UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/09/20UEFA情報
●サミュエル・エトーがカナリアス諸島を訪れ、多くの移民が通う小学校で子供達と楽しいひと時を過ごした。自動車会社のイベントに参加し、その後フットボールスクールで子供達に指導したエトーは、この短い滞在で多くのファンを魅了している。
●バレンシアのビージャは先日のヘタフェ戦で負傷し、週末のバルセロナ戦への出場が微妙となっている。しかしビージャは「こんな大切な試合は絶対逃したくない」と語り、バルサ戦までには必ず復帰して見せると意気込んでいる。
●R・マドリーのFWロビーニョは、「僕は、常に練習で全力を尽くして頑張っている。しかし、まだ改善するべき所がたくさんある」と語り続けて、「R・マドリーにはすばらしい選手がたくさんいる。試合に出ることができる選手は、監督が練習を見て判断するものだ。全ての選手がプレーしたいと思っているが、スターティングメンバーは11人である。僕もスタメンでプレーできる準備はできているよ」
●次節のリーガ(24日、日曜日)で古巣のサラゴサと対戦するビジャレアルのカニは、「もし、ゴールを決めても派手な喜びの表現はしないだろう。もともと、僕はそうするタイプでもないけどね。でも、勝利のために全力で戦うよ」と心境を語った。サラゴサから今年の夏、ビジャレアルへ電撃移籍をしたカニは、「サラゴサと対戦するのは変な感じがするよ。サラゴサは、小さな頃から所属していたチームだからね。だけど、ビジャレアルの今の状態をみれば、どんな相手かを考えるよりも、どうしても勝ち点3が欲しいところだね」
●レアル・マドリーの選手が練習を再開した。レアル・ソシエダ戦での先発選手は軽めの調整、サブメンバーはより激しい練習を行った一方、ロベルト・カルロスとラウルはフィジカルコンディションの問題から練習を早めに引き上げた。ロベルト・カルロスは左足の大腿四頭筋を痛めており、カペッロと軽く会話を交わした後、ピッチには姿を現したものの練習せずに引き上げ、ラウルは10分ほど練習した後引き上げた。彼は左の大腿筋を痛めている
●サラゴサのDFセサル・ヒメネスが約1年振りにピッチに戻ってきた。2005年1月に対レアル・マドリー戦でフィーゴと接触し左膝十字靭帯を痛めたのがきっかけで、同年10月20日に再び同じ箇所を悪化させてしまった以降まともな練習ができない状態であった
●バルセロナのルドビック・ジュリは、レオ・メッシとのスタメン争いにも意欲的な姿勢を見せているが、前節ラシン戦のように毎試合20分間の出場でもかまわないと明かしている。もちろん出来る限り多くの時間プレーすることを望んでいるジュリだが、メッシ同様にチームがタイトルを勝ち取ることが目標であり、そのメッシがスタメンで出場するとしても何の問題はないと自身の考えを明らかにした
●17日に行われたバレンシアとヘタフェの一戦が、スペイン国内でフェアプレーに関する論争に発展している。問題となったシーンは、先制点となった前半ロスタイムのバレンシアの攻撃。自陣でエドゥがボールを奪った際、ヘタフェのカスケロと衝突し、カスケロはピッチに倒れた。ところが、こぼれ球を拾ったバレンシアのアルビオルは、彼の姿に気付くことなく前線にフィード。そこからカウンター攻撃を仕掛け、ビジャ、ビセンテとつながり、最終的にモリエンテスが頭で押し込んでゴールを奪った
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、今シーズンの開幕ダッシュに失敗した原因に、若手選手の「ワールドカップ疲れ」を挙げた。自慢の若手育成術で、チームの若返りを成功させたベンゲル。同時に、セスク・ファブレガス(スペイン代表)、エマヌエル・アデバヨール(トーゴ代表)、フィリップ・センデロス(スイス代表)といった選手がドイツ・ワールドカップの代表メンバーに選出され、各国の主力として戦うまでに成長した。しかし知将は、クラブと代表の“二足の草鞋”が、若手の調整不足につながっていると指摘する。「ワールドカップでは、アーセナルの若手が数多く出場した。おかげで、彼らのコンディション調整には、かなりの時間をとられた。そして、シーズンが始まったと思ったら、代表戦のクレージーな日程が続いた。今週になって、ようやく一週間全員でトレーニングを行うことができたほどだ。選手には、とにかく自分たちのスタイルを見失わないように、と伝えている」
●セリエA第3節アウェイASローマ戦を翌日に控えた19日、インテルのロベルト・マンチーニ監督は詰め掛けた報道陣に対し怒りを露にした。マンチーニ監督は「毎日毎日インテルを混乱に陥れるような事ばかり報じてくれて・・・。シーズン開始前は『インテルが優勝大本命だ』と報道して、スタートでつまずくとプレッシャーを掛けてくる。だが我々はあんたらの罠には決してはまらない」
●パレルモ会長マウリツィオ・ザンパリーニが19日、翌日に迫ったセリエA第3節ホームでの対カターニャ戦“シチリア・ダービー”に向けてコメントを発表した。ザンパリーニ会長は「明日はフェスタでなければならない。この試合を通じシチリアからイタリア全土に向け公正、成熟、礼儀正しさを発信しなければならない」
●今夏の移籍市場でインテルからASローマへ移籍したMFダビデ・ピザーロ(27)が19日、ローマチャンネルに出演した。翌日に迫ったセリエA第3節インテル戦を前にピザーロは「インテルはポジション毎にハイレベルな選手が2人揃っているビッグ・クラブ。試合の鍵はインテルに比べ我々はプレッシャーが少ない事。インテルはオーナー、モラッティが費やした金額に見合った結果を期待されている。移籍したばかりだが遠慮する気持ちは一切ないし、重要な試合で結果を出したい」
●フィオレンティーナ監督チェーザレ・プランデッリが19日、詰め掛けた報道陣に対して怒りを爆発させた。プランデッリ監督は「開幕インテル戦の敗戦後、我々に対する批判も挙がっていたが気に留めていなかった。しかし第2節を終了して、試合中に審判が明らかに我々を“泥棒”扱いしている事を強く感じた。我々は“泥棒”ではないが、選手は動揺している。我々の周りには援助してくれる者はなく孤立している。スキャンダル判決(ペナルティ19ポイント)を受けたが、チームを去る者はいなかった。フィレンツェとサポーターの為に全員が残留を決めた。私は日頃から人間同士の繋がりを大切にしてきたが、結果次第で人の態度が豹変する事を改めて知った。もう誰も信用しない。今後は何も話す気はないので、フォーメーションを聞く事はやめてくれ。もう放って置いてくれ、今は私のこの怒りを選手達に伝えたいだけだ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
明日なんだけど大丈夫??
2006/09/20(水) 23:30:28 | やっぱりね(笑)
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。