UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/08/08UEFA情報 レアル・マドリー、バレンシア、バルセロナ、イタリア代表、ACミラン、フィオレンティーナ、インテル、ユベントス、ブレーシャ、カルチョ・スキャンダル、チェルシー、アーセナル、バイエルン
●イタリア代表監督ロベルト・ドナドーニ(43)監督が代表若返り策を明らかにした。7日付けのコリエレ・デッロ・スポルト紙の特集インタビューで語ったドナドーニ監督、代表選手選考基準として「ハングリー精神の無い選手は自動的に落選」と闘志溢れる若手を多用する方針を掲げた。
●今夏の移籍市場でフランスリーグのランスからACミランに移籍したフランス人MFヨアン・グルカフ(20)が6日、有料放送ミラン・チャンネルの取材に出演した。ジダンの後継者と噂されるグルカフは「今日初めてサンシーロ(ACミランのホームグラウンド)でプレイ出来て感動した。今はチームにも馴染んでいる。アンチェロッティ監督も『この調子で頑張るように』と言ってくれたし、同僚もみんな親切だ。特にMFホゲルはフランス語を話せるし、色々と助けてくれる」
●昨季の得点王FWルカ・トニ(29=フィオレンティーナ)が移籍に難色を示すフィオレンティーナ会長ディエゴ・デッラ・バーレとの合意案を模索している。7日、有料放送SKYに出演したトニは「会長と一緒に解決策を探したい。自分の考えに耳を傾けてもらいたいし、自分自身も彼の考えを聞きたい。そして解決策を見つけ出したい。会長はかねがね『フィオレンティーナは家族だ』といっているので、自分の事も彼の息子の様に扱ってもらえれば嬉しい。インテルから獲得の意思があると聞いており、とても光栄に感じている。モラッティ(インテル)オーナーは人間的に素晴らしい」
●ACミランDFマルコス・カフー(36)が「もうチーム内には試合当日の雰囲気が漂っている」と9日にホーム、サンシーロで行われる欧州CL予選レッドスター戦に向ける意気込みを語った。
●インテルは7日、チェルシーのアルゼンチン人FWエルナン・クレスポ(31)の獲得を正式に発表した。セリエA経験豊富なクレスポは「2003年8月、涙ながらにインテルを離れた。再び今日、こうして笑顔でインテルに戻る事が出来て幸せだ。自分を評価してくれたモラッティ・オーナー、マンチーニ監督、オリアリ、ブランカ両強化部長にも感謝したい。この恩はピッチで必ず返す」
●移籍を熱望し、練習試合をボイコットしたスウェーデン人FWズラタン・イブラヒモビッチ(24)について7日、ユベントス幹部ジャン・クロード・ブランがクラブの見解を明らかにした。ブランは「イブラヒモビッチのプロ意識を信じているし、ユベントスは我々の選手達がセリエAでもB降格でも受け入れてくれる事を望んでいる。イブラヒモビッチとの契約はまだ残っており我々はそれを尊重するだけだ。彼と代理人も我々と同様に契約を尊重してほしい」
●セリエBのブレーシャとブレーシャ市役所が7日、FIGC(イタリアサッカー協会)会長グイド・ロッシに向けて06―07季のセリエA登録を申し出た。
●カルチョ・スキャンダル捜査当局に押収された携帯電話盗聴の内容からレッジーナが04-05季の6試合で不正を行っていた事実が発覚した。問題となっているのはレッジーナ会長パスクワーレ・フォーティと当時の審判決定最高責任者パオロ・ベルガモとの会話内容。捜査当局はパレルモ(ホーム、アウェイ)、ブレーシャ、カリアリ、ウディネーゼ、サンプドリアの6試合が不正操作されていたと発表。
●チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、MFミハエル・バラック、FWアンドリー・シェフチェンコを今オフ獲得。しかし、「チームこそが重要」として、近年のレアル・マドリーのような‘銀河系軍団’の哲学を自軍に持ち込まないと明らかにした。
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が、チャンピオンズリーグ予備予選、対ディナモ・ザグレブ戦にレジェスを召集した。レジェスは、レアル・マドリー入りが噂されており、ベンゲル監督の采配によって、もしレジェスが、この試合に出場した場合は、レアル・マドリーがレジェス獲得に成功したとしても、今シーズンのチャンピオンズリーグに出す事ができなくなる。
●バイエルン・ミュンヘンの監督フェリックス・マガトに、カリブ海の小国プエルトリコからチームディレクター就任のオファーが届いていることを伝えた
●まだ正式には何も決まっていないが、スウェーデン代表ズラタン・イブラヒモビッチの移籍に関して、ユベントスとミランが合意した、といううわさが出ている。
●レアル・マドリーのファビオ・カペッロ監督は、8月7日(月)から行われるアメリカ遠征に参加する24名の選手を発表したが、トーマス・グラベセン、カルロス・ディオゴ、ハビエル・ポルティージョ、ルベン、ボルハ・フェルナンデスの5選手は召集されなかった。また、ロナウド、グティ、メヒアも怪我により今回の遠征メンバーから外れる一方、新加入となったカンナバーロ、エメルソン、ファン・ニステルローイは参加する。
●レアル・マドリーのDFセルヒオ・ラモスは、アーセナル所属のホセ・アントニオ・レジェスの獲得は、チームにとって的確な補強となるだろうと明かした。「みんなレジェスのことは知っているし、素晴らしい選手であることも分かっていると思う。彼が来たらうれしいよ。僕らのチームにとって的確な補強になると思うからね。今のところ彼は何も言っていないし、どうなるかはまだはっきりしていないようだ。彼が決めるべきことだけれど、チームにとってすばらしい戦力となるはずだよ」
●R・マドリーはポルティージョの移籍についてナスティックと2年の契約で合意した。
●バレンシアの選手として初の公式戦を目前に控えるフェルナンド・モリエンテスは「集中力が高まっていてとても順調に進んでいる。最近は細部を重点的に行っている」
●FCバルセロナのカンテラ(下部組織)筆頭株とされるFWジオバンニ・ドス・サントスの姿はなかった。フランク・ライカールト監督は、DFヘスス・オルモ以外のカンテラの選手を米国遠征に帯同させないことを決めた。
●リヨンのディアラにとって今週が鍵になりそうだ。レアル・マドリーは、リヨンに対し攻撃的に買いに出るだろう。レアル・マドリーとリヨンのチーム間交渉は、レアル・マドリーがオファーした2000万ユーロ(約30億円)とリヨンが望む3500万ユーロ(約52億5000万円)の間でやり取りがされる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。