UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/08/30UEFA情報 アタランタ、バイエルン・ミュンヘン、ユベントス、インテル、フィオレンティナ、リヨン、オセール、レアル・マドリー、ベティス、バレンシア、エスパニョール、アトレティコ・マドリー、ビジャレアル、セビリア
●元イタリア代表FWクリスチャン・ビエリ(33)がセリエA昇格組アタランタと正式契約を結んだ事が29日夜、判明した。アタランタ公式サイト上の発表によると契約内容は「1年契約、月給1500ユーロ(約22万円)」とのこと。度重なる負傷によりドイツW杯出場を逃したビエリは今夏移籍市場序盤にフランスリーグ・モナコからセリエAサンプドリアに移籍したが、快方に向かわない膝の状態を理由に今月10日、クラブとの話し合いを経て異例の契約破棄に終わっていた。
●バイエルン・ミュンヘンのMFオーウェン・ハーグリーブスが、今夏のマンチェスター・ユナイテッド移籍を断念した。ドイツ・ワールドカップにおける活躍で、一躍注目を集める存在となったハーグリーブス。イングランドから多数の獲得オファーが舞い込み、1700万ポンド(約34億円)を提示するマンチェスター・ユナイテッド入りが確実とされていた。カナダに生まれ、ドイツでプロキャリアをスタートさせた25歳も、自身初となる母国でのプレーを希望していたが、2010年まで契約を残すバイエルンは放出を拒否。
●ジャンルイージ・ブッフォン(28=ユベントス)が29日、カルチョ・スキャンダル判決について語った。ACミラン、フィオレンティーナ、ラツィオがA残留する中、ブッフォンは「我々ユベントスに対する根深い恨みが存在している。判決が正当であるならば、個人的にはセリエBペナルティ17ポイントを受け入れる準備は出来ている。ただ、判決は公平でなければならない。なぜユベントスだけが?釈然としない点が多過ぎる」
●ユベントスGMアレッシオ・セッコが29日、プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド移籍が噂されるフランス人FWダビデ・トレゼゲ(28)の去就問題について語った「クラブとトレゼゲの絆は固い。彼はユベントスでプレイする事に満足しており、残留する意思をすでに表明している。27日に行われたイタリア杯に『トレゼゲがチーム帯同を拒否した』という報道がされたが、全く事実無根。彼は筋肉を傷めたのでトリノに残ることを選んだ」
●インテルのオーナ、マッシモ・モラッティが26日に行われたスーパーカップ対ASローマ戦で見せ場なく途中交代となったブラジル人FWアドリアーノ(24)を擁護した。モラッティは「新聞報道でアドリアーノに対する色々な中傷記事を目にするが、クラブ内では誰もがアドリアーノを可愛がっており信頼している。アドリアーノは人間としてもサッカー選手としてもインテルにとって不可欠な存在だ」
●イタリア・サッカー界の不正問題で、処分を受けたフィオレンティナの再審理が29日、同国オリンピック委員会仲裁機関で行われたが、処分は変わらなかった。
●移籍を希望していたフランス代表FWシドニー・ゴブーは結局リヨンに残留することになった
●クラブの公式サイトによると、元ソショーのMFペドレッティは、オセールと3年契約を交わしたとのことだ。ペドレッティはリヨンにおいて、ディアラ、ティアゴ、トゥララン、ジュニーニョらに中盤のポジションを奪われていた。
●ASローマ29日の時点で正式に発表されたのは、エジプト人FWミドがトッテナムに復帰することと、20歳のブラジル人DFロドリゴ・デフェンジを期限付き移籍で獲得することのみ。
●FWルイ・サハは記者団に対し、ジネディーヌ・ジダンの引退による喪失感についてこう打ち明けた。「僕たちの頭の中にはジダンの幻がいるんだ。いなくなって本当に寂しい。新しいページをめくるべき時だけれど、難しいね。でもリベリーのような新たなスターもいるからね」
●「僕はレアル・マドリーで幸せだ。長い間、このクラブでプレーできればいいと思っている」。2006年ゴールデン・フット賞を受賞したレアル・マドリーのブラジル代表FWロナウドは、モナコで行われた受賞式でそうコメントしている。しかし、レアル・マドリー側ではこの言葉を額面通りに受け取ってはいないようだ。ロナウドの移籍騒動はまだ終わりを見せていない。クラブ側でもロナウドのレアル・マドリー残留をはっきりさせておらず、一度はなくなったと言われるACミランとの間にある移籍話しをまとめるべく引き続き解決策を模索しているところだ。そして、インテルもまたロナウドの動向に注目しており、ロナウドとアドリアーノの交換トレードを検討しているとも言われている。ロナウドがイタリア・フットボール界に戻る可能性も十分にあるという状況だ。
●レアル・マドリーのMFグティの契約は2008年6月30日までとなっているが、同クラブのカルデロン会長は契約延長を望んでおり、それに伴いグティと終身契約を結びたいと考えているようだ。R・マドリーの下部組織出身でトップチームで10年を過ごしたグティ本人のクラブへの愛着は強く、それに前向きな姿勢を見せている。
●ディフェンスの補強を目指すレアル・マドリーは、ユベントスのフランス人DFジョナタン・ゼビナ(28)の獲得に狙いを定めているとフランスのスポーツ日刊紙‘L'Equipe’が報じた。ゼビナはファビオ・カペッロ監督お気に入りの選手で、ASローマ時代にゼビナを獲得した同監督は、2004年に自身がユベントスに移る際にもゼビナを連れていっている。
●レアル・マドリーのパブロ・ガルシアが今季セルタにレンタル移籍することが決定した。R・マドリーが公式ホームページで明かした
●ビジャレアルのイタリア人MFアレッシオ・タッキナルディが、レアル・マドリーのファビオ・カペッロ監督の守備的サッカーに苦言を呈した。「カペッロのスタイルはああだよ。僕は好きじゃないけれどね。彼は勝者になることができる。でも、スター選手の集まるチームをまとめ、勝つのはかなり難しいことだ。彼があのR・マドリーで何をするのか見ていこうじゃないか。R・マドリーがどうプレーするのか見たけれど、良くないね、つまらないよ」。「力はまだ十分に出ていなかったように思える。でも、カペッロはいつもああいうスタイルだ。でも、ここスペインでは理解されないだろうね。スペインの人達はああいう試合(対ビジャレアル戦)を見るのが好きじゃないんだ。攻撃的で良いプレーをして勝つ、そういうサッカーが好きなんだよ、スペインの人達は」。「R・マドリーは1-0で勝つか、もしくはスコアレスドローで終わる試合が増える可能性が高いね。監督のメンタリティがまずは守備を第一に、それから勝利だからね。カペッロはそういう人だし、変わらないよ。ユベントスの時もそうだったからね。それがイタリアのメンタリティでもあるんだ。ゴールを奪われないこと、勝利という結果が優先されるんだ。カペッロは今回もここスペインでイタリア式サッカーを披露すると思うよ」
●ついにアトレティコ・マドリーがマニーシェ(28)を獲得した。マニーシェは、昨シーズンの冬のマーケットからアトレティコ・マドリー入団が噂されていた。3シーズンの契約で、30日、ビセンテ・カルデロンスタジアムの貴賓席において入団発表を行う。
●バレンシアでほとんど出番が無く、モリエンテスの加入でポジションが無くなり、戦力外通告を受けたオランダ人FWクライファートは、バレンシアのチーム練習場で、自己練習を行った。記者団の質問に対し、クライファートは、「たくさんのチームが、僕に興味を持っている。その中には、チャンピオンズリーグに出場するチームも含まれている」と、語った。
●スペイン1部リーグは29日、1試合が行われ、昨季の欧州連盟(UEFA)カップ覇者のセビリアが今季昇格のレバンテに4-0で快勝した。
●セビージャのヘスス・ナバスに対して、リヨンが1500万ユーロ(約22億3500万円)のオファーを出していたことが分かった。セビージャは即座にそのオファーを拒否したもようだ。
●移籍金2500万ユーロ(約37億3700万円)、6年契約でクラブのシンボルであるホアキンをバレンシアに移籍させたベティスは、この資金を元にブラジル人FWラファエル・ソビス(21)、ドイツ人MFダビド・オドンコール(22)と若手有望株の2選手を獲得した。
●ACミランは、是が非でもベティスのリカルド・オリベイラを獲得したいようだ。すでに、オリベイラはメディカルチェックを受け、ACミラン入団の準備を進めている。オリベイラの代理人、ロベルト・アシス氏は、ベティスがオリベイラに対し、レンタル期間が終了しているにもかかわらず、ブラジルのサンパウロから戻らなかったことで、100万ユーロ(約1億5000万円)の罰金を課したことも含めて、「いい形でベティスとも交渉を進めて行きたい」と、話した。
●ベティスからバレンシアへ移籍したホアキンは、入団会見で移籍交渉が難航し、苦難の移籍となった事を認めた。「プロ生活でチームを変える時は、厳しい状況が待っていると分かっていた。移籍交渉では苦しい思いをさせられた。しかし、よくある事であり、早く乗り越えることだ。サッカーを辞めるとさえ考えたことがあった」
●インテルのフランチェスコ・ココは現在エスパニョールと接触しており、今季中の移籍を模索していることを同選手の父親が明らかにした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。