UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/07/20UEFA情報
●バルセロナがリリアン・チュラム(34)とジャンルカ・ザンブロッタ(29)両選手の移籍で、ユベントスと合意に至ったとスペインのラジオ局‘オンダ・セロ’の番組内で伝えられた。残るは選手本人との合意のみとなっている。
●バルセロナのカンテラ(下部組織)出身のCBセルヒオ・ロドリゲス・ガルシア‘ロドリ’は、ここ数時間のうちにもデポルティーボ・ラ・コルーニャの選手となるだろうと彼の代理人であるハビエル・‘マヒコ’・ディアス氏が伝えた。
●マンチェスター・ユナイテッドの公式ホームページによると、レアル・マドリーのファン・ニステローイ選手に対してのオファーを‘却下’したことを発表した。理由はマンチェスター・Uが希望した2200万ユーロ(約32億1000万円)に対しレアル・マドリーの提示金額が低かった為である
●レアル・マドリーのラモン・カルデロン会長は、サポーターに向け「来週、4人の新戦力を発表できる」と、明らかにした
●アトレティコ・マドリーのDFルイス・ペレアは、FWフェルナンド・トーレスの残留を確信し、今季を予想した。「F・トーレスはチームの中心人物だ。彼は決定を下すが、いい方向に行くと思う。重要なチームメイトだし、残留してほしい。合宿中、この問題については話していない。F・トーレスが僕たちと共にプレーを続けると確信している。まだ最終的な言葉を聞いていないけどね。残留するならすごくいいことだし、移籍するならF・トーレスの幸運を願うよ」
●ベティスのホセ・レオン会長によると、「ベティスは今後上位を目指すクラブへと変革し、ホアキンはそのようなクラブに残ってくれるであろう。彼はこのクラブにマッチしているし、セビージャの街も気に入っている」
●デポルティーボ・ラ・コルーニャのバレロン(31)が帰って来た。バレロンは、1月22日の対マジョルカ戦で左膝前十字靭帯断裂の大怪我を負い、約6ヶ月間、戦列から離れていた。「早く試合に出場できるのを楽しみにしている。今、僕達が行っている1日、3部練習では足りないぐらいだよ。6ヶ月のブランクがあったから、チームに戻れてとても嬉しいし、もっと楽しみたいよ」
●レアル・マドリーが再びアーセナルのセスク獲得に動き出した。しかし、マルカが1週間前に明らかにしたように、アーセナル側は相変わらず‘バチスタ、ロビーニョとセスクの交換’を要求している。
●レアル・マドリードは19日、ユベントスから、イタリア代表DFファビオ・カンナバロとブラジル代表MFエメルソンを獲得したと発表した。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、昨季ボランチで起用し続けたアラン・スミスを、再びFWで起用する考えであることを明らかにした。
●ACミランDFカラーゼ(28)が19日、一連のカルチョ・スキャンダルの判決について語った。ACミランにペナルティとしてマイナス15ポイントが課せられる事についてカラーゼは「マイナス15ポイントから出発して、優勝を果たしたらより喜びが大きい。15ポイントのマイナスは決して少なくはないが可能性はある。気を引き締めて今シーズンに挑む。しかし我々ミランは何も裏工作など行っていないので、この判決自体が誤ったものだと思う。ACミランは潔白なクラブ、15ポイントのペナルティを課せられるべきではない」
●ドイツW杯で最優秀GKに輝いたアズーリ(イタリア代表)守護神ジャンルイージ・ブッフォン(28=ユベントス)がセリエBに降格した場合でもユベントスに残留することが19日分かった。
●ユベントスDFアレッサンドロ・ビリンデッリ(31=ユベントス)がカルチョ・スキャンダルの判決結果に関係なく移籍の意志が無い事を断言した。「自分はユベントスのお陰で一流のサッカー選手になれた。ユベントスの選手であったからこそ国内リーグ、ヨーロッパの重要な試合に出場出来た。一連のスキャンダルの行く末がどうなろうとも、クラブに対する感謝の気持ちは変わらない。ユベントスで自分の現役生活に終止符を打つつもりだ。どのカテゴリーでプレイしようと私にとってユベントスは誇り以外の何ものでもない」
●ユベントスに明るいニュースが舞い込んだ。19日、バカンスを終えたチェコ人MFパベル・ネドベド(34)が今季もユベントスでプレイする意志がある事を明らかにした。ネドベドの契約は2年残っており、今後クラブと詳細を詰めていく模様。
●スウェーデン代表のラルス・ラガーベック監督は、同国代表を引退したヘンリク・ラーション(34)に2008年ヨーロッパ選手権の予選に参加してもらうよう説得する構えを見せており、来週にもラーションと話し合うつもりだと伝えた。
●イタリア・ナポリの検察当局が、サッカーの同国1部リーグでの不正行為疑惑で、新たに2クラブを告発することが19日、分かった
●イタリア代表のビンチェンツォ・イアキンタはウディネーゼに別れを告げる可能性が高くなっているようだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。