UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/09/22UEFA情報
●フランク・ライカールト監督が今シーズン取り入れているローテーション制については賛否が分かれるところだが、ロナウジーニョは他のメンバー同様納得の姿勢を見せており、それによる不協和音がチーム内に起こるとも考えていないようだ。それでもチームの中にはアンタッチャブルな選手がいるという周囲の疑問についても「僕はアンタッチャブルな存在じゃない」と明らかにした。
●マジョルカに移籍したディエゴ・トリスタンは、元所属先のデポルティーボがマジョルカでのデビューは、冬の移籍市場が開始する来年の1月以降にすべきという要請を正式に提出するという決断を受け、「とても悲しい」と心中を明かした。マジョルカがトリスタンと契約を交わしたのが、今年の夏の移籍市場が終了した後だったというのがデポルの言い分だが「出る言葉もない。この事についてはあまり話したくない。予想していなかったわけではないが、6年も所属したチームから実際このような仕打ちを受けるのは残念で仕方がない。ラ・コルーニャの町やデポルのファンは永遠に僕の心に残る。クラブ経営陣とは違う」
●セビージャの左サイドバックのアントニオ・プエルタは、今度のアウェイのアトレティコ戦について「今季、ホームのカルデロンで思い通りのサッカーが出来ていないアトレティコだが、セビージャはこの機会を逃してはならない」と意気込みを表した。「アトレティコは今年の夏はアグエロを獲得したが、トーレスとコンビを組み期待通り質の高さを見せている。さらにセビージャ同様にモチベーションも高く、今回の試合は良い機会だと思う」
●デポルティーボ・デ・ラ・コルーニャのFWロドルフォ・ボディーポは、右ひざ前十字靭帯を断裂し、ペドロ・ギジェン医師による手術を受けるため21日午後マドリーに向かった。復帰に8か月ほど要する。
●バルセロナのDFジャンルカ・ザンブロッタは21日、バルサの公式サイトのインタビューで、ユベントスからバルサに移籍して練習、プレーへの理解などで変化を感じるとし、フランク・ライカールト監督によるバルサのサッカーについては「全てにおいてボールが中心で、その成果がピッチで現れている」と述べた。まず、バルサとユベントスのサッカーの違いについて語ったザンブロッタ。「練習の様子も、試合も大きな違いがある。バルサでは守備よりもはるかに攻撃を重視している。いつも守る前にまずゴールを狙う。よりスペクタクルな考えだ」
●バルセロナのサミュエル・エトーは、ライカールト監督にバロンドールのような賞を求めている。もし、ヨーロッパリーグ最優秀監督という栄誉が認められるのなら、間違いなくライカールト監督が受賞すると思っているようだ。バロンドールへの期待を隠すことはしないエトーだが、この賞に必要以上にこだわりたくはないようだ。「バロンドールのことばかり考えているなんてことはないよ。しっかり練習を積み、プレーし続けていくことが大事なこと。投票する半分の人たちが、僕がふさわしいと思ってくれたら、完璧だよ」
●今週日曜日(24日)に好調バレンシアとの対戦を控えるバルセロナのチャビは、5シーズン連続でカンプ・ノウでのバレンシア戦に勝てないという悪い流れを断ち切る絶好の機会であり、それがモチベーションにつながっていると明かしている。「バレンシアは僕らのスタジアムでいつも僕らを苦しめる厳しいライバルだ。素晴らしいチームであることもはっきりしているし、リーガやチャンピオンズリーグでも良いスタートを切った。ケガ人がいるにもかかわらずね。競争力のあるチームだ。僕らはこの5シーズン、ホームで勝てないという悪い流れを断ち切って、ファンに勝利を捧げたいね」
●バレンシアのFWビージャは、木曜日(21日)、リーガ次節カンプ・ノウで行われるバルサ戦を前に、「バルサを打ち破るには完璧な試合をしなくちゃいけない。ミスをしないようにして、反対に相手のミスを突くってことが大事だと思う」
●前節のヘタフェ戦では、出場停止によりスタンド観戦を強いられたバレンシアの左サイドバック、モレッティが21日の練習後、記者会見に臨んだ。バルセロナとの大一番に向けて、チームや自身の状況について冷静に分析。自身がマークすることになるバルセロナの右サイド(ジウリーまたはメッシが濃厚)については、苦笑いをしながら「どっちでもいい」とまったく気にしていない様子を見せた
●レアル・マドリーのFWロナウドが22日、30歳の誕生日を迎えた。ワールドカップ後に行ったひざの手術からリハビリを約2カ月間にわたってこなし、現在はトップチームに合流しているロナウド。体重も理想の数値に近づいており、今季の公約である30ゴールの実現に期待がかかるところだ
●ファビオ・カペッロ監督は、ロナウドの戦列復帰を前倒しにしようとはせず、あと1ヶ月間は引き続きトレーニングにあてるとの見解を見せており、このことはロナウドにも伝えている。つまり、カペッロ監督は約1ヶ月後の10月22日に行われるベルナベウでのバルセロナ戦をロナウド復帰のメドとして考えており、ロナウド自身もすでにバルサ戦に照準を合わせているようだ。
●R・マドリーのDFセルヒオ・ラモスは、リーガ次節のベティス戦を前に、「自分が育ったセビージャでの試合になる。ベティスはセビージャに居た頃は永遠のライバルだったけど、今はR・マドリーに居るから直接のライバルはバルサだよ。でも、ベティス戦は僕にとって特別な試合だ。ライバルとして何度も対戦した相手だからね。とにかく勝って3ポイントを獲りたいね」
●来週でアーセナルの監督就任10周年を迎えるアーセン・ベンゲル監督。「退屈」と揶揄され続けたノースロンドンのクラブに、流麗な攻撃スタイルを植え付け、すでに7つのタイトル(リーグ優勝3回、FAカップ優勝4回)をもたらした。その指揮官の誘いを受け、イングランドで世界一のFWに成長したティエリ・アンリが、恩師の功績に賞賛を送った。「ゲームを観る眼と、嗜好するスタイルは、独自のものがあるね。チームにはそれぞれスタイルがあるし、退屈と言われていた昔のアーセナルだってタイトルは獲得していた。でも僕たちは、魅せるサッカーで結果を残してきたんだ。『アーセナルのファンじゃないが、君たちの試合を観るのは好きだ』と言われることも少なくないからね。これこそアーセンの功績だよ」
●「ペナルティが軽減されることなく、このまま「-17」ポイントだったとしても我々は一年でセリエAに昇格してみせる」とユベントス守護神ジャンルイージ・ブッフォン(28)が21日、今季の目標について語る
●FIGC(イタリアサッカー協会)会長グイド・ロッシの辞任に伴い21日、ルカ・パンカッリがFIGC新会長にジジ・リバが副会長に選出された。この知らせを受けたアズーリ(イタリア代表)前監督マルチェロ・リッピは「人間性において、FIGCはこれ以上ない適任者を選出したと思う。重責ではあるが頑張ってほしい。特にリバはドイツW杯で我々をサポートしてくれた」
●サンプドリアFWフランチェスコ・フラーキ(31)、DFモリス・カロッツィエリ(25)に対して2ヶ月の出場停止処分が言い渡された。フラーキは2005年10月、カロッツィエリは2006年8月に禁止されているサッカー賭博を行った為。
●インテルMFパトリック・ビエィラ(30)に対し21日、スポーツ裁判は「3試合の出場停止」を言い渡した。問題となった行為は20日に行われたセリエA第3節対ASローマ戦。試合終了間際に2枚目となるイエローカードを受けたビエィラが審判の判決を不服とし「猛然と抗議を行い審判に対し暴言を吐いた」為
●ASローマのブラジル人MFマンシーニ(26)が10月15日に行われるセリエA第6節の対レッジーナ戦まで出場出来ない事が21日、判明した。マンシーニは20日夜に行われたセリエA第3節対インテル戦で右腿に違和感を覚え途中交代を余儀なくされていた。21日午前に行われたエコー検査の結果、右腿筋肉負傷と診断されている。
●ACミランMFアンドレア・ピルロ(27)が21日、ミラノ・チャンネルに出演して20日夜に行われたセリエA第3節対アスコリ戦を振り返った。決勝アシストとなった後半23分のDFヤンクロフスキー(29)へのパスについて問われたピルロは「序盤アスコリはコンパクトなディフェンスをしていたので、チャンスはあったがなかなかゴールが生まれずに苦しかった。時間とともに相手ディフェンスが崩れてきたので徐々に我々のペースになり、やっと得点へと繋がった。肝心な場面で自分がアシストを出来た事はとても嬉しいが、勝ち点を稼げた事が何より嬉しい。今季はペナルティ(-8ポイント)を受けていた事もあり、開幕ダッシュが重要だった。3連勝でチーム内も落ち着いてきており、楽観的な雰囲気も流れている。今後は上位進出を狙っていくだけだ」
●フィオレンティーナFWルカ・トニ(29)の出場停止が取り消された。セリエA第3節が行われた20日、フィオレンティーナはパルマと対戦。この試合終了間際にトニがパルマDFマッシモ・パチ(28)に肘打ちを与えたとして一発退場を言い渡されていた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。