FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/07/26UEFA情報
●レッチェとトレビーゾはセリエBへ戻ることになった。
●新シーズンの欧州カップに出場するイタリアのチームは以下の通り。
<チャンピオンズリーグ>
インテル、ローマ(本戦から)
ミラン、キエーボ(予備予選から)
<UEFAカップ>
パレルモ、リボルノ、パルマ
●マルセイユのリベリー「年末の移籍市場まではマルセイユに残るつもりだ。そのほうがよりオファーをじっくりと検討できるからね」
●イングランドの『ザ・サン』紙によると、アーセナルはチェルシーを説得して、フランス代表DFのウィリアム・ギャラスと、左サイドバックのアシュリー・コールの交換トレードを提案するようだ
●アーセナルのベンゲル監督「現時点でわれわれが獲得を考えている選手ではない」
●クロアチアサッカー協会は元U-21代表監督のスラベン・ビリッチをA代表の新監督に任命した。
●ブラジル代表ドゥンガ新監督「私がプレーしていた時と同じような気持ちの強さをチームにもたらしたい。ブラジル代表でプレーする選手には、モチベーションと勝利への意欲が必要だ」。
●リボルノはウディネーゼから1973年生まれのMFビジガウを獲得した。古巣への復帰となる。
●キエーボはアマウリを失うことになるかもしれない。パレルモとユベントスが興味を示しており、パレルモが有利と見られている。
●ガラタサライは5日、アルゼンチンのエストゥディアンテス所属の23歳MFマルセロ・カルースカ獲得に向けて、両クラブ間で合意に達したことを発表した。
●チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督「トップクラスの選手を多く抱えていると、難しい面も少なくない。全員を満足させることは不可能なんだ。毎年、シーズンが終わると移籍を希望する選手がいるからね。彼らは、レベルの高い環境を求めるのではなく、出場機会を求めてチームを去ってしまう。しかし、今シーズンは、メンバーを20人に絞った。これで選手たちもチャンスを信じて戦えるだろう」
●25日夜、カルチョ・スキャンダルに対する第2審判決が下された。各クラブの判決は以下の通りとなっている(25日、2審判決後現在)。
<ユベントス>04-05、05-06季の優勝剥奪。06-07季はセリエBで「-17ポイント」からのスタート。
<ACミラン>06-07季はセリエAで「-8ポイント」からのスタート。05-06季の結果から「-30ポイント」により05-06季は2位から4位に降格、欧州CL予選からの参加となる。
<フィオレンティーナ>06-07季はセリエAで「-19ポイント」からのスタート。05-06季の結果から「-30ポイント」により05-06季は4位から9位に降格、欧州CL出場権を失う。
<ラツィオ>06-07季はセリエAで「-11ポイント」からのスタート。05-06季の結果から「-30ポイント」により05-06季は6位から17位に降格、UEFA杯出場権を失う。
●インテルのブラジル人FWアドリアーノ(24)「今季はビッグタイトルを獲得したい。すぐにチームに合流してコンディションを整えたい」
●リボルノは25日、アンゴラ人MFホセ・ルイス・ビディガル(33)の獲得を正式発表した。
●「今回の第2審判決には全く納得出来ない。結果的にACミランは結局何も失わないじゃないか。なぜかって?ACミランが欧州CLに予選から出場する事になったとしても、そこでACミランが敗退するはずはないだろ。結局彼らは経済的にも何の制裁も受けない」とパレルモ会長マウリツィオ・ザンパリーニ
●「最初の一歩だ」とフィオレンティーナ会長ディエゴ・デッラ・バーレが25日夜、カルチョ・スキャンダルの第2審判決直後に感想を語った。
●ユベントス会長ジョバンニ・コボリ・ジリは判決直後に「我々ユベントスの過去の業績を考慮するとこの判決は全く受け入れる事が出来ない。上告を考えている」と不服を唱えた
●ブラジル代表でインテルFWアドリアーノ(24)ベスト8に終わったドイツW杯についてアドリアーノは「W杯は予期せぬ結果に終わってしまった。世界最強といわれていても全勝する事は難しい。時に予期せぬ事が起こる。これからは2010年のW杯に向けて気持ちを切り替えなければならない。イタリアが優勝した事に関しては素直に嬉しい。W杯を制した国でプレイ出来る事は自分にとっても光栄な事。当面はインテルでの勝利のみを考える」
●MFクラレンス・セードルフは、「カカは自身の将来について考えているようだ。2日間彼と一緒にいたし、とても元気だった。レアル・マドリー?彼は今、彼にとってベストな選択をするために、何をするのかしっかり考えるべきだ。ACミランが何を言おうとも、誰が何と言おうともね。決めるのは彼自身だからね」
●レアル・マドリーのアントニオ・カッサーノが、火曜日(25日)に行われたプレシーズン第2戦目となるATVイルドニング戦で4ゴールをマークし、勝利に貢献、一躍ヒーローに躍り出た。試合後カッサーノは、「体重に問題はないし、昨シーズンよりかなり良くなっている」
●木曜日(27日)にはサビオラの件に関して全てが決着するであろう。パナシナイコスがバルセロナに、選手本人と話し合いを通じ既に暫定合意に至っており、後はクラブ側の回答が欲しい旨を伝えた公式FAXを送った。ラポルタ会長も3日以内(27日まで)にはパナシナイコスに回答することを約束した。これによりアルゼンチン代表FWサビオラのギリシャのチームへの移籍が決まるかもしれない。
●イタリア代表キャプテンのファビオ・カンナバーロがサンティアゴ・ベルナベウで入団発表を行い、記者会見の席で「新しいチームでリーガ優勝を遂げることが夢である」と語った。背番号5のユニフォームをディ・ステファノ名誉会長から手渡されたカンナバーロは「レアル・マドリーの一員としてリーガのタイトルを取ることが夢だね。そしてそれを目標にすることで、次のステップを踏むことができるよ」
●オサスナのイスコ会長は、アトレティコ・マドリーのラウル・ガルシアへのオファーを退けた。アトレティコ・マドリー理事のヒル・マリン氏は、2週間前に、1200万ユーロ(約18億円)でラウル・ガルシア獲得を狙っていたが、あえなく失敗に終わった。
●バレンシアのスポーツディレクター、カルボーニ氏が、ベンフィカに所属するシモン・サブロサ選手獲得交渉のため、24日夜、リスボン入りした。
●先週金曜日(21日)にアトレティコ・マドリーのプレシーズンに合流したキャプテン、フェルナンド・トーレス(22)だが、マンチェスター・ユナイテッドが3700万ユーロ(約54億円)のオファーを準備していると報じられるなど、欧州のビッグクラブがF・トーレス獲得に強い関心を示しており、彼の移籍の噂は絶えることなく紙面をにぎわせている。沈黙を守り続けたF・トーレスだが、記者会見を開き、自身の気持ちをはっきり伝えた。「僕はアトレティコの選手だ。どこかからのオファーを待っているわけじゃないし、聞くつもりもない。僕はここでとても満足している。それはもう何千回も言っていることだよ。バカンス中はフットボールのことは全て忘れてリフレッシュしたし、新シーズンに向けてこれまで以上に燃えているよ。繰り返し言うけれど、アトレティコから出たいなんて一度も言ったことはない。それはマスコミが勝手に言っていることだ。僕はここに残りたいと思っている。アトレティコとはあと1年契約が残っているし、それを全うするつもりだ」。
●アトレティコ・マドリーとの契約書にサインするためマドリーに到着したポルトガル人MFのコスティーニャは、「チームを昔の地位を取り戻すために頑張って練習する」と抱負を語った。「満足しているよ。アトレティコみたいな素晴らしいクラブでプレーするチャンスを与えてもらったんだからね。アトレティコが昔のようなビッグクラブに返り咲くためにも頑張って練習するよ」とやる気満々
●アトレティコ・マドリーがミスタの獲得でバレンシアと合意に達した。合意は口頭のみのようだが、交渉は大詰めを迎えているようだ。移籍金は約500万ユーロ(約7億3000万円)と見られている。
●ライカールト監督はジオバニ・ドス・サントスについて「彼は若いから、色々なことに惑わされるべきではない。才能に溢れ、トップチームでプレーすることも出来るかもしれないが、今は彼を見守ってやることが必要だ。それに今は選手の数が不足しているから、ユースの選手たちの出来を見ておきたい」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.