UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/09/15UEFA情報
●チャンピオンズリーグ初戦、対オリンピッック・リヨン戦での完敗でメディアから非難の集中砲火を浴びているレアル・マドリーだが、バルセロナのジャンルカ・ザンブロッタがファビオ・カペッロ監督とDFファビオ・カンナバーロを擁護した。「カペッロにとっても、カンナバーロにとっても残念な結果となったことは事実。でも、あの敗戦はカンナバーロやカペッロだけの責任じゃない。敗北というものはチーム全員の責任だ。たった1試合に負けただけだし、何てことはない。バルセロナやACミランといったチームにも起こりうること。カペッロにとってこの敗北が大きな問題になるとは思っていない」。
●左ひざの手術から約2か月。レアル・マドリーのFWロナウドが14日、今季初めてチーム練習に参加した。
●アトレティコ・マドリーのアルゼンチン人コンビ、MFマキシ・ロドリゲスとFWセルヒオ・アグエロが次節17日のアスレティック・ビルバオ戦で先発するようだ。
●胃腸炎に苦しんだベティスのMFヨハン・フォーゲルは練習を再開。メニューは全てこなさなかったものの、次節のセビージャ戦にはスタメン出場が見込まれている
●デポルティーボとの契約更新が実現せずラシン・サンタンデールへ移籍してきたリオネル・スカローニは、入団記者会見を行い「ピッチで精一杯のプレーをして、1部リーグで引き続きプレーする機会を与えてくれたラシンへ恩返しをしたい。今年の夏は辛かった。2週間近く自主トレーニングを行ったが、これで十分だと言うのはチームに失礼だと思っている」
●R・マドリーのスポーツディレクターのミヤトビッチ氏は、チャンピオンズリーグガイド誌スペイン語版のプレゼンテーションに出席し、「リヨン戦の前半は悪夢のようだった。もっと多くのゴールを入れられてもおかしくなかった。痛い結果になったが、チームは挽回できる能力があると思う。まだ先がある」
●バレンシアのホアキンは記者団を前に、「チームがこんなに調子がよければ、2010年までデビューできなそうだな」と冗談交じりに笑顔で語った。バレンシアは今季開幕から公式戦4連勝中で絶好調をキープしている
●賛否両論を呼ぶライカールト監督のローテーション制。MFデコは、今季これまで行われた試合でスタメン出場を果たしてきた選手の1人だが、次節アウェイでのラシン・サンタンデール戦ではベンチスタートが濃厚だ。
●プレミアリーグ王者チェルシーとの対戦を日曜日(17日)に控えたリバプールのラファエル・ベニテス監督は、冷戦状態にあるジョゼ・モウリーニョ監督との休戦を示唆した。両者の対立が表面化したのは、直接対決となった2004-05シーズンのチャンピオンズ・リーグ準決勝。MFルイス・ガルシアの“疑惑のゴール”でリバプールが決勝進出を決めた試合後、激しい舌戦を繰り広げたベニテスとモウリーニョは、以来目も合わせない関係に。しかし、長期化する対立関係を嫌ったスペイン人監督は、和解案として試合後の握手を提案した。「モウリーニョが望むなら、私は握手に応じるよ。もう、この話題も十分だ。どうせなら、私はサッカーについて話したい。試合終了後、少しだけ待つことにする。そこで彼が握手を求めてきたら、私は喜んでそれに応じる。この状況も、そろそろ終わらせるべきだ」
●欧州CLグループリーグ「H」組、ACミラン対AEKアテネ戦で豪快ヘッドを決め欧州CL鮮烈デビューを飾ったグルカフ
<ヨアン・グルカフ>
:フランス・ブルターニュ地方プロエムール1986年7月11日生まれ
:185cm、79kg
:キャリア 
・03-04季  9試合出場 0得点
・04-05季 20試合出場 0得点
・05-06季 36試合出場 5得点(UEFA杯5試合出場含む)
              (以上フランスリーグ・レンヌ)
・06-07季 セリエA移籍ACミラン所属
:契約内容 
・移籍金 425万ユーロ(約6億3750万円)
・年俸  100万ユーロ(約1億5000万円)
 ・契約期間 2011年まで
:その他
 ・アイドル選手 ペレ
 ・チーム内でのガイド役(世話係) セードルフ
 ・好きな スポーツ=テニス 食べ物=パスタ
 ・趣味 水泳、デザイン、ケルト音楽
●モナコFWモハメド・カロンが“イタリア復帰を望んでいる”との声を打ち消した。レッジーナ、インテルで活躍したカロンは「なぜ今頃イタリア・クラブ復帰の噂が立ったのか理解できない。もちろん自分で説明できるはずもない。いうまでもなく、モナコで自分は先発選手としてプレイしているし」
●セリエAに加え各国サッカーを放映する有料放送SKYがようやくセリエA全試合放映権を獲得した。開幕直前までにセリエA15クラブと契約を結んでいたSKYだが、カターニャ、フィオレンティーナ、パレルモ、パルマ、サンプドリアの5クラブとは正式契約に至っていなかった。セリエAは開幕戦を終えたばかりで、今後はセリエA全ての試合がSKYで見られる事になる。契約内容は“2年契約で7500万ユーロ”(約112億円)。
●「代表(総)監督を引き受ける事は2度と無いだろう。なぜなら自分の職務ではないので」。ビアレッジョ(トスカーナ州・ピサ近郊の街で生まれ故郷)にあるホテル内の会見室で元イタリア代表監督マルチェロ・リッピが将来像を語った。リッピによると将来の見通しとして噂される“アズーリ(イタリア代表)復帰説”を一掃したいようだ。仮に一幹部としての立場でさえ・・・。
●「ユーベに残った理由は、クラブが他の選択肢を与えてくれなかったから」とFWダビデ・トレゼゲがフランス紙“レキップ”の取材で語った。フランス人トレゼゲは「クラブは対応に追われていた。自分へは一貫して『残るように』との事だった。バカンス中にディディエ(デシャン監督・フランス人)から電話があり、『お前は我々と一緒だ。8月10日からの合宿に召集する』とだけ伝えられた。ただその時点ではまだA残留の可能性もあったが。欧州CLに7年連続出場している一選手として、セリエBでのプレイを受け入れる事は容易ではない。もちろん自分も受け入れるまでに時間がかかったよ。このようなケースは自分だけに限らず、他の選手にとっても簡単な問題ではない」
●UEFA杯、パルマは敵地スペインでルビン・カザンとの試合で0-1のアウエィ勝利を収めた。ステファノ・ピオリ(41)監督率いるパルマは試合終盤に入った後半34分、MFダニエレ・デッセナ(19)のゴールの貴重な先制点を最後まで守りきった。
●欧州連盟(UEFA)カップは14日、各地で1回戦第1戦が行われ、FW高原直泰のフランクフルト(ドイツ)はブロンビー(デンマーク)に4-0で先勝した。高原は前半43分から途中出場し、得点はなかった。 MF中田浩二のバーゼル(スイス)はラボトニツキ(マケドニア)に6-2で快勝し、中田はDFでフル出場した。FW鈴木隆行のレッドスター(セルビア)はスロバン・リベレツ(チェコ)に0-2で敗れ、鈴木はベンチ入りしなかった。
●リボルノはパシングを2-0で破り、UEFAカップの1回戦突破を濃厚とした。リボルノにとってはこれが欧州カップへのデビュー戦
●パレルモはロンドンのアップトン・パークで行われたUEFAカップ1回戦第1戦のウェストハム戦に1-0の勝利を収めた。
●パリ・サンジェルマンは低迷を続けている。ギー・ラコンブ監督率いるチームは、UEFAカップ1回戦、アイルランドで行われたデリー・シティとの第1戦をスコアレスドローで終えた
●UEFAカップ1回戦、ランスはアウエーのキプロスでエスニコス・アクナスと対戦した。得点機はあったものの、フランシス・ギヨ監督率いるチームは結局スコアレスドローに終わった
●UEFAカップ1回戦、ゲルセンキルヘンに乗り込んだナンシーは、シャルケ04と最後まで互角の戦いを見せたが、結局0-1で敗れた。
●キエーボはUEFAカップ1回戦のスポルティング・ブラガ戦に0-2で敗れ、2回戦進出は危うくなってしまった。
●UEFAカップ1回戦第1戦のアウエーゲームで、パルマはルビン・カザン(ロシア)に1-0の勝利を収めた
●マルセイユは、UEFAカップ1回戦、ホームでのムラダ・ボレスラフとの第1戦でも、敵の術中にはまることなく1-0で勝利した。
●UEFAカップ1回戦第1戦のフェネルバフチェ対ラナス(デンマーク)の試合がが14日、イスタンブールで行われ、フェネルバフチェが2-1で辛勝
●国際サッカー連盟(FIFA)は14日、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の黒字が1億3500万ユーロ(約204億円)となる見通しを明らかにした
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。