FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/08/06UEFA情報
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、経験豊富なスター選手を買い漁るチェルシーの補強策を辛辣に揶揄した。「我々がエリック・カントナ(元フランス代表)の獲得に支払ったのは100万ポンド(約2億円)だった。それでは、シェフチェンコはカントナよりも30倍優れた選手なのだろうか? カントナを獲得する際、私は彼のプレーをビデオで何度も観た。しかし、彼があれほどの結果を残すとは見抜けなかった。カントナは過去最高の選手だが、それも今ビデオを見直してはじめて言えることだ」
●チェルシーのMFジョー・コールが、シーズン序盤戦の欠場を余儀なくされることになりそうだ。アメリカツアー中の5日、MLS選抜と対戦し、0-1で敗れた。そして、この試合に後半開始から出場したMFジョー・コールが、右ひざを負傷し途中退場。出場わずか5分後のアクシデントに、ジョゼ・モウリーニョ監督のショックも大きいようだ。
●ジネディーヌ・ジダン(34)引退後のフランス代表主将にMFパトリック・ビエィラ(30)が就任する事が6日、フランス代表監督ドメニクによって明らかになった。
●イタリア代表の代名詞カテナチオ(錠前)を担うDFアレッサンドロ・ネスタ(30=ACミラン)から後継者に指名されたアンドレア・バルザリ(24=パレルモ)が6日、現在の心境をパレルモ公式サイト上で語った。「世界最高峰DFのアレッサンドロに指名されて素直に嬉しい。今後は代表で彼のポジションを引き継ぐことが出来るよう頑張りたい」
●ACミランのガリアーニ副会長は、カカーがレアル・マドリーから獲得候補にあがり続けている状態に終止符を早く打ちたいようだ。「9日にカカーは、チャンピオンズリーグ予備予選に出場する。全ての話はそこで終わるだろう」
●オリンピック・リヨン所属のマリ代表MFマハマドゥ・ディアラ(25)の獲得を狙うのはレアル・マドリーだけではないようだ。レアル・マドリーの他にACミラン、マンチェスター・ユナイテッドもディアラ獲得に関心を示しているとディアラの代理人が明かしており、レアル・マドリーに手強いライバルが出現した。「レアル・マドリー、ACミラン、マンチェスター・ユナイテッドがディアラについて情報を求めてきている。だが、私の知っている限りでは3チームともディアラ獲得に向けリヨンとのコンタクトはとっていない」。
●メキシコ・アメリカ遠征、第2の訪問地であるロサンゼルスを訪れたバルセロナが、6日(日)、NIKE社の主催するイベントに出席し、5000人以上を超えるファンの熱烈歓迎を受けた。このイベントのホスト役を努めたNBAロサンゼルス・レイカーズのスーパースター、コービー・ブライアントと初顔合わせとなったロナウジーニョ。スーパースター同士の初競演にイベント会場は大きな興奮につつまれていた。また、2人は早くも意気投合し、電話番号の交換をしたようだ。
●バカンスを終えチームに合流したバルセロナのデコは、バルサが優勝候補の筆頭に上がるのは「当然」と考えているようだ。「僕らがこれ以上のプレッシャーを感じることはないよ。周りの期待はもっと大きくなるだろうけど僕らは落ち着いている」今季の目標について「これまで通りやるだけ。まずは体調を整えることが先決だよ。それに新しいメンバーも加わったし、それから試合のことを考える」今季は最高で7冠のチャンスがあるバルサ。これについてデコは「多すぎるよ」と言うものの「いい選手が入ったし、選手層がさらに厚くなった」とまんざらでもない。その選手層の厚さについても「頭を抱えるのは監督だね。誰をプレーさせるかを決めるのは監督だから」
●「これから2週間は戦力外の選手の移籍先を探すことが先決だ」。レアル・マドリーではこんな会話が飛び交っている。構想外の選手を“一掃”するのが最優先だとしても、新しい選手がこれ以上来ないわけではない。例えば、レジェスやディアラ、もちろんカカーといった選手の動向から目をそらせることはない。
●パナシナイコスはデポルティーボのビクトル・サンチェスと合意に至り、今週末メディカルチェックと共に最終的な書類へのサインが行われる。
●バレンシアの発表によると、アジャラは3日間の予定でアルゼンチンに帰国した。アジャラは、バレンシアの契約更新にサインせず、ビジャレアル移籍を希望していた。しかし、バレンシア側はこれを拒否。アジャラとバレンシア間に食い違いが出ている。
●FCバルセロナに移籍したザンブロッタ、バルセロナを移籍先に選んだ理由は、「現時点で世界最高のチームだから」と認め、「バルサの選手はテレビで観たことしかなかった。あとは、ユベントスとバルサが対戦した時に知り合ったくらいだ」
●マルセイユを離れたいと表明したフランス代表MFフランク・リベリーが、レアル・マドリーに移籍する可能性がでてきた。
●アトレティコ・マドリーのFWマテヤ・ケズマン「いつだってゴールを決めるのはうれしいね」「僕はストライカーだし、ゴールに餓えているんだ」「今年のプレシーズンはとてもうまくいっている。僕たちはさらに強く、一つにまとまっているよ」
●イタリアのスポーツ紙‘コリエレ・デロ・スポルト’は、ACミランがFCバルセロナのFWロナウジーニョの獲得を狙っていると、いまだにこだわっている。
●ベティスのMFアルスが、右足膝の靭帯を伸ばし、7日、精密検査をするとチームは発表した。怪我の回復までには最低でも10日間かかるとされている。
●ポルトガル代表のシモンは金銭面で納得していないものの、バレンシアが新たに提示したオファーを受け入れる予定である。バレンシアは数週間前にシモンに対し既にオファーを出していたが、クラブの方針で180万ユーロ(約2億6千万円)以上はどの選手にも出さないという制限からシモンとの契約も破談になっていた。
●デポルティーボがカメルーンの2選手をテストすることになった。ディミトリ・パトリス・ヌゼクゥとマルティアル・コウトの2選手は下部組織のルシアーノ・マルティン監督の下で練習をしてきたが、遂にAチームでプレーできる可能性がでてきた。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.