UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/07/17UEFA情報
●レアル・マドリーの医師団を説き伏せ、左足頸骨の手術に踏み切ったブラジル代表FWロナウドが新たな火種を撒き散らしている。ロナウドは、手術を翌日に控えた14日(金)の夜、ブラジル代表のチームメイト、アドリアーノ(インテル所属)とリオデジャネイロ市内のディスコで踊りまくっていたようで、規律を重んじるカペッロ監督に早くも頭痛の種が生まれている。
●セビージャのホセ・マリア・デル・ニド会長は新シーズンに向けて「9番を獲得する件については話し合いが大詰めを迎えている」「これはクラブ史上最高金額での移籍となるだろう」「あとほんの少し金額を詰めるだけ」「セビージャのファンは名前のある選手を補強して夢見るようなことはない。なぜなら、今のチームですでに夢は見られるからだ」
●レアル・マドリーの会長候補だったフアン・パラシオスと密約を交わしていたアトレティコ・マドリーのパブロ・イバニェスが、ファンに対して謝罪した。この密約を後悔していると語るパブロは、アトレティコに対する忠誠をプレーで見せたいと語っている。「ここでファンに謝る機会を与えてもらった。あれは間違った行為だった。何といっても相手は永遠のライバルだからね。ファンの気持ちは良く分かるから、まずはごめんなさいと言いたい。でもこれからはピッチでも気持ちを見せていく。アトレティコで満足していること、僕はとても後悔していることをプレーで分かってもらいたい」
●バレンシアのセンターバック、ナバロは合宿先のオランダで来季に向け抱負を語った。「とても楽しみだ。昨シーズンより出場の機会も増えるだろう」とスタメン入りの自信を表わすと共に、「これまでのプレーもまあまあだと思うし、落ち着いて新シーズンを迎えられる。選手権で生き残っていくには、ローテーションを利用して僕ら選手は常に万全な態勢で臨まなければならない」
●カパロス監督の戦略外とされているデポルティーボのトリスタンは「7月22日までに打開案が見つからないようなら、チームに合流しトレーニングを開始する旨を通告した」「会長にはトレーニングの必要はないと言われているが、期限を決めるのは妥当だと思う。スペイン・サッカー選手協会は僕の状況を把握しており、選手はチームと共にトレーニングを行う義務があると主張している」
●マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督は、ファン・ニステローイが他国リーグへ移籍を希望していることについて語った。「私は、デヴィット・ギル(マンチェスター・U社長)がファン・ニステローイについての情報をくれるのを待っている。すでにチームを離れる意志は選手が語っている。レアル・マドリーとB・ミュンヘンが獲得に乗り出しているようだ」
●デポルティーボ・ラ・コルーニャのレンドイロ会長はトリスタン選手の移籍に関し、来週の土曜日(22日)までには決断する、とコメントした。これはトリスタンがクラブに対して訴えた日時にクラブ側が合意した形になる。会長は「22日までには、(移籍交渉の)全てがうまくいけば、トリスタンにとってもクラブ側にとっても良いオファーが決まるだろう。この移籍交渉に全力を尽くすつもりだ」と回答した。
●バレンシアMFのビセンテは自身の25歳の誕生日に「怪我で苦しんだ昨シーズンのことは忘れるよ。キャンプでもチームの状態はとても良く、今季このチームでぜひタイトルを取りたいね」
●レアル・マドリーはユベントスのMFパトリック・ビエラの代理人に、本人の意思を確認するため接触した。
●レアル・マドリーのイタリア人FWアントニオ・カッサーノは、ASローマ時代にファビオ・カペッロ監督とともにタイトルを獲得したようにR・マドリーでも栄光を手にいれることができると確信している、と明かした。「彼を裏切ることはできない」「カペッロがやって来たことは僕にとってプラスとなる。でも、それが全てじゃない。彼の名前からは一人立ちしないといけない時だと思うし、そうしたい。もちろん彼の監督就任がうれしいことには変りないけれどね。この2年、僕の父親のような存在である彼とは練習をしていない。カペッロは僕の才能を開花させてくれた人だし、彼にはいつも感謝の気持ちを持っているし、尊敬もしている」。
●ダビ・スアソ(26=カリアリ)とカルロス・テベス(22=コリンチャンス)。セビージャがFWの補強にと動いている2選手だ。チームの完成度は高まり、選手ともほぼ合意に至っているという。
●イタリア代表主将のDFカンナバロ(ユベントス)がレアル・マドリード(スペイン)への移籍を決めたと16日、スペインの地元紙が報じた。
●バルセロナは16日、日本の楽天と業務提携を結んだと発表した。日本語の公式ウェブサイトを共同運営するほか、楽天はバルセロナの公式クレジットカード、日本語雑誌の発行などを行う。
●バルセロナ所属のFWルードビック・ジウリー。その名を冠したスタジアムがフランスに誕生した。このスタジアムはローヌ県のシャスレーにあり、地元クラブのモン・ドール・ダゼルグはCFA2に昇格したばかりで、ジウリーが名誉会長を務めている。
●ナイジェリア代表でマルセイユのDFタイエ・タイウォは、イングランドの雑誌『キックオフ』のインタビューに答え、スペインリーグのバレンシアへ突然の移籍が決まったことを認めた。
●ブラジル代表でミランに所属するMFカカが、レアル・マドリーへの移籍のうわさについて休暇中のアメリカで沈黙を破った。カカは『アス』紙の取材に対して「レアルに興味を持ってもらいうれしいし、光栄だ。ただ、移籍に関してはまずはミラン側との合意がない限り不可能だ」
●フェルナンド・トーレスの移籍騒動が再燃した。地元TV局「テレマドリッド」の取材に対し、アトレティコ・マドリーのアギーレ監督が「フェルナンドと話したが、彼は私に対してチームへの残留を保証してくれなかった。それ(残留)ができないからだろうね」とコメントしたためだ。
●チェルシーへの移籍がうわさされていたロベルト・カルロスだが、最近ではトルコのフェネルバフチェへ移籍する話が持ち上がっている。
●フアン・セバスティアン・ベロンがアルゼンチンのマスコミに対し、ドイツW杯のアルゼンチン代表の出来を酷評し、ペケルマン監督の戦術を強烈に非難した。「リケルメが二人の選手に囲まれて、それをかわして20メートル走り、さらにいいパスを出させるなんて不可能だ」「あの試合のミスはリケルメを下げて、さらにアイマールを入れなかったことだ。カンビアッソのような守備的な選手を入れれば、必然的にチームは後ろに下がり気味になる」
●なんとeBay(オンライン個人売買のコミュニティー)でカモラネージの頭髪を購入することができる。ドイツ人のユーザーが出品し、わずか1.5ユーロ(約219円)という金額から入札が開始された。
●“サッカー不正疑惑”訴訟の判決の結果、チームが下部リーグに降格することになろうとも、マルキオンニはパルマからユベントスにやって来たことに満足している様子を見せた。
●ユベントス新監督のディディエ・デシャンは、あの行為はジダンという人間を構成する一面だと述べた。「決勝戦では、天才的なキックから生まれたゴール、ちょっとした不運、そして再び明らかになった影の部分を見ることになった。あの行為は許せるものとは言えないが、あれはジダンという人間の一面なんだ」
●ジーコ監督は会見でアネルカについて「アネルカと会って話したときに、彼は私に『ほかのクラブに行きたい』と言った。もう一度フランス代表でプレーしたいようだ。アネルカはプロとして判断を出すだろう。私はアネルカに一緒に続けたいことを説明した。私はこの問題を役員と彼にあずけた。もし残ることを望むのなら、自分が最後まで役に立ちたい」
●リリアン・テュラムは「セリエBのユベントスでプレーする可能性はごくわずかだ」と言い切った。16日にダカールでインタビューを受けたテュラムはこう語った。「今のところクラブとあまり話はしていない。トップリーグに残れるよう、新シーズンに間に合うようにチームを探したい」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。