UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/09/27UEFA情報
●3勝1敗、勝ち点9と開幕ダッシュに成功し、現在リーガ5位につけるアトレティコ・マドリーは、今週末(10月1日)に宿敵レアル・マドリーとの‘マドリー・ダービー’を迎える。アトレティコのキャプテン、フェルナンド・トーレスがスペインのラジオ番組に出演し、‘マドリー・ダービー’への意気込みを語り、ベルナベウでの自身‘初ゴール’を誓った。「両チームとも調子は良い。でも、レアル・マドリーはプレースタイルでの批判を受けているし、プレッシャーもある。そういう点で僕らに有利となるはずだ。ホームだし、彼らは攻撃的に来るだろうから、逆にそこを突けると思う。バルサ戦のようにね。ダービー戦は他の試合とは違う。勝つことが大事なんだ。勝利への大きなポイントは、先制ゴールを奪うことにあると思う」。
●チャンピオンズリーグでローマと対戦するバレンシアのアジャラは、ローマにおいてフランチェスコ・トッティの存在がどれほど大きいか理解している。トッティさえ止めれば、「勝負はほぼこちらのもの」というアジャラは「トッティの力は絶大だよ。彼がいいプレーをすればチームも機能する。もちろんチームは11人だけど、トッティさえ止めてしまえばほぼ勝負はついたも同然だ」
●データは嘘をつかない。アトレティコは現在、リーガと国王杯で優勝した95-96シーズン以来となる絶好調で開幕ダッシュに成功している。勝ち点12ポイント中9ポイントという成績なら、ヨーロッパ大会出場も夢ではない。ファンの間に10年以上振りとなる偉業達成への期待が高まっているのは当然
●バレンシアのイタリア人FWフランチェスコ・タバーノ(27)の発言は、イタリアのコリエレ・デッラ・セーラ紙の中で、キケ・フローレス監督から差別を受け、スポーツディレクターのカルボーニ氏からの擁護しか受けていなかったと伝えられたが、26日、タバーノは、チームメイトとキケ・フローレス監督に対し、「コメントはわんきょくして報道された」として謝罪した。タバーノは、元バレンシアのフィオーレが、「イタリア人選手はここで差別されている」という発言にも触れていた。
●レアル・マドリーのファビオ・カペッロ監督は2得点をマークしたラウルを手放しで賞賛し、「選手はゴールだけでなく、動き方そして仕事量で評価しなければならない。チームに対するラウルの仕事はとても重要である。これまで惜しいゴールシーンが沢山あったが、たまたま運が無かっただけである。そして今日、大事な日に得点を決めてくれた」と褒め称えた。
●サンティアゴ・ベルナベウのサポーターに笑顔が戻った。チャンピオンズリーグ第2節グループEのR・マドリー対ディナモ・キエフの試合は、ラウルとファン・ニステルローイが2ゴールをそれぞれあげる活躍などで、5-1でD・キエフを粉砕した。
●デコはライカールト監督が行っているローテーションシステムについて、いろいろ話されすぎだと感じているようで、「誰がプレーすべきだとか報道されすぎだと感じるし、それはチームにとって良くないと思う。バルサには優秀な選手が多く、ライカールトは選手の為を思ってローテーション制を採っているんだ」と27日に行われる対ブレーメン戦の練習後に記者会見の席で語った
●26日に行われたチャンピオンズリーグ、対ディナモ・キエフ戦で2ゴールをマークしたレアル・マドリーのラウルは、チャンピオンズリーグ通算得点を53に伸ばし、チェルシーのシェフチェンコを抜き、得点ランキングのトップに返り咲いた
●トラブル続きのフィオレンティーナFWアドリアン・ムトゥ(27)に26日、暴行容疑で法廷に召喚されていた事実が判明した。ガゼッタ・デッロ・スポルト紙によると事件は9月2日、ユーロ08予選のルーマニア対ブルガリア戦後に起きたとの事。2-2引き分けに終わった当日夜、レストランで食事中のムトゥに対して一人のウェイターが写真撮影を要求、断られた事が引き金となったと報道している。
●マンチェスター・ユナイテッドのFWウェイン・ルーニーが、主審に対する暴言で厳しい立場に立たされそうだ。1-1の引き分けに終わったレディング戦(23日)で、ルーニーは主審を激しく侮辱。この行為に対し、イングランド・サッカー協会(FA)は、厳重注意を与える見通しだ。『ザ・サン』紙が伝えたところによると、このイングランド代表FWは、エリア内で倒れたプレーでPKの判定を下さなかったピーター・ウォルトン主審に対し、「おい審判! 今のはPKだろうが! このクソ野郎。フ×××」と激しく抗議。
●チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、プレースタイルがエンターテインメント性に欠けるとの批判に対し、「バルセロナのようにはプレーできない」とコメント。27日に控えたチャンピオンズ・リーグ(CL)のレフスキ・ソフィア戦でも、結果重視で勝点3を狙うと宣言した
●パレルモで28日夜に行われるUEFA杯パレルモ対ウェストハム(イングランド)の試合を前に、ウェストハム・サポーターが続々とチケットを購入している事が判明した。シチリア州都パレルモのバルベラ・スタジアムのアウェイ席はすでに2200枚のチケットが売れているとの事。
●絶好調パレルモ率いるフランチェスコ・グイドリン監督がウェストハムとのUEFA杯をパレルモ公式サイト上で語った。今季パレルモに再復帰を果たしたグイドリン監督「(アウェイで0-1勝利と)同じような選択で挑む。木曜日にUEFA杯を控えているが、このことが我々パレルモの集中力を欠くことにはならない。ウェストハムとの一戦は今から考えればいいだけのこと」
●ユベントスMFパベル・ネドベド(34)が26日、記者会見に応じている。審判操作などを理由に5クラブが裁きを受け、終結の兆しを見せていたカルチョ・スキャンダルだが、ここに来て新たなクラブの不正が明るみになりつつある。一連のスキャンダルで唯一のセリエB降格となったユベントスの大黒柱ネドベドは「判決でユベントスだけが徹底的に裁きを受けた事がどうしても納得出来なかった。他の不正が明るみとなり、過ちを犯した者全員(全クラブ)が裁きを受ける事を願っている」
●インテル監督ロベルト・マンチーニが26日、翌日に迫った欧州CL対バイエルン・ミュンヘン戦への意気込みを語った。マンチーニ監督は「残念ながら欧州CL初戦となるアウェイでのスポルティング・リスボン戦(1-0)を落としてしまった。バイエルン・ミュンヘン戦では勝ち点3ポイントが何よりも重要だ。フォーメーションについては4-3-1-2でも4-4-2でも大差はない。それよりも細心の注意を払う事が不可欠。バイエルン・ミュンヘンはフィジカル面に長けた強豪であり、どういう結果が待っていてもおかしくはないだろう。我々は先取点を焦る必要はなく、多くはないチャンスを確実に活かす事が重要だ」
●スポーツ裁判は26日、カターニャに対して「ホーム剥奪2試合、中立地での無観客試合」の判決を言い渡した。この判決は23日にカターニャで行われた“シチリア・ダービー”対メッシーナ戦でカターニャ・サポーターが暴徒化、警官隊に負傷を負わせた行動に対してのもの。
●26日夜、フランスのランスで行われた欧州CL対リール戦でACミランは0-0の引き分けに終わっている。試合後ACミラン監督アンチェロッティは憮然とした表情で「セードルフのオフサイドはなく、ゴールは有効だった」と判定に不満をぶちまけた
●交通事故で瀕死の重傷を負ったダリオ・シルバは奇跡的な回復を遂げ、現在は様態も安定しているようだ。彼が入院している病院の院長はダリオ・シルバの様態を「順調に回復している」と発表しているが、その一方で右足を切断した事実は知らされていないことを明かした。
●欧州チャンピオンズリーグは26日、当地などで1次リーグ8試合が行われ、MF中村俊輔の所属するF組のセルティック(スコットランド)はコペンハーゲン(デンマーク)に1-0で勝ち、1勝1敗の勝ち点3で2位に浮上した。
●同組のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)はベンフィカ(ポルトガル)を1-0で下し、2連勝で首位を守った。
●G組は昨季準優勝のアーセナル(イングランド)がポルト(ポルトガル)に2-0で快勝し、2連勝で首位を堅持
●(CL)グループリーグ第2戦で、リヨンはブカレストでステアウアに3-0の快勝を収め、グループEの単独首位に立った。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。