も過ぎていくと、当然焦りが出てくる。だけど、練習をしっかりしていくしかない。気持ち的にちょっと落ちている部分はあるのは確かだよ」
●チャンピオンズリーグ第2戦アウェイでのベルダー・ブレーメン戦、バルセロナは1-1の引き分けに終わった。チームが機能せず、ブレーメン相手に苦しい展開を強いられたバルサだが、試合終了間際のメッシの値千金の同点ゴールで敗北という最悪な結果だけは免れた。
●28日に行われるUEFA杯パレルモ対ウェストハム(イングランド)の第2戦を前に、シチリア州都パレルモが厳戒態勢に入った。事の発端は14日、ウェストハムのホーム、ロンドンでは「The Hammers VS The Mafia」とプリントされたTシャツが露店に並んだ。名作映画“ゴッド・ファーザー”のタイトル・デザインを模したこのTシャツにパレルモの熱狂的サポーターはもとより一般市民も憤慨、0-1アウェイ勝利の喜びなど一気に消え失せてしまった。
●チャンピオンズ・リーグ第2戦で、ホームにガラタサライを迎えたリバプールは、3-2で勝利を収めた。しかし、試合後のラファエル・ベニテス監督に、喜びの表情は見られなかった。「非常に難しいゲームだった。4点目を奪えず、相手のペースにしてしまった。ガラタサライは勝利を諦めて、総攻撃をかけてきたんだ。正直に言って、終盤はかなり気を揉んだ。その証拠に、(守備的MFの)モハメド・シッソコを投入せざるを得なかった。通常であれば、終盤の時間帯に、試合を冷静に振り返るのだが、今日はそれどころではなかった。とにかく、勝点3を獲得できてよかった」
●26日夜に行われた欧州CL対リール戦で「300試合出場」を果たしたACミランMFジェンナーロ・ガットゥーゾ(28)が翌27日、現在の心境を語った。ガットゥーゾは「歳をとったと感じるが、嬉しい事だ。今後もACミランで長年プレイ出来れば良いのだが・・・」と笑顔で受け応えている。
●ACミラン専属医師ジャン・ピエール・ムールズマンがACミランの公式サイト上で負傷中のDFパオロ・マルディーニ(38)とセルジーニョ(35)の状況を掲載した。医師によると「マルディーニの内転筋の負傷は幸い軽傷だった。セルジーニョはオゾン治療のお陰で回復の兆しはあるが椎間板ヘルニアの可能性もあり、もう少し様子を見守らなければならない」
●ユベントスFWアレッサンロ・デル・ピエロ(31)が27日に行われたユースのスーパーカップ、ユベントス対インテル戦にスペシャル・ゲストとして招待されている。詰め掛けた多くの報道陣に対してデル・ピエロは「セリエAに昇格する事が今季最大の目標だ。ペナルティ(-17ポイント)やもしかしたら減刑があるかも?などという事は考えるべきではなく、目的を達成できると我々自身をまず信じることだ」
●今月4日、64歳の若さで他界したインテル会長ジャチント・ファケッティ氏の追悼試合としてアタランタ対インテル戦が開催される事が27日分かった。試合は10月5日アタランタのホーム、ベルガモで20時45分から開催される
●イタリア・ユース(サテライトに該当)によるスーパーカップが行われた27日、ユベントス・ユースとインテル・ユースの一戦はユベントス・ユースが5-1の勝利でタイトルを獲得した。
●06年7月9日のPK戦決着がW杯史上最後の試合となる可能性が浮上した。FIFA会長ブラッターによるとPK戦決着を廃止、代替案として“再試合”、“選手を減らしての延長戦”、“ゴールデンゴール復活”を考えているとの事。
●スポルティング・リスボンはアウエーのモスクワでの試合を1-1の引き分けで終え、勝ち点を4ポイントに伸ばした。
●チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第2節、滑り出しはかみ合わなかったものの、PSVアイントホーフェンが経験の差でボルドーを1-0で下した。
●チャンピオンズリーグ(CL)・グループAの第2節の試合で、チェルシーはドログバのハットトリック(3得点)によりアウエーでレフスキ・ソフィアに勝利を収めた。
●チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第2節の試合で、インテルはバイエルン・ミュンヘンに0-2の敗戦を喫した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。