UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/07/22UEFA情報
●「もう引退してしまったので、ジダンに対しては何も変わらない。私はジダンとマテラッツィの問題に介入したくない。ただ、一つ言える事は、FIFA(国際サッカー協会)は今回から挑発者に対しても確固たる態度を取るという新しい方針を打ち立てたという事。良くも悪くもジダンはいつもこうだ。彼の中で『これだけは譲れない』という面を挑発されると理性を失ってしまう」とジダンをよく知るユーベのフランス人新監督デシャン
●イタリア・サッカー界の不正問題で、同国サッカー協会規律委員会に降格処分などを科された1部リーグ(セリエA)の強豪ユベントスら4チームなどの上訴審が22日、始まった。3日間行われ、早ければ24日夜に判決が下される見通し。
●今季ランヌからACミランに移籍したフランス人MFヨアン・グルカフ(20)が20日、ACミラン練習場ミラネッロに姿を現した。ジダンの後継者との呼び声高いグルカフ
●昨シーズン限りで現役を引退した元アーセナルのデニス・ベルカンプは、2006-07シーズンのプレミアリーグが混戦になると予想した。
●「どう考えてもマテラッツィ(32=インテル)に下された判決とジダン(34)に下された判決は公平なものではない。両者は『挑発した者』とそれに『暴力で応戦した者』なのに・・・」とインテルの会長ジャチント・ファケッティがFIFAの下した判決に不満を漏らした
●「激しい運動中に心臓がある胸部への頭突きは心臓発作を引き起こし、死に至るケースもある」とスポーツ医学の重鎮フランチェスコ・フラネッロ医師がW杯決勝戦でジダンがマテラッツィに行った頭突きを医学的に分析した。
●フランスサッカー協会は20日に下されたジダンとマテラッツィの判決に満足した。同協会会長ジャン・ピエール・エスカレーテスは「理性のある正しい判断が下された」
●移籍後、負傷のため合宿に参加出来ずに引退の危機にあるサンプドリアFWクリスチャン・ビエリ(33)に対し同クラブが今後の方針を発表した。「現在特殊な状況下だが、我々サンプドリアはクリスチャン・ビエリを全面サポートする事に決めた」
●インテルのアルゼンチン人FWフリオ・クルス(31)がインテルとユーベ間の移籍交渉成立へのキーマンとなっている。18日に行われた両クラブの幹部会談で、ユベントス会長ジョバンニ・コボリ・ジリがインテルに対し、FWの放出条件としてクルスとの交換トレード案を要求した為。
●「たとえセリエBに降格したとしても我々は誰一人他クラブに移籍させたりはしない」とフィオレンティーナ監督チェーザレ・プランデッリが真剣な表情で語った
●「昨シーズンのインテルにもう少しスポーツマンシップに則った“ずる賢さ”が備わっていれば優勝を手に入れることが出来ていた。今季は長年待ち望んでくれているサポーターの為にも、ぜひ優勝しなければならない」とインテルのアルゼンチン人DFワルテル・サムエル(28)
●21日(金)、バルセロナのジョアン・ラポルタ会長が、同クラブの次期会長選挙出馬に向けて、来週水曜日(26日)にも会長職を辞任すると発表した。クラブの規則では7月~6月を1年度とみなす、とされており、この規則を盾にバルサの反対陣営役員は、2003年6月22日に会長に就任したラポルタ会長は4年の任期を終了したことになると訴えを起こしていた。
●アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長「フェルナンドはやる気満々でバカンスから戻ってきたようだ。特に今年こそ勝ちたいという気持ちが大きいだろう。私は彼がアトレティコを出て行くなどと考えたことはない。私ではなく、君たち(マスコミ)が勝手に考えているだけだ。我々は選手を売るチームではなく、買うチームだ。私は彼に対するオファーがあるかどうかも知らない。こういう話は君たちが勝手に作り上げて広めているだけだろう」
●今季、セビージャは早くも第3節でベティスとのセビージャ・ダービーを迎える。この日程について、フアンデ・ラモス監督は「こういう試合は、出来るだけ早くにやりたい」と満足しているようだ。「この試合にはみんな最高の意気込みで臨むはずだ。もし我々が勝てば非常に嬉しいし、期待も膨らむ。その後の試合に向けて自信にもなる」
●レアル・マドリーのセルヒオ・ラモスは23日からチームのオーストリア合宿に合流予定となっているが、近日中にクラブ側と年俸アップに向けた契約の見直し交渉を行う。そこでまことしやかにささやかれているのが、チェルシーのロベンとのビッグトレードだ
●ファビオ・カンナバーロ(32)のレアル・マドリー移籍が正式決定した。「レアル・マドリーが俺を必要としてくれた事を誇りに感じ、また33歳(9月13日)で新しい可能性にチャレンジ出来る事に満足している。しかしユベントスというかけがえのないクラブで多くの事を学んだ。去る事に関しては胸が痛い。ユベントスで過ごした数年間は人生で重要な意義があった。この場を借りてユーベサポーターにお別れの挨拶をしたい。常に支えてくれ、今まで愛してくれてどうも有り難う」
●クライフ氏は、FCバルセロナが行った新たな選手獲得のプロジェクトについて、「チームにはすでにいい選手がいる。たくさんの新加入選手を迎える必要は無いだろう。むしろ、必要な箇所だけ補強する程度がいい」
●1年前、チェルシーに移籍したアシエル・デル・オルノがリーガエスパニョーラに復帰することになった。チェルシーはデル・オルノに対するバレンシアのオファーを受け入れ、獲得交渉が成立。
●バルサのMFティアゴ・モッタ「今は何よりも無事プレシーズンをこなし来季に向け万全な態勢を整える事だ。そして出場の機会が増えれば最高だ」
●金曜日にセルビア代表監督として2年間の契約を交わしたハビエル・クレメンテ監督は「セルビアのサッカーを世界中が見直してくれるよう、手本となるチームを作りたい」と記者会見でコメントした。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督はフェルナンド・トーレスの獲得を望んでいる。
●オリンピック・リヨンのディアラの名前がこの数日間、R・マドリー周辺で騒がれていたが、まだ忘れられていなかったようだ
●レアル・マドリードのファビオ・カペッロ監督(60)は20日、記者会見で「獲得を目指す選手が5人いたが、そのうち2人は実現した。ほかの3人についても慌てず進めていきたい」と話し、DFカンナバロ、MFエメルソンに続いて、さらに3人を獲得する意欲満々。ブラジル代表FWカカ(ACミラン)、オランダ代表FWファンニステルローイ(マンチェスターU)、同代表FWロッベン(チェルシー)、スペイン代表MFセスク(アーセナル)らが候補と見られる
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。