UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/07/24UEFA情報
●プレシーズンツアーで訪問中の南アフリカでチャリティの夕食会に参加したファーガソン監督は、700人の招待客の前で、「サッカーを破滅に導いている」とチェルシーの補強策に苦言を呈したと言われている。本人は公の場で批判したとの報道を、全面的に否定
●カルチョ・スキャンダル1審判決の結果、05-06シーズン優勝のユベントスがB降格、2位ACミランは勝ち点半減で8位扱いとなり3位インテルが現時点で首位となった。繰り上げ優勝になるかどうかが焦点となっているインテルだが、喜んでばかりはいられない状況に陥っている。現地紙によるとインテルは昨シーズン開幕前に優勝ボーナスとして一人頭20万ユーロ(約2900万円)の金額を設定しており、選手26名とスタッフを合わせた総額は600万ユーロ(約8億7000万円)にも及ぶ。
●昨シーズンまで所属したアーセナルと古巣アヤックスの対戦による引退試合を終えたデニス・ベルカンプは、監督としてサッカー界に戻る意思がないと明かした。「監督をするなんて考えたことはない。私にとって、魅力的な仕事には映らないからね。アーセン・ベンゲル監督は、『スカウトの仕事をしないか?』って誘ってくれたけど、断った。今はリラックスする時間が必要なんだ。でも、正直サッカー界から完全に身を引くのは難しい。12歳のときにアヤックスに入団してから、ずっと戦い続けてきたからね。もし、何年後かにサッカーに未練が残っていたら、何らかの形でサッカーに関わるかもしれない。ただ、今すぐということはないね」
●昨シーズン冬の移籍市場でACミランに移籍するも出場機会に恵まれなかったブラジル人FWマルコ・アモローゾ(32)が23日、記者会見に応じた。「ミラネッロ(ACミラン練習場)に再び帰って来る事が出来て良かった。この半年間でミランの環境と同僚に慣れたので、ここから再出発する。練習試合で既にゴールを決めたし良いスタートを切ることが出来るだろう」
●「まだいつ退院出来るか、自分の足で歩行出来るようになるか分からないが、一日も早く自分で全てが出来るようになりたい。見ず知らずの人を含め、こんなに多くの人に支えられるとは思っていなかったので大変嬉しい」とジャンルカ・ペソット(35=ユベントス今季限り現役引退)が事件後初めてとなる“ラ・スタンパ”紙のインタビューに応じた。
●トリノにあるモリネッテ病院に入院中のジャンルカ・ペソット(35=今季限り現役引退)を23日、ACミランの監督アンチェロッティ、主将のパオロ・マルディーニ(38)、アレッサンドロ・コスタクルタ(40)の3人が見舞に訪れた。
●インテルのコロンビア人DFイバン・コルドバ(29)がカルチョ・スキャンダルの最終判決次第で、インテルが昨シーズンの優勝を繰り上げ獲得する可能性がある事について自身の見解を明らかにした。「インテルが優勝となるに相応しいだろう。我々は常にカルチョに対し真剣に取り組んで来たので、そうなるなら勿論嬉しい。しかしながら、今は将来に目を向けている。過去の過ちを清算する事も重要だが、我々インテルはもう将来に向け始動している」
●インテルのマンチーニ監督「移籍?今のところ何の進展もない。何件かの交渉を行っている最中だ。急ぐ必要は何もないのでしばらく様子を見るよ。いずれにしても昨年作り上げたチームを大きく変動させるつもりはない」
●昨シーズン、昇格組ながらサプライズを巻き起こし、11位という素晴らしい結果で戦いを終えたル・マンは、クラブ初のリーグアン残留を決めた。それでもフレデリック・アンツ監督率いるチームは落ち着きを保っている。目標はフランスのトップリーグで好調を維持することだ。
●デンマーク代表MFトーマス・グラベセン(30)が、またまた暴言を吐きマイナスの意味での主役となった。グラベセンは練習中、チームメイト特にレアル・マドリー生え抜きの選手達に多くの暴言を吐いていたようで、吐かれた彼らはグラベセンの態度には‘うんざり’といった形で練習を終えている。
●DFジャンルカ・ザンブロッタ(29)が23日、移籍の決まったバルセロナへの思いを語った。「移籍を決意した一番の理由としてバルセロナが世界有数のクラブである事。そして街、人々、選手、監督も素晴らしい。バルセロナでプレイ出来る事を大変光栄に思う。いつからチームに合流するかまだ分からないが、既にライカールト監督と話をしたし、W杯優勝祝いの言葉ももらった」と新しい環境に胸を躍らせている。「ユベントスで過ごした7年間は自分にとってかけがえの無いものだった。人間として成長し、初優勝を経験したユベントスを離れることで寂しいと感じる時が必ずやって来るだろう。しかし、新しい経験を積む為にも新たなビッグ・クラブ、海のある街に移る決意をした」
●来季から戦略外とされているデポルティーボのディエゴ・トリスタンは7月31日までプレシーズン・キャンプが行われているカネラ島へ向けて出発した。レンドイロ会長は他にもルベン・カストロ、モモ、グスタボ・マヌアらの放出を目論んでおり、キャンプへの参加は不可能な旨も示唆していたが、いずれもチームメートと共に同地へ向け旅立った。
●R・マドリーのセンターバック、ジョナサン・ウッドゲイトは、プレシーズンの第一試合目を終え「ピッチでの感触はとても良かった。イギリスで十分にトレーニングを行ったが、その効果が証明された」と回復ぶりをアピールした。
●昨シーズンの大活躍によりリーガの複数のチームからオファーを受け取っているオサスナのラウル・ガルシアが、チームに残留したい希望を明かした。「こういう話題は避けたかったけど、周りから色々言われるから難しいね。でも僕は何も心配していない。僕はオサスナで育ってきたし、これからもチームに残りたい。先のことは分からないけどね」
●左サイドバックのアシエル・デル・オルノが、24日にバレンシアで入団会見を行う。
●シーズン初めての練習試合を勝利で飾ったレアル・マドリーのファビオ・カペッロ監督は、カッサーノのプレーに特に満足したようだ。「フィジカルも戻ってきているし、精神的にも以前の強さを取り戻してきた。プレーしたいという気持ちが現れている。それは何より大切なことだ」
●イルドニングでのプレシーズン合宿6日目、22日(土)の午後の練習で、レアル・マドリーのMFグティが今度は左足首を負傷した
●ビジャレアルのマヌエル・ペジェグリーニ監督は、インタートト杯での敗退に「2試合で4人も退場してはどうしようもない」「今、これ以上話すことはない」「欧州の大会に出場できないのはつらいが、リーガと国王杯に集中するしかない」
●ユベントスから、リリアン・テュラム、ジャンルカ・ザンブロッタを獲得したバルセロナだが、パトリック・ビエイラ獲得の可能性も捨てていないようだ。ベンチの補強は終わったとは考えていないとしたライカールト監督の言葉から、ビエイラがバルサでプレーする可能性が再熱している。
●レアル・マドリーFWソルダードが、1シーズンのレンタルでオサスナに移籍することが、23日、明らかになった。
●カカの移籍交渉を行うため、ミランのシルビオ・ベルルスコーニ会長がレアル・マドリーのトップと会談を行うようだ。ラモン・カルデロン新会長率いるレアルは、ユベントスからエメルソンとファビオ・カンナバーロを手に入れただけでは飽き足らず、次にブラジルのファンタジスタに狙いを定めている。
●22日に行われたインタートトカップのNKマリボル(スロベニア)対ビジャレアルの一戦で退場した、ビジャレアルのFWフォルランに厳しい罰則が下る可能性が出てきた。問題となっているのが、後半ロスタイムに2枚目のイエローカードでフォルランが退場となったシーン。同選手はその前後にNKマリボルの選手と小競り合いをし、計3回、相手選手の顔面を小突く暴力行為を行っている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。