UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/07/09UEFA情報
●‘マルカ’が入手した情報によると、カンナバロ、ザンブロッタ、エメルソンともにR・マドリーとカペッロ監督からの申し入れを受け入れ、移籍する準備もできているとのことだ。
●レアル・ソシエダのFWコバチェビッチはリハビリ中の1月に左アキレス腱を再び切ってしまい、今シーズンをほとんどプレーしないまま終えてしまったが、報道陣の前で来季について語り、「とても良い状態でスタートを切れると思う、夢と希望を持って新シーズンを迎えるよ。僕は至って元気だし、なんの違和感もない」
●ホアキンは「今までこのチームの為に戦ってきたし、今後も貢献していきたい」と語り、ベティスに残留する姿勢を明確にした
●アトレティコ・マドリーに入団が決まっているゼ・カストロ「チームのために全てを捧げる」「練習に必要なものが全て揃っている。すぐにでも練習を始めたい。そして、チームメイトとコミュニケーションをとりたい」「僕の入団発表の時にはたくさんのサポーターが来てくれた。その期待に応えられるようにしたい。チームにとってすばらしいシーズンになる事を願っているし、サポーターが楽しめるようなシーズンにしたい」
●アスレティック・ビルバオは、8日、サリウガルテ新監督の公式発表を行った。就任会見でサリウガルテ監督は、「近代的で、競争の激しく、チャンピオンになれるチーム作りをする。特に、アスレティック・ビルバオ精神を守っていきたい」
●モリエンテス「バレンシアじゃなかったら、リバプールを出るつもりはなかったよ」と告白。そして、バレンシアのオファーから移籍まで「全てが順調に進んだ」と明かした。「普通ならもっと時間がかかるけど、今回は最初のオファーを受けて、すぐに家族と相談したよ。この決断が正しいと信じているよ」。
●アスレティック・ビルバオを解雇されたハビエル・クレメンテ監督が、公の場でクラブの会長であるフェルナンド・ラミキスを攻撃した。彼の発言を大げさに取り上げ、「私が言ったことを彼は大げさに反応したんだ。メディアの関心を呼ぶために汚いやり方で私の首を切った」
●オリンピック・リヨンのディアラは、来季レアル・マドリーでプレーできることを夢見ている。選手の代理人も、R・マドリーから声がかかるの待っているという気持ちを隠さない。「今のところは何もないが、カルデロン氏はディアラに興味があると言っていた。可能性があるのなら、R・マドリーに行きたいとディアラが考えるのは当たり前だ」
●7年間在籍したデポルティーボを退団することが決まっているビクトルだが、彼の移籍先はどうやらプレミアリーグになりそうだ。
●「今はゆっくり休みたい。代理人と話すつもりもないよ。他のクラブからのオファーは嬉しいけど、アトレティコとはあと2年契約が残っているからクラブに残るのが僕の希望だよ」とアトレティコ・マドリーのマキシ・ロドリゲス
●サッカーの第18回ワールドカップ(W杯)ドイツ大会第24日は8日、当地で3位決定戦を行い、地元のドイツがポルトガルを3-1で破り、1970年大会以来の3位となった。
●ポルトガル代表の指揮官ルイス・フェリペ・スコラーリは、同国代表の監督続行の可能性はあるとしながらも、今後については何も決めていないと伝えた。
●決戦を前に、リッピ監督は試合を食事に例えてこう語った。「われわれは、豪華な料理が並べられたテーブルに着くようなものだ。組織的なプレーや技術面に関しては互角だが、もう一つ試合を決める要因がある。それは貪欲(どんよく)さだ」
●フランスのドメネク監督「今までの試合通りだ。当初から7試合戦う計画だった。私は今まで通りの気持ちだ。決勝戦だからといって、何かが変わるということはない。最後の7試合目に勝って、ゆっくりとバカンスを過ごしたい」
●ユベントスのフランス人DFジョナサン・ゼビナ(27)が7日、ミュンヘン市内の病院で腹壁強化の整形手術を受けた。ゼビナは15~20日で完治し、練習を再開する予定。
●クリンスマン監督は「多くの賛辞を受け、光栄に思っている。その半面、自分が話題の中心でなくなり少しほっとしている。私の将来についてはサッカー協会の意向ではなく、家族と話し合って決定しようと考えている」
●フランスが誇る伝説的プレイヤー、ミッシェル・プラティニが「イタリアがフランスを倒すことが出来るのは2030年だろう」と発言した事を受け、アズーリ(イタリア代表)監督マルチェロ・リッピが応戦した。「各個人の意見を尊重したいが、私は2030年まで待つほど忍耐強くない。フランスに勝利する為にそんなに長い年月が必要とも思えない。あらゆる手段を使ってみるよ」
●アズーリ(イタリア代表)監督マルチェッロ・リッピ「私は英語が話せないのにどうやって監督になれるというのか?全くのでたらめだ。今はW杯で優勝する事しか考えていない。それ以外の話は無意味だ。一ヶ月後には私がどこにいるかお分かり頂けると思う。まぁマンチェスターで無い事は確かだろうが」
●「アズーリ選手達はまるでサソリの様だ。忍耐強く相手を疲れさせ、そして予期せぬ時に攻撃を仕掛けてくる」とフランス代表FWティエリ・アンリ
●アズーリ(イタリア代表)のMFジェンナーロ・ガットゥーゾ「ジダンをマークする事は不可能に近い。自由自在にプレイするジダン対策は神様に『我々の見方について』と祈るしかない。ジダンは34歳という年齢を全く感じさせない。連戦で疲れが溜まっているといいのだが・・・。彼のボール使いはマジシャンのようだよ。彼一人を見るだけでもチケット代を払う価値のある選手だ」
●ニューカッスルのマイケル・オーウェンが来シーズン絶望となるようだ。練習に復帰するのは2007年の7月頃になる見込みだ
●ポルトガル代表がW杯ベスト8でイングランド代表をPK戦の末、倒した事により、ポルトガル代表のエースで、マンチェスター・ユナイテッドに所属するクリスティアーノ・ロナウドへの非難が集中している。イギリスメディアは、「ルーニーの退場はロナウドが審判にプレッシャーをかけて起こった」と、書いている。
●退場処分となったイングランド代表FWウェイン・ルーニーに国際大会2試合の出場停止と罰金処分。アルゼンチン代表DFレアンドロ・クフレには国際大会4試合の出場停止と罰金処分、同じく小競り合い騒ぎに関与したMFマキシ・ロドリゲスには2試合の出場停止と罰金処分となった
●フィオレンティーナはユベントスのFWムトゥ、インテルのDFポテンツァを完全移籍で獲得したことを明らかにした。
●ベルギーとオランダは2018年ワールドカップ(W杯)の招致に自信を見せている。「現実的な夢だ」とある上院議員は語った。両国はユーロ(欧州選手権)2000を共催した経験もあり、次は12年後のワールドカップ開催を狙っている。
●代表チームからの引退を発表しているフィーゴはこう語った。「ドイツは勝利にふさわしいチームだった。こういう試合でキャリアを終えるのはつらい。できる限りのことはやったし、チームとしても全力を尽くした。だが、ドイツは大会を3位で終えるのにふさわしいチームだった」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。