UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/08/18UEFA情報 チェルシー、ユベントス、レッジーナ、インテル、ウディネーゼ、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、ビジャレアル、バレンシア、ベティス、マジョルカ、バルセロナ、デポル
●16日、ドイツW杯優勝国イタリア対クロアチアの親善試合は0-2でクロアチア勝利に終わった。
●チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、新シーズン開幕直前に行なわれた国際親善試合の日程を激しく非難した。「ナイジェリアは新監督が決まっておらず、試合をしなかった。そして、ポルトガルは親善試合を組まなかった。これは、非常に賢明な決断だ。この時期、選手は所属チームでトレーニングに励むべき。ポルトガル代表の監督(ルイス・フェリペ・スコラーリ)は聡明な人物だよ。プレミアリーグは今週からはじまる。各チームの監督は、準備に集中したいんだ。特に我々の場合、2週間弱しかトレーニングをしていないのだからなおさらだ」
●不正により04-05季、05-06季の優勝剥奪に加え、B降格とカルチョ・スキャンダル判決一人負け状態のユベントスが今後の方針を訴えた。名門復活に向け掲げたスローガンはなんと「サムライ」、日本が世界に誇る武士道こそが今のユーベに必要だと判断した結果だった
●04-05季の不正発覚により捜査当局から“セリエB降格と-15ポイント”を訴えられていたレッジーナに17日、判決が下された。“A残留も-15ポイント”の判決結果に胸を撫で下ろすパスクワーレ・フォーティ会長とは対照的に、ワルテル・マッツァーリ監督の失望は隠せるレベルではなかった。
●チェコ代表MFパベル・ネドベド(33=ユベントス)が16日、会見の場で代表引退理由を語った。「今回の決断はフィジカル(の衰え)が原因ではない。だからこそ余計に決断が困難だった」
●W杯後に勇退したリッピ元代表監督が16日夜に行われるクロアチアとの親善試合で代表監督デビューを飾るドナドーニにエールを送った。「ドナドーニは優れた人物であり、成熟した選手としてインターナショナルな経験を豊富に持つ監督。全ての面から彼は『機能する代表』を見出すだろう。彼なら上手くやると信じているよ」
●ユベントス会長ジョバンニ・コボリ・ジリが16日、多くの報道陣が見守る中、去就が注目されるFWダビデ・トレゼゲ(28)とMFマウロ・カモラネージ(30)について説明した。セリエBからの出発となる名門の会長は「クラブ側はトレゼゲとカモラネージの残留意思を既に確認している。これで何人かの経験豊かな選手を軸に良いチームを築く事が出来る。リーダーとなるデル・ピエロ(31)を中心に、若い選手達もベテラン選手に追随してほしい」
●チリ人MFデビッド・ピザーロ(26)の代理人フェルナンド・ヒダルゴが16日、インテルで出場機会に恵まれていないピザーロのASローマ移籍を示唆した。ヒダルゴ代理人は「ASローマ側から連絡があった。17日にインテル幹部とASローマ幹部がミラノで話し合いの場を持つ。ピザーロ自身もASローマ移籍を希望しているが、ASローマからの正式なオファーがまだ(インテルに)届いていないのが現状。私の予想では今回の移籍は共同保有という形で終結するのではと思っている」
●今夏の移籍市場、欧州クラブで最もお金をばら撒いているインテル・オーナーのモラッティが17日、自身の移籍哲学を明かした。ミラノを拠点とするインテルを率いるモラッティは「FWズラタン・イブラヒモビッチ(24=元ユベントス)を獲得する事で、こんなにもACミランにショックを与えるとは想像していなかった。また、ACミランがイブラヒモビッチ獲得にこれほど真剣であったのも知らなかった。勿論、嫌がらせの為にイブラヒモビッチを獲得した訳ではない。ただカルチョ界は競争社会なので、他クラブの補強を妨害する事も時には必要な事」
●ビッグ・クラブへの移籍を熱望するウディネーゼFWビンチェンツォ・ヤクインタ(26)が17日、詰め掛けた報道陣に現状を明かした。W杯優勝メンバーのヤクインタは「自分の去就に関心が集まっているようだが、移籍問題がどうなっているのか全く知らされていない。まずは会長と話し合ってから。ACミラン、ユベントス、マンチェスターU、ASローマと報道では色々クラブ名が挙がっている様だが、全てでたらめ」
●イングランド代表MFオーウェン・ハーグリーブスのもとに、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)からオファーが届いた。カナダ出身ながらイングランドの代表入りを選んだ25歳のハーグリーブスは、1999年からバイエルン・ミュンヘンでプレーしている。
●レアル・マドリーは、アメリカツアーから帰国後、2日間の休暇をはさみ、16日(水)からチーム練習を再開したが、バルデベバスの練習場にデビッド・ベッカムの姿はなかった。ロンドンで休暇をとったベッカムだが、マドリー行きの飛行機に乗り遅れ、18時30分からの練習に間に合わず、2時間遅れで到着した。
●アーセナルのFWホセ・アントニオ・レジェスのレアル・マドリー移籍に黄信号が点灯している。チャンピオンズ・リーグ予備予選のディナモ・ザグレブ戦(8日)で、ベンチ入りしながら出場が見送られたことで、レアル移籍が確実と報じられたレジェス。「レアルのユニホームに袖を通すのは僕の夢。今からワクワクしている」とコメントするなど、移籍は秒読み段階とみられていた。しかし、レアルのラモン・カルデロン会長は、リヨンのMFマアマドゥ・ディアッラ獲得が最優先とし、スペイン代表FWの去就はアーセナル側の出方次第と語った。
●オリンピック・リヨンのMFマアマドゥ・ディアラ(25)獲得を最優先としているレアル・マドリーだが、どうやら雲行きが怪しくなっている。ディアラ獲得も時間の問題とスペイン国内では報じられ、ディアラ本人もメディア通じ、レアル・マドリーへの移籍希望と、クラブ側にもその意思を伝えたと語っているが、リヨン側はこれに難色を示し、レアル・マドリーからの2000万ユーロ(約29億円)のオファーを拒否。
●オリンピック・リヨンのMFマハマドゥ・ディアラは、同クラブのジャン・ミシェル・アウラス会長に対し、レアル・マドリーへの移籍を希望していると伝えた。リヨン側は難色を示している。「アウラス会長にはR・マドリーに移籍したいという意思を伝えた。しかし、理解してくれていないようだ。移籍の機会を与えてくれるかどうかはわからない。R・マドリーからのオファーなんて一生に1度あるかないかだ。こんなチャンスを逃したくない」
●ポーツマスがビジャレアルのFWディエゴ・フォルランに狙いを定めた。ポーツマスのハリー・レドナップ監督は英国紙‘ニュース・オブ・ザ・ワールド’に対し、「可能なら、今季フォルランを獲得したい」
●カペッロ監督の体制下で戦力外となっているグラベセンは、スコットランドリーグのセルティックへの移籍も視野に入れ始めていて、代理人のヨン・シベバエク氏によると来週にも合意に達するのではないか、という報道がなされた。
●アジャラの件は他のセンターバックを獲得することで収拾がつくかもしれない。これはキケ・フローレス監督が考えたアイデアである。クラブ側がMF、FWの獲得に東奔西走している中、監督はディフェンスを強化するために新たなセンターバックを獲得したいようである。
●ベティスのレオン会長は、新しい後援会の創立式に出席し、レンタル期間が終了しているにもかかわらず、サンパウロから戻っていないオリベイラについて、「戻りたいと思っているというのは理由にはならない。彼と話し合いを持って、厳格な注意をしたい」
●ベティスのスペイン代表MFホアキンが、「新たな一歩を踏み出す時がきた」と移籍を志願していることを明かし、彼に届いているオファーを検討するようクラブ側に求めている。ホアキンは、バレンシアから1500万ユーロ(約22億2700万円)プラス、レゲイロの譲渡というオファーが届いていることも認めた。
●バレンシアは攻撃ライン強化のため、昨シーズン、セリエAのエンポリで18ゴールを上げた27歳のイタリア人FWフランチェスコ・タバーノを1000万ユーロ(約14億8000万円)でチームに迎えることになった。
●イバガサの代理人アレハンドロ・カマニョは、同選手のマジョルカ復帰を狙い、選手強化責任者のナンド・ポンスと交渉している。
●スペインスーパーカップ第1戦でエスパニョールを0-1で下したバルセロナは、06/07シーズン初のタイトル獲得に向けて大きな一歩を踏み出した。エンジンが駆かるまで時間のかかったバルサだが、前半終了間際に生まれたジュリのゴールを守りきり、アウェイでの1戦目をものにした。
●ベティスは現状分析、とりわけMFホアキンとFWオリベイラについて検討するため、マヌエル・ルイス・デ・ロペラ前会長を筆頭とした幹部会を行った。この幹部会には新会長に選出されたばかりのホセ・レオン氏、ハビエル・イルレタ監督、スポーツ・ディレクターのマヌエル・オルテガ・モンパルレ氏も出席した。まず、バレンシアから出された移籍金1500万ユーロ(約22億3500万円)にMFマリオ・レゲイロを付けるという条件での、ホアキンに対するオファーについて検討。また、チームへの合流を拒否しつつも、幹部と会うため間もなくセビージャに戻ってくるオリベイラの現状についても話し合った。
●レアル・マドリーのFWロナウドは、ひざの治療にすでに1か月費やしており、リーガ開幕までにチームに合流するのは厳しくなった。ロナウドは少しずつリハビリをこなし、だいぶ回復しているものの、R・マドリーは走るのに危険が伴ってはいけないと慎重な姿勢で、開幕戦のビジャレアル戦(26、もしくは27日)での起用をあきらめている。
●R・マドリーのカペッロ監督は、噂される新たな獲得候補選手について話す事は、現R・マドリー選手達に対し、尊敬を欠くことになると認めている。しかし、ロナウドの将来についての質問には、「ロナウドがミランに行く?ありえない。インテル?それも無いだろうね」と、疑いなく答えた。
●デポルのカパロス監督は、選手放出をクラブに任しているようだ。退団が噂されるトリスタン、アクーニャ、スカローニについて、「選手もクラブも私の考えは理解しているはずだ。クラブは、彼らとは契約が残っているといっている。それは、クラブのテーマであり、私が関わる範囲ではない」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。