UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/08/29UEFA情報 インテル、ASローマ、ACミラン、アーセナル、アタランタ、フィレンティーナ、カターニア、レアル・マドリー、バレンシア、ベティス、バルセロナ
●アズーリ(イタリア代表)主将DFファビオ・カンナバーロ(32)が28日、9月2日から始まるユーロ予選出場の為、所属クラブのあるマドリッドから代表合宿地フィレンツェに向った。15ヶ月ぶりに代表召集された同僚FWアントニオ・カッサーノ(24)のコンディションについてカンナバーロは「アントニオに関しては何も心配していない。コンディションは良好で本人も代表復帰を喜んでおり、練習中にも好不調の波がない。本来のカッサーノに戻っている。アントニオも自分がクラブと代表にとっていかに重要な存在かを自覚している」
●今シーズン終了後にレアル・マドリーとの契約が切れるMFデイビッド・ベッカムが、同クラブと2年間の契約延長をしたとラモン・カルデロン会長が伝えた。これによりベッカムのR・マドリーとの契約は2009年6月までとなる。「スポーツ面での観点から契約を延長した。もちろんマーケティングというテーマも大事だがね。だが、クラブはスポーツ面を優先しているし、カペッロ監督もベッカムの契約延長に満足している」。
●バレンシアは28日、ベティスが全ての条件にサインしたことによりMFホアキンの契約が完了したと公式サイトで伝えた。この2週間交渉が遅れたが、バレンシアが2500万ユーロ(約37億5000万円)の移籍金を支払い、フアン・ソレール会長がベティスの大株主で前会長のマヌエル・ルイス・デ・ロペラ氏から出された条件を、個人的に保証して解決した。
●MFホセ・アントニオ・レジェスは、今夏でアーセナルを去りたがっている。まずレアル・マドリーと、その後アトレティコ・マドリーと交渉したが、どちらも合意に至っていない。それでも、移籍期限となる31日にはかつて知ったるリーガに復帰できると信じている。
●R・マドリーのデンマーク人MFグラベセンの代理人シヴェヴァエク氏は、同選手の移籍に関してセルティックと合意に達した。あとはR・マドリーが移籍金300万ユーロ(約4億5000万円)というセルティックのオファーに合意するかが焦点となっている。
●8年間契約でポルト・アレグレからベティスへ移籍する事となったブラジル人FWラファエル・ソビスは、セビージャの病院でのメディカル・チェック後に行われた記者会見で「ベティスへの移籍が実現し、とても幸せだ」と喜びを伝えた。
●1点が決まるまで苦労したバルセロナだが、リーガ開幕戦を白星で飾った。開幕戦に勝利しただけではなく、バルサらしい試合内容を見せたことがファンにとってはうれしいニュースとなった。ロナウジーニョを欠いたバルサだが、前半の終盤あたりから本来の力を見せ始め、試合をコントロールしゴールチャンスを作りだした。セルタに引き分けにされた時点でも集中力を切らすことなくプレーし、結果試合終了間際にグジョンセンの決勝弾を生む結果となった。スコアは2-3
●アズーリ(イタリア代表)監督ロベルト・ドナドーニが28日、15ヶ月ぶりに代表復帰を果たしたFWアントニオ・カッサーノ(24=レアル・マドリー)の召集理由を語った。08ユーロ大会予選を前にドナドーニ監督は「カッサーノは代表で必ず結果を出す。今回が彼にとって最大のチャンスであり、ぜひ生かしてもらいたい。カッサーノは素朴な青年、彼と会話をする時は明確に意志を伝える事が重要だ。確かに彼はサッカー選手として何度か過ちを犯したが、才能に満ち溢れた偉大な選手である事に疑いの余地は無い」
●ドイツのメディアは28日夜、ボルシア・ドルトムント所属のFWオドンコーが、ホアキンの後釜を探していたベティスへ移籍することが正式に決定したと報道した。
●26日に行われたスパーカップASローマ戦で途中出場し豪快なヘディングシュートを決め、逆転勝利に大きく貢献したインテルのアルゼンチン人FWエルナン・クレスポ(31)が28日、今季にかける意気込みを報道陣に語った。クレスポは「ユーベ降格、ACミランは-8ポイント・・・世間ではインテルが優勝候補筆頭と言われているが、例年同様厳しいシーズンとなるだろう。優勝に関してはシーズン終盤にならないと何も言えない。ASローマも強く、強烈な印象を受けた。その他にも良いクラブは多数ある」
●28日、ブラジルの現地報道によるとコリンチャンスのアルゼンチン代表FWカルロス・テベス(22)がASローマ移籍間近であると伝えた。ブラジルの“オ・エスタド・デ・サン・パウロ”紙によるとテベスの代理人アドリアーノ・ルオッコが正式契約に向けローマ入りしていると報じている。
●ACミランMFジェンナーロ・ガットゥーゾ(26)が28日、「フランス戦はW杯のリベンジにはならない」と9月6日にパリで行われる2008年ユーロ予選対フランス戦に向けて語り始めた。W杯優勝メンバーのガットゥーゾは続けて「リベンジがあるとすれば、ユーロ決勝か次回のW杯だ。今回は通常同様3ポイントを稼ぐ戦いとなる」
●アルゼンチン代表のFWカルロス・テベスを獲得リストに挙げているアーセナル。その移籍実現が、一歩近づいたようだ。プレミアの覇権奪回を狙うアーセナルは、所属するブラジルのコリンチャンスとの契約に、テベスが“契約解除事項”を織り込んでいる点に注目。しかし、その条件は3000万ポンド(約60億円)と高額であるため、二の足を踏んでいた。ところが、テベスの代理人がこのほど、実際の条件が3000万“米ドル”(約36億円)であることを明かしたのだ。
●セリエA昇格組のアタランタ幹部が29日、FWクリスチャン・ビエリ(33)本人と面会し獲得交渉をする事が明らかとなった。アタランタ会長イバン・ルッジェリによると「私は楽天家だが、今回のケースは契約書にサインされるまで何も言わない事にしている。今は我慢の時だ」
●26日に行われたスーパーカップ対ASローマ戦で決勝点となる直接FKを決め、インテルに劇的逆転勝利を導いたMFルイス・フィーゴ(33)が28日、セリエA2年目となる今季の展望を語った。衰え知らずのベテランは「この調子で行けばリーグ優勝、欧州CL制覇も可能だ。選手層だけ見ると我々は最強のチームだが、グラウンドで結果を出す事が重要。我々インテルの力を結果へ結び付けなければならない」
●08年ユーロ大会予選に向け、フィレンツェ近郊のコベルチャーノで行われているアズーリ(イタリア代表)合宿に参加中のフィレンティーナ主将DFダリオ・ダイネッリ(27)が28日、今季の目標について語った。「-19ポイントからのスタートとなるので、上位進出は容易ではない。まずは“残留”に目標を絞り、達成後その先を目指す」
●カターニアはシエナからジャンルカ・ファルシーニを獲得したことを28日に発表した。
●ローマはホッサム・ミドのトッテナム・ホットスパーへの完全移籍に向けた手続きを終えつつある。ミドのイングランド再上陸は時間の問題のようだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。