FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/07/25UEFA情報
●バルセロナのプレシーズンが始まって1週間が経った今日(24日)、ライカールト監督から1週間のバカンス延長の許可をもらっていたFWサミュエル・エトーがチームに合流した。
●ライカールト監督は、デンマーク合宿にカンテラ(下部組織)から8名の選手を召集。その中にはU-17世界選手権で優勝したメキシコの至宝ジオバンニ・ドス・サントス(17)も入っている。
●バレンシアはシモン・サブロサ選手獲得の為に1500~1600万ユーロ(約22億円)とディ・バイオ選手をベンフィカに提示した
●デポルティーボ・ラ・コルーニャのホアキン・カパロス監督「おそらく新構想はより長期的なプロジェクトとして修正しなければならないと思う。より長い時間をかけ、チーム向上、世代交代を図りたい。」「4月から会長、スポーツディレクターと供にどの選手を使い、どの選手を切るか話し合ってきた。あと1ヵ月後に迫った新季の開幕に向け最終決断をしなければならない時期にきている」
●レアル・マドリーの移籍選手第1号となったイタリア代表DFファビオ・カンナバーロが、マドリー市内の病院で同クラブのメディカル・サービス責任者であるアルフォンソ・デル・コラル医師が見守る中、メディカルチェックを受けこれをパスした。同医師は、「カンナバーロは、牛のように頑丈な選手」と評した。
●レアル・マドリーは、アルバロ・アルベロアのデポルティーボ移籍を公式サイトで発表した。さらに3年以内にデポルが同選手を売却した際には、その50%がR・マドリーに入って来るという条件も付いていると伝えられている。
●デル・オルノは「競争に勝てるという事よりも、チェルシ-での経験を生かし選手として、そして人間として大きく成長したという事をアピールしたい」
●バルセロナのアルゼンチン代表FWハビエル・サビオラは、今週中にも移籍先が決まらなければ、8月1日から始まるバルサのメキシコ・米国遠征に帯同することになりそうだ。「サビオラの移籍先が見つからなければ、我々とともにトレーニングを行う。問題はない。私は選手としても人間としても彼のことは好きだ。ただ、今のところバルサでの彼のスペースはほとんどない」。ライカールト監督はそう説明した。
●ベティスのハビエル・イルレタ監督「スピードがあるのが好きだ。バランスが悪くともね。でも、うまさも求められる。重要なのはチームに手段を与えることであって、そしていい結果を出すことだ」と、述べた。さらに「速い選手がいれば、利用しないといけないし、歩いてプレーできない。もしうまさがなくても、基本的なものはあるということだ」
●レアル・マドリーのカペッロ監督は、チームの中心選手はラウルであり、その重要性を語った。「私はラウルを信頼している。彼はすばらしい選手で、再びチームのリーダーになるだろう。ここ数シーズンは、精神的なことにより調子を落としていたが、それは解消されるだろう。ラウルにはチームのリーダーになって欲しいと伝えた。我々は、チームの核となり、意欲的な選手が必要だ。ラウル自身もそれは承知している」
●FCバルセロナの最後の新加入選手、リリアン・テュラム(35)は、24日、メディカルチェックと2年間の契約にサインするためバルセロナに降りたった。テュラムは、「FCバルセロナでプレーできることがとても嬉しい。このチームでプレーできる事は、どの選手にとっても夢である」
●ライカールト監督は、テュラムについて、「若い選手の見本となる選手だ。すばらしい経歴の持ち主で、経験も豊富だ。常に、プレーができる準備ができている選手だ」ザンブロッタについては、「ドイツW杯では、すばらしいプレーを披露した。運動量がある選手で、左サイドバックも右サイドバックも両方こなせる」
●アルゼンチン代表キャプテンとして、ワールドカップにも出場したビジャレアルのソリンが、イングランド・プレミアリーグへ移籍する可能性が高まっている。
●06-07シーズン優勝本命との呼び声高いインテルが移籍市場を活発にする。ドイツW杯で大活躍した左SBファビオ・グロッソ(28)に続き、故郷アルゼンチンに戻ったベロンの穴埋めとして、昨シーズン開幕前にアーセナルからユベントスに移籍しセリエA1年目から高い能力を披露した世界最高峰ボランチのパトリック・ビエィラ(30)を獲得。大型補強の締めくくりとしてルカ・トニ(29=フィオレンティーナ)、ズラタン・イブラヒモビッチ(24=ユベントス)、ダビデ・トレゼゲ(28=ユベントス)の大物FW3人を獲得候補に挙げている。
●マンチェスター・ユナイテッドから移籍を希望しているFWルート・ファン・ニステルローイの争奪戦で、バイエルン・ミュンヘンが1歩リードしたようだ。同じくファン・ニステルローイ獲得に乗り出しているレアル・マドリーは、1200万ポンド(約24億円)のオファーを提示したが、マンチェスター・ユナイテッド側がこれを断っている。
●インテルのオーナー、マッシモ・モラッティがカルチョ・スキャンダルの結果インテルが05-06シーズン繰り上げ優勝になった場合、シーズン開始前に公約していた優勝ボーナス支払い対象にならないと明言した。
●ウディネーゼ会長ジャンパオロ・ポッツォ「ヤクインタとムンタリを安売りする理由はない。夏になる度に移籍の噂が流れクラブも選手も翻弄される」
●アズーリU21監督、カシラギに決定
●インテル守護神フランチェスコ・トルド(34)「我々DF陣は昨シーズンとほとんど変動がないので有利。W杯を制した左サイドバックのグロッソも加わるしね」
●ACミランのオランダ人MFクラレンス・セードルフ(30)はシェフチェンコ(29)について「彼の抜けた穴は大きい。毎シーズン20ゴールを決めていた選手がいなくなってしまったのだから、我々全員でFWを助けなければならない」
●ブラジル・サッカー連盟(CBF)は24日、1994年ワールドカップ(W杯)米国大会で主将として同国を4度目の優勝に導き、Jリーグ1部のジュビロ磐田でも活躍したドゥンガ氏(42)が新たな代表監督に就任すると発表した。 ドゥンガ氏は「選手には、わたしが現役だった時と同じ意欲を持ってほしい。セレソンのシャツを着るためには、熱さ、モチベーション、勝ちへの執念が不可欠だ」
●ディエゴ・アルマンド・マラドーナはボカ・ジュニアーズの監督就任のオファーを断った。
●ミシェル・プラティニがUEFA(欧州サッカー連盟)のトップの座を目指そうとしている。現会長であるレナート・ヨハンソンの対抗馬として会長選に立候補することが決まった。
●マッシモ・モラッティはロナウドをミラノに連れ戻すための交渉を続けている。『アス』紙の報道によれば、インテルのパトロンのモラッティは以前からレアル・マドリーのフランコ・バルディーニやプレドラグ・ミヤトビッチと接触しており、“怪物”(ロナウドの愛称)を呼び戻すための最善の手段を探っているようだ。
●ワールドカップ(W杯)ドイツ大会でメキシコの監督を務め、退任の意向を表明しているアルゼンチン人のラボルペ氏(54)が24日、母国の強豪ボカ・ジュニアーズの監督就任要請を断ったことを明らかにした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.