UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/09/12UEFA情報 サラゴサ、エスパニョール、ベティス、セビージャ、レアル・マドリー、バレンシア、バルセロナ、チェルシー、アーセナル、インテル、ユベントス、ASローマ、ACミラン、シャルケ04
●スペイン国王杯決勝で苦杯の飲んだサラゴサが、ホーム初戦となるリーガ第2節で決勝戦の相手エスパニョールを迎え3-0で快勝、決勝戦の借りを返した。アイマールの先制ゴールで1-0としたまま試合が拮抗する中迎えた後半35分、勝利を引き寄せるゴールを演出したのが、今季1シーズンの期限付きでサラゴサに移籍した元アルゼンチン代表MFアンドレス・ダレッサンドロ(25)だ。エスパニョールDF陣の裏をかく見事なスルーパスがダレッサンドロからFWディエゴ・ミリートへ、そしてディエゴ・ミリートが落ち着いてこれを沈めた。緩急を織り交ぜたドリブル、創造性溢れるパス、と随所にその才能を披露し、早くもサラゴササポーターの心を掴んだダレッサンドロは、スタンディングオベーションの中ピッチを後にしている。「チームの勝利に貢献できたことが何よりもうれしい。このチャンス(レンタル移籍)を活かし、サラゴサに残れるようできる限りベストを尽くしていくよ。ここでは気持ちよくプレーできるし、満足している。ずっと前から熱望していたスペインでプレーするチャンスをもらったんだからね」。
●7日の練習中に右足を痛めたベティスのFWダニは、セビージャ市内の病院で精密検査を行った結果、右足大腿二頭筋の裂傷で全治1ヶ月と診断された。さらにプレシーズンで膝を痛めたダビ・リバスも復活がいつ頃になるか目処をつけるため、検査を行う予定だ
●‘ラジオ・マルカ’の情報によると、スペイン代表のルイス・アラゴネス監督は辞めない。辞任表明後、翻意した。アラゴネス監督は11日午前、辞任を表明。しかしスペインサッカー連盟(RFEF)は、これを拒否した。RFEFのホルヘ・カレテーロ広報は、「RFEFはアラゴネス監督を全面的に信頼している」と発表。そして「監督の仕事を支援する」とし、両者に考え直す時間48時間を与えたとした。
●セビージャのホセ・マリア・デル・ニド会長は、2つある映像配信会社のうち1つと、放映権について12日から交渉すると発表した。会見でデル・ニド会長は、「テレビ放映権を売るため、他の配信会社とも話をしていた」と、語った。そして、「他のクラブが手に入れたのと同様の権利を尊重してくれる、全ての会社に対して門戸を開いた。私たちの要求を聞いてくれる配信会社に売ることができる」
●レアル・マドリーの左SBロベルト・カルロスは、水曜日に行われるチャンピオンズリーグ、グループリーグ対オリンピック・リヨン戦でチャンピオンズリーグ100試合出場を果たすことになりそうだ。
●R・マドリーのサルガドは、リーガ第2節のレバンテ戦で左膝打撲と捻挫で負傷退場し、チャンピオンズリーグ第1節対オリンピック・リヨン戦欠場が決まった。
●バレンシアのFWビジャが、自身にとってデビュー戦となるCLの出場を待ちきれない様子で語った。「CLが始まるということに、信じられないくらいワクワクしている。この大会の試合は以前はテレビ観戦していたが、ようやく自分が出場できる。この初戦で勝ち点3を手にし、良いスタートが切れるよう願っている」
●バレンシアのキケ監督「ようやくこの時がきた。われわれはとても楽しみにしている。再び欧州最高峰レベルの戦いの場に立てるということは、バレンシアにとっても良いことだ。まずは勝利を求めて戦うこと。と同時に、このグループリーグは(最大で)勝ち点18あり、それを考えた上で頭を使いながら戦うことも必要だ」
●12日にチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第1戦で、ホームにブルガリアのレフスキ・ソフィアを迎える、ディフェンディングチャンピオンのバルセロナ。試合前日の記者会見の席でライカールト監督は、バルセロナ有利の声が挙がる中、あらためてチームに謙虚さを求めた。「試合前の段階で、どのチームが有利ということはない。それは常にピッチ上で披露していく必要がある。もちろん『バルサ有利』という声が挙がっているのは現実で、今さら変わるものではないが、そういったものはわれわれのメンタリティーに影響しない。相手チームに敬意を持ちながら、良いメンタリティーで戦いたい」
●移籍マーケット最終日(8月31日)に、チェルシー入りを決めたDFアシュリー・コールは、古巣アーセナルとの契約交渉が決裂した経緯を暴露。その内容が、大きな注目を集めている。先日、自叙伝『マイ・ディフェンス』を発売したコール。その中で、契約交渉中に古巣から受けた屈辱の数々を、次のように書き記している。「デイビッド・デイン副会長とは、代理人を通じて週給6万ポンド(約1320万円)で合意していた。でも、土壇場で5万5000ポンド(約1210万円)を提示されたんだ。彼らは5000ポンド(約110万円)を値切るのに必死だった。この話を聞いたときは、怒りで体が震えたよ。交渉が決裂したのはそれからだ。その後、デイン副会長には、『魂を捧げてきたクラブに裏切られた』と直接言ってやった。ティエリ・アンリに移籍の話が出たときは、マスコミも使って慰留作戦を繰り広げたくせに、僕のときは何の説得もなし。悲しいけど、ガンナーズは僕を引きとめようとしなかった」
●元カリアリFWで現アズーリ(イタリア代表)U21第2監督ジャンフランコ・ゾラ(40)がユニセフ大使に就任した
●9日に行われたセリエA開幕フィオレンティーナ戦で移籍後初ゴールを決め、アウェイで2-3勝利に貢献したFWズラタン・イブラヒモビッチが11日、現在の心境を語った。イブラヒモビッチは「カペッロ監督(元ユベントス監督)とマンチーニ監督のカルチョは本質的に異なる。自分としてはインテルのやり方の方が気に入っており、自由にやらせてもらっている。現状にとても満足しており、体調も良い。新しい同僚とも打ち解けてきている。満足のいくスタートを切れたので、この調子で頑張りたい」
●セリエB開幕戦が行われた9日、ユベントスはリミニと対戦したが1-1のまさかの引き分けに終わった。この試合でユベントスはコンディション、準備不足が浮き彫りとなった。ユベントスには現在も各国の代表選手が多く在籍しており、6日に各国で行われたユーロ予選から全員が戻ったのは試合前日の8日だった。
●ASローマスパレッティ監督が11日、翌日に迫った欧州CLシャフタル・ドネツク戦について語った。欧州CL初挑戦となるスパレッティ監督は「気負い過ぎないように注意している。間違いなく感動するだろうし、生涯忘れる事の出来ない1日となるに違いない。シャフタル・ドネツクはウクライナの強豪。現在リーグ戦でも素晴らしい結果を出している。選手個々の能力も高いので、厳しい試合となるはずだ。我々には欧州CLの経験が乏しいが、自分達が築いたカルチョを信じる事が出来れば勝機はある」
●ACミランに移籍したブラジル人FWリッカルド・オリベーラ(26)が、10日に行われたラツィオとの開幕戦に途中出場し貴重な追加点を決め2-1勝利に貢献した。ゴールは後半25分、FWアルベルト・ジラルディーノ(24)と交代してわずか8分後の事だった。スタジアムで見守ったACミラン副会長アドリアーノ・ガリアーニは「完璧なゴールだった。これで彼が素晴らしい選手だという事が分かってもらえたと思う。20年も移籍を担当しているのだから私の目に狂いはない。彼がこの調子で100%のコンディションとなった時、アンチェロッティ監督は誰を先発出場させるか悩む事になるだろう」
●ASローマMFシモーネ・ペロッタ(28)が所属クラブと2010年まで契約を延長した事が12日、判明した。イタリア代表メンバーとしてドイツW杯優勝に大きく貢献したペロッタの年俸は300万ユーロ(約4億5千万円)との事。
●シャルケ04に所属するアサモアは、ロストック(旧東ドイツ)で行われたカップ戦(1-9でシャルケ04が勝利)で人種差別を含んだ暴言を観客から受けた。「時代は変わったと思っていた。傷ついた」と人種差別について語る
●ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で、フランスのジダンから頭突きを受けたイタリアのマテラッツィが、関係修復のためジダンを自宅に招待していることが11日、分かった。英紙イブニング・スタンダードが伝えた。
●先日のDFB杯1回戦で、ベルダー・ブレーメンは3部のピルマゼンスに敗れたが、その際、ワールドカップ得点王に輝いたドイツ代表FWミロスラフ・クローゼが、足を痛めるアクシデントが起きた。ピルマゼンス戦の翌日、クローゼは大たい部の張りを訴え診察を受けた。12日にロンドンで行われるチャンピオンズリーグのチェルシー戦に出場できるかどうかは、現地で様子を見て決められるという。
●CLグループC、ホームでのボルドー戦を12日に控えるガラタサライのゲレツ監督は11日、試合が行われるアタテュルク・オリムピヤト・スタジアム(オリムピヤト)で前日記者会見を行い、勝利を誓った。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。