UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/08/28UEFA情報 インテル、チェルシー、ASローマ、サンダーランド、トリノ、レアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリー、バレンシア、セビージャ、ビジャレアル、デポルティーボ
●26日夜に行われたセリエA王者インテル対イタリア杯王者ASローマによるイタリア・スーパーカップ、0-3ビハインドから4-3逆転勝利を飾ったインテル。翌27日、現地メディアは衰え知らずの活躍でインテルに劇的勝利を導いたMFルイス・フィーゴ(33)を絶賛の嵐で迎えた。ガゼッタ・デッロ・スポルト紙一面は「インテル、狂ってる」の見出しで常軌を逸した逆転劇を称賛。フィーゴに対する個人採点は「8=魂、頭脳、そしてチームの心肺機能。(相手にとって)危険な場面は全て彼の右足から生まれた。途切れる事無く、投げ出す事無く、まるで泉のように湧き出る才能が2トップを支えた」。一方ガゼッタ紙のライバル、コリエレ・デッロ・スポルト紙一面は「インテル、インクレディブル(信じられない)」、フィーゴ採点「8=継続力、貢献度・・・MVP。前半、フラットの中盤右サイドで何をすべきかを熟知。後半ダイヤモンドに変更した中盤でも同様。(決勝点となる)FKは繊細な刺繍細工だ」
●チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、フランス代表のレイモン・ドメネク監督がMFクロード・マケレレを「奴隷扱いしている」と激しく非難した。ドイツ・ワールドカップでフランス代表の準優勝に貢献したマケレレは、大会終了後に代表引退を表明。しかしドメネクは、この守備的MFをEURO2008予選のグルジア戦とイタリア戦のメンバーに招集する強硬姿勢を示した。国際サッカー連盟(FIFA)の規定によると、招集を拒否すれば、所属クラブの試合で出場停止処分を受けることになる。
●26日夜に行われたイタリアスーパーカップ、インテルがASローマ相手に4-3の逆転勝利を飾った。試合後インテルのマンチーニ監督は「どうしても勝利したかった。立ち上がりは悪かった、いや悪すぎた。ASローマがスピードで勝り、最初の40分間は完全に彼らのペースだった。不調FWアドリアーノ(後半16分FWクレスポと交代)?怒りをあらわに交代したようだが監督采配に対する不満ではないと言っていた。この勝利を今日(体調不良で)ここに来る事が出来なかったファケッティ会長に捧げたい。喜んでくれるはずだ」
●26日夜スーパーカップが行われ、3点リードからASローマはまさかの4-3逆転負けを喫した。試合後ASローマのスパレッティ監督は「戦術、テクニック面では上手くいったが、最終的にフィジカル面が継続しなかった。インテルにはハイレベルの選手が揃っており、セットプレイを警戒していたのだが・・・。勝利に値した試合内容だったので、選手達が可愛そうだ。互角に戦ったが敗戦に終わってしまった。3点リードしていただけに悔いが残る」
●ユーロ2008オーストリア・スイス共催大会予選となる9月2日対リトアニア代表、9月6日対フランス代表の試合に挑むイタリア代表召集メンバー24人が27日午後、正式発表された。ドイツW杯組のFWデル・ピエロ(ユベントス)、トニ(フィオレンティーナ)、MFトッティ(ASローマ)は調整不足を理由に、DFネスタ(ACミラン)、FWヤクインタ(ウディネーゼ)、MFカモラネージ(ユベントス)は怪我を理由に召集が見送られている。またW杯決勝戦でジダンを挑発したDFマテラッツィ(インテル)は2試合の出場停止処分中。FWカッサーノ(レアル・マドリー)が15ヶ月振りとなる代表復帰、セリエB降格(27日現在)ユベントスからは2人が選出されている。
●イングランド・プレミアリーグは27日、各地で行われ、前節、開幕2戦目で黒星を喫したチェルシーはブラックバーンを2-0で下し、連敗を免れた。
●イングランド2部リーグ、サンダーランドは27日、マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元アイルランド代表MFのロイ・キーン氏(35)が新監督に就任すると発表した。
●トリノはバレンシア所属のMFステファノ・フィオーレを獲得する可能性がますます高くなっているようだ。
●現在、レアル・マドリーの火急の仕事はセンターバックの獲得である。そして、ASローマ所属のルーマニア代表DFクリスティアン・キブ(25)、PSVアイントホーフェン所属のブラジル人DFアレックス(24)を最優先獲得選手としてリストアップし、この2選手のうちどちらかの獲得を目指して動き始めたようだ。
●アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏がバルセロナ所属のアルゼンチン代表FWレオ・メッシ(19)をまたまた賞賛した。マラドーナ氏は以前にも「メッシは他の選手にはない才能を持ち合わせている」と語り、自身の後継者にも指名している。今回はそのメッシとともにアトレティコ・マドリーに移籍したアルゼンチンの新星セルヒオ・アグエロ(18)をも褒めちぎった。「メッシもアグエロもそのポテンシャルに限界はないと思う。それは私にも想像がつかないことだ。2人ともチームを勝利に導くことができる唯一のアルゼンチン選手だ」。
●リーガが開幕し、まずはバレンシアが勝利を飾った。内容は決して満足できるものではなかったが、それでもバレンシアはまず勝ち点3を獲得。今季の新加入、モリエンテスがスペイン帰還の挨拶としてゴールを決めファンを納得させた。
●ヨーロッパ・スーパーカップで優勝したセビージャのホセ・マリア・デル・ニド会長は、このタイトルは偶然の産物ではなく「予定通り」だったと語っている。会長は「結果が出ないこともあるが、我々は常にセビージャを偉大なクラブにするために頑張ってきた。そして結果が出ただけだ」とクラブのホームページで明かしている。「私がクラブにやって来たとき、セビージャはもう20年もタイトルを獲っていなかった。だから私はチャンピオンのチームを作るために働いてきたんだ。そしてついにタイトルを獲った」というデル・ニド会長。ファンに対して「これからもこのプロジェクトを支えて欲しい。まだ頂点は先にある」とメッセージを送っている。
●レアル・マドリーのカペッロ監督は、27日(日曜日)のビジャレアル戦を前に、ビジャレアルがインタートト杯などによりプレシーズンの始動が早かったことなどを含め、ベストな状態で試合に臨んでくることを予測している。
●レアル・マドリーのカペッロ監督にとって同クラブのブラジル代表右SBシシーニョも絶対に必要な選手ではないようだ。カペッロ監督の構想から外れつつあシシーニョに、クラブ側は800万ユーロ(約11億9600万円)の値段を設定し、カペッロ監督が要望している新たなセンターバックの獲得に向けての獲得資金にあてようと考えている。
●バルセロナのロナウジーニョが、ケガのため月曜日(28日)のリーガ開幕戦、アウェイでのセルタ戦を欠場することになった。バルサのメディカルスタッフによると、ロナウジーニョは25日のヨーロッパ・スーパーカップで左太ももを打撲し、現在も痛みが引かないため、セルタ戦の召集メンバーから外れたとのことだ。
●FCバルセロナのライカールト監督は26日、金曜日(25日)ヨーロッパ・スーバーカップで全くいいところが無く完敗した(0-3)後の選手への対応と、今季のリーガ開幕戦に対する意気込みを報道陣に問われた。「多くの選手はドイツ・ワールドカップで戦ってきたしコンディションが現時点ではあまり良くないことは致し方ないことだ」「勝ち点を上げるためにも、セルタに勝つことは重要であるが、それが一番重要だとは思わない。過去のシーズンを見ても初戦でリーグ戦全てが決まるわけではない。昨季の初戦は引き分けで終わったが、それについて何も言わなかった。それよりも満足してプレーすることが必要であった。まあ、勝ちがついてくれば尚更であるけどね」
●ヨーロッパスーパーカップ決勝戦の前半に負傷したセビージャのブラジル人FWルイス・ファビアーノが、肉離れにより2週間戦列を離れる事が、チームドクターのベアス氏の発表で明らかになった
●リーガ第1節、ベルナベウスタジアムで行われたR・マドリーとビジャレアルの試合は、両チーム際立った得点チャンスも無いまま0-0で勝ち点1を分け合った。
●デポルティーボ・ラ・コルーニャのレンドイロ会長がトリスタン、スカローニ、ドゥシェールの3選手を移籍市場が閉まる8月31日までにはどうにかして売却させたいと考えている。「あるケースでは選手がオファーの詳細を要求していて、それが事を複雑にさせているが、両者が協力しあえば31日までには合意に達すると思う」と語った。
●ゴンサロ・ロドリゲスの長期戦線離脱により、センターバックの補強が急務のビジャレアルが、アトラス(メキシコ)所属のアルゼンチン代表DFファブリシオ・フエンテスの獲得に動いていることが判明した
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。