FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/07/21UEFA情報
●マルディーニは「私にとって今回の欧州CLは最後のチャンスだった。繰り返しになるが、一連のスキャンダルで何かを失った。欧州CL出場の機会を失った今、もう何も残っていない」と失望感をあらわに語った
●「この状況下でリボルノに残留する事は難しい」とリボルノ主将クリスティアーノ・ルカレッリ(30)が有料放送SKYのインタビューで語った。
●マンチェスター・ユナイテッドのルート・ファン・ニステルローイは、バイエルン・ミュンヘンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長にバイエルン移籍を約束し、あとはクラブとの合意のみとなっているとドイツの日刊紙‘ビルド’紙が報じた。
●FIFAの規律委員会は20日、ワールドカップドイツ大会決勝でイタリア選手に頭突きをして退場処分となったフランスのジダン選手に、3試合の国際試合出場停止と罰金7500スイスフラン(約70万円)の処分を決めた。
●アルフィオ・バシーレがアルゼンチン代表監督に復帰するかもしれない。ボカ・ジュニアーズの監督を務めるバシーレは今年11月で63歳。
●インテルの副監督シニシャ・ミハイロビッチは、ビエイラ加入の可能性やクリスティアン・ビエリの現役引退の件について語った。「ビエリは私の親友で、素晴らしい人物だ。サンプドリアに移籍したのはこれ以上ない最善の選択だったと思う。落ち着いた環境で、非常に健全なクラブで、熱狂的なサポーターが応援してくれる。あとは彼次第だ。ひざの問題のせいで引退を考えているのかもしれない。やめることになれば残念だ。まだまだイタリアサッカー界に何かをもたらすことのできる選手だと思う。自分を犠牲にして苦しみに耐えることがまだできるなら、続けられるだろう。もう続けていけないと決めたならそこでやめた方がいい」「ビエイラ? 来てくれるならうれしい。過去には少し彼とやり合ったこともあったが、もう何年も前のことだ。グラウンドの中ではそういうこともある。攻撃陣? いろいろな大物選手の名前が挙げられているが、誰が来ることになっても歓迎する。どの選手もチームの役に立てる、試合を変えられる選手だ」
●ダブリン・シティは深刻な財政難のためシーズン途中でリーグ戦を撤退した
●ブラジル代表監督を辞任したカルロス・アウベルト・パレイラは南アフリカを指揮することになるかもしれない。
●イングランドのメディア『スカイスポーツ』によると、ニコラ・アネルカはフェネルバフチェからポーツマスへの移籍間近だという。
●クリスティアン・ビエリは現役を引退することになるかもしれない。サンプドリアもこれを認めつつ、「われわれは彼を待っている」とコメントした。
●オーストラリア・サッカー協会は21日、2018年ワールドカップ(W杯)の開催国に立候補することを明らかにした。
●バルセロナが、ユベントスのジャンルカ・ザンブロッタ(29)、リリアン・テュラム(34)両選手と契約した、と同クラブのオフィシャルサイトを通じて発表した
●カメルーンでマラリアに感染し入院していたオサスナのFWウェボは、症状も大分軽くなり入院先のサン・ミゲル・デ・パンプローナ病院を後にした。しかし練習を開始するまでにはあと3,4週間かかると見られており、プレシーズンを棒に振ることとなる。
●セビージャのブラジル人右センターバック、ダニエル・アウベスはリバプール移籍に関しては話が進んでおらず、現在はセビージャのために少しでも良いコンディション作りに専念していると語った。
●レアル・マドリーのプレシーズンでアントニオ・カッサーノと再会したファビオ・カペッロ監督は、「今のカッサーノは私が知っているカッサーノではないが、彼が本来の姿を取り戻そうとしている努力は認めている」と明かした。
●バレンシアはFWベルナルド・コッラーディのマンチェスター・シティへの移籍を発表。
●レアル・マドリーのDFセルヒオ・ラモスはリーガ(LFP)に対し、古巣のセビージャが退団料4万ユーロ(約580万円)を支払っていないと訴えたと、彼の兄で代理人のレネ・ラモス氏が通信社‘ヨーロッパ・プレス’に対し語った。
●7月20日(木)、リーガエスパニョーラ2006/07シーズンの日程が発表された。開幕戦は8月26日(土)または27日(日)に行われ、05/06シーズンのチャンピオン、バルセロナはアウェイでセルタと、タイトル奪回を目指すレアル・マドリーはホームでビジャレアルと対戦する。
●レアル・マドリーのカペッロ監督は、カンナバーロとエメルソン獲得を称賛した。ザンブロッタの獲得には失敗したものの、ロベルト・カルロスの残留に期待を寄せている。
●22日にインタートト杯、NKマリボル(スロベニア)とのアウエーでの第2戦を控えているビジャレアルは、スタメンGKをバルボサからビエラに交代することになる。20日、練習後の会見に臨んだバルボサは、「既に監督から第2戦は出場しないことを告げられた。スロベニアではベンチに座ることになる」とコメント。「当初からローテーションとして1試合ずつの出場になる予定だった」と説明したが、第1戦では何でもない直接FKをキャッチミスしたことにより失点しており、ローテーションでなくともスタメン落ちが確実視されていた
●レアル・マドリーは左サイドバックのロベルト・カルロスが移籍した場合に、フランス代表でリヨン所属のアビダルを獲得することを検討している。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.