UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/09/13UEFA情報
●レアル・マドリーのラモン・カルデロン会長とACミランがロナウドの移籍を巡って交渉を行っている間も、ACミラン側はロナウド獲得失敗に備え、代わりの候補者つまりオリベイラの獲得も検討していた。最終的にロナウドはレアル・マドリーに残留し、オリベイラのACミラン移籍が決まったが、このオリベイラ移籍成功の陰には意外な人物が絡んでいたようだ。レアル・マドリーの元会長フロレンティーノ・ペレス氏である。
●レアル・マドリーのシシーニョが冬の移籍でローマに移籍するとイタリアのマスコミが報じた。ファビオ・カペッロ監督の構想に入っていないシシーニョは、冬の移籍市場が開けると同時にローマに移籍することでクラブと合意したという。
●バルセロナのジョアン・ラポルタ会長はUNICEFとの提携について「数字には出来ない価値がある」と語った。貧困に苦しむ子供たちを救うという人道的目的で、バルサは今後5年に渡り年間150万ユーロ(約2億2000万円)を寄付する。
●アトレティコ・マドリーのMFフラドがホームで行われたバレンシア戦での敗戦について「とても辛い」とコメントした。「僕達のチームは落胆している、あの敗戦は辛いよ。ただ、これからも前を向いて進んでいかなければならない。大事な試合が3試合も続くんだし・・・。一歩一歩進んでいけば状況は良くなると思うよ」と今後に期待を寄せる発言をした。彼はまたアトレティコのサポーターに関して「異常なまでの雰囲気だった」と語り、「アトレティコのサポーターの声援、そしてカルデロン・スタジアムでの雰囲気は素晴しいものだった。本当にびっくりしたよ」
●ナスティック戦で負傷退場したセルタのジョルジュ・ルーカスが、腓骨骨折により最低でも4ヶ月は戦列を離れることになった。骨折箇所の手術は直ぐに行われ成功したようだ。
●現ヨーロッパチャンピオンのバルセロナがレフスキ・ソフィアを相手に大量得点を奪い、タイトル防衛に向けてスタートを切った。レフスキはバルサが繰り出す攻撃力になす術がなく、バルサはあらゆる形から5ゴールを決めている。
●チャンピオンズリーグ第1節、グループDのバレンシアは、敵地アテナでオリンピアコスと対戦し、2-4で逆転勝利を飾った。90分間、激しい攻防が続いたこの試合で、バレンシアのFWモリエンテスはハットトリックの大活躍で勝利に貢献した。
●R・マドリーのディアラが古巣O・リヨンとの対戦を前にその気持ちを語った。「O・リヨンのすばらしい選手達と試合が出来て嬉しいよ。フランス語も話せるし、友達にも会える」と語るディアラ。試合については、「フランスのサッカーは良く知っているし、負けないために何をしなきゃいけないかも分かっている。強い気持ちを持って一丸となって戦うべきだ。O・リヨンは強くて早い。ミスは許されないし、ツキも必要になる」
●チャンピオンズリーグ初戦、カンプ・ノウでの対レフスキ・ソフィア戦で5-0と圧勝したバルセロナのライカールト監督は試合後に「初戦を勝利で飾るということが重要だった」と語り、素晴らしいメンタリティでこの試合に挑んだ選手たちを賞賛した。「初戦を勝利で飾ることが重要だったし、我々は攻撃的に臨み勝利を獲得した。レフスキの戦いも賞賛したい。彼らは引いて守ることなく、攻撃的な試合を展開した」
●フェルナンド・トーレスはアトレティコ・マドリーとの契約を2009年まで1年延長することで合意した。
●レアル・マドリーのカペッロ監督は12日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第1戦、アウエーでのリヨン戦を翌日に控えて記者会見に臨み、「CLの試合は常に特別なもの」と語った上で、初戦の相手であるリヨンについてコメントした。「リヨンの方が(シーズンを)良い形でスタートしているようだが、ヨーロッパの試合になると違いがある。われわれは日増しに良くなっているし、レバンテ戦の前半は特に良いプレーをした。ただ、リヨンはここ5シーズン、リーグタイトルを獲っているし、そういったチームに勝利するのは簡単なことではない」
●昨季開幕前、レアル・マドリーからインテルに電撃移籍を果たしたルイス・フィーゴ(33)。ガゼッタ・デッロ・スポルト紙が監修する“フィーゴ本”はデビュー期、スペイン時代、セリエA、代表、そしてサッカーを通じた福祉活動などから構成。写真と記事で今までのサッカー人生を振り返るものとなっている。“フィーゴ本”発売は9月27日からでガゼッタ・デッロ・スポルト紙+14.99ユーロ(約2250円)となっており、“フィーゴTシャツ”がオマケで付くとの事。
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、スペイン代表MFセスク・ファブレガスとの契約延長交渉が合意に達したことを明らかにした。若干19歳ながら、すでに100試合以上の出場数を誇り、アーセナルの中盤に君臨するセスク。今夏の移籍マーケットでは、レアル・マドリーも触手を伸ばしたが、8年間に及ぶ長期契約は、スペイン代表MFがロンドンの生活に満足している証拠。指揮官も、その貢献度の大きさが、契約年数に表われていると語る。「19歳プラス8年は27歳。通常、これだけ長い契約を結ぶことはない。しかし、彼は19歳にして、スタメンを張っている。そのことを考えれば、まったく問題はない。我々にとっては、16歳で彼を連れてきたことに対するご褒美のようなものだ」
●開幕戦アウェイでフィオレンティーナを倒し勢いに乗るインテルだが、ここに来てトラブルが発生した。開幕戦で2得点と大活躍したMFカンビアッソとFWクルスの2人が一ヶ月間チームから離脱する可能性が浮上した。
●「インテルが世界で最も優れたチームだろう」とのメッセージが先日、イングランドから届いた。送り主はチェルシーを率いるポルトガル人名監督モウリーニョで、欧州CL本戦を前に語ったもの。
●ベルガモ市民にとって待望の日が訪れる。12日、今季アタランタ移籍を果たした元代表FWクリスチャン・ビエリのプレゼンテーションが17時から正式に行われる事が判明した。
●「欧州CLでもイタリア勢(ACミラン・インテル・ASローマ)は、イタリア代表がそうであったように代償を払う事になるだろう。セリエA開幕が遅すぎる」と欧州CL対AEKアテネ戦を翌日に控えた12日、ACミラン監督アンチェロッティが訴えた。アンチェロッティ監督によると「イタリア勢は開幕が遅い事もあり、他国より調整が遅れている。他クラブはすでに何試合も消化、彼らのほうがコンディション面は有利で90分戦う体力がある。
●ACミランMFカカ(24)が欧州CL対AEKアテネ戦を前に「成熟期が訪れているように感じる。それが自分の中で責任感アップにつながっている」と語った
●欧州CLグループリーグ「G」組、イタリア・ASローマとウクライナ・シャクタルとの一戦は4-0でホームのASローマが圧勝した。だが、しばしば起こる悲劇が12日も突然襲った。ローマ在住のウクライナ人サポーター(27)が試合開始直前にオリンピコ・スタジアム周辺でナイフに刺される事件が発生。ただちに病院に運搬、幸い大事には至らなかった
●苦い敗戦にインテル監督マンチーニは「今夜は良いゲームを披露できたとは言えない・・・引き分けが妥当な結果だっただろう」と振り返った。12日、欧州CLグループリーグ「B」組インテルはアウェイの地リスボンに乗り込みスポルティング・リスボンと対戦、1-0完封負けを喫した。
●欧州CLグループリーグ「D」組、イタリア・ASローマはホーム・オリンピコでウクライナ・シャクタルと対戦、4-0(前半0-0)圧勝で初戦を飾った。試合後ASローマ監督スパレッティは「4-0とはちょっと大袈裟だな。この結果はおそらく存在しないだろう。コンディション面の優れたシャクタル相手に難しい試合を強いられたよ。ただ、我々ASローマは常に成長している」
●ジュニーニョにとってこの対戦は、昨季のCLでリヨンが3-0で勝利した試合とは関係のないものだ。レアルは変わったとジュニーニョは見ている。「過去3シーズンはとても有名な選手をそろえていたが、ややバランスを欠いていた。今年はエメルソンとディアラが中盤にいるので、技術レベルを保ちながらボールを奪う力がある。今年のレアルは戦うのが難しい相手だ」
●12日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第1戦、PSVアイントホーフェンとリバプールの対戦はノーゴールに終わったが、非常に熱い試合だった
●前半は運に助けられ、後半に義務を遂行したチェルシーがベルダー・ブレーメンに2-0の勝利を収めた。欧州チャンピオンズリーグ(CL)・グループAの第1戦として12日に行われた試合
●12日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第1戦で、バイエルン・ミュンヘンはスパルタク・モスクワを4-0で粉砕してグループBの首位に立った。
●ボルドーはガラタサライとの難しいアウエーゲームで、貴重な引き分けをもぎ取った。最終スコアは0-0。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。