FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/07/07UEFA情報
●レアル・マドリーの新監督に就任したカペッロの理想のスタメンとは、GKにカシージャス、DFラインには右からシシーニョ、カンナバロ(ユベントス)、セルヒオ・ラモス、ザンブロッタ(ユベントス)、中盤にはセスク(アーセナル)、エメルソン(ユベントス)、右サイドにはベッカム、左サイドにはロッベン(チェルシー)、そしてトップにはロナウド、カカー(ACミラン)
●カペッロ「ラウルには非常に期待している。私にとってはマルディーニのような選手だ。新たな補強については、高い競争力を持ったチームを作るため十分な力のある選手たちが加わることになるだろう。そして何より、闘争心を持った選手たちでなければならない」
●今週火曜日(4日)にリバプールとの交渉が暗礁に乗り上げていることを報道陣に発表し、「今日の段階では、アウベス選手を移籍させるために条件面で合意を得ることができなく、先週交渉を打ち切った。従ってアウベス選手の件は忘れてくれ」
●コーチ陣の見直しを図っていたレバンテがロペス・カロ監督と合意に至り、新シーズンに向けて最初の契約を結んだ。契約は1年間、また補強方針についても権限を与えられた。これにより6月2日にラシン・サンタンデールと結んだ契約は破棄することになる。
●「クラブは私が欲しい選手ではなく、自分達が迎えたい選手だけと契約をした。来季は少しでも上位を狙えるようにと思い選手を選んでいたのに、私の意見は全く無視された」とクラブの補強選手獲得への不満をあらわにし、ラミキス会長の勘に触ったアスレティックのクレメンテ監督が、同クラブ監督を解任される可能性が出てきた。
●トレーニングを再開し4日目の今日、サラゴサからビジャレアルへ移ってきたばかりのカニは「容易ではないが、地道な努力を重ねれば優勝も夢ではない」と来季へ向けて野心を表わした
●レアル・マドリーにカペッロ監督「レアル・マドリーを指揮するのを楽しみにしている。レアル・マドリーは、世界で最も大事なチームであり、またタイトルを取れるチームにならなければならない。このところ失われていたレアル・マドリーの精神を謙虚に取り戻していけば、必ずタイトルが取れるチームになるだろう」
●昨シーズンは(レンタルで)セビージャでプレーしたバルセロナのアルゼンチン代表FWハビエル・サビオラだが、セビージャには彼を買い取る意志はないようで、サビオラの将来は未だはっきりしていない。アーセナル、パナシナイコスといったクラブがサビオラに関心を示しているが、ここに来てロナルド・クーマンが監督を務めるPSVアイントホーフェンがサビオラ獲得に名乗りを挙げている。
●バレンシアの左サイドバック、ファビオ・アウレリオ(27)のリバプール移籍が決まった。
●ルドビック・ジュリ「レイモンド・ドメネク監督には、なぜ自分が召集されなかったのか、その理由を直接聞きたい」
●レアル・マドリーのカルデロン会長は、会長選挙の宣伝活動で、ホアキンの名前を獲得候補には挙げていなかったが、ホアキンは、レアル・マドリーの新監督となったカペッロからお呼びがかかることを期待している。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、移籍が噂されていたFWルート・ファン・ニステルローイが、シーズン前のトレーニングでチームに合流すると明言
●トッティ「とても満足している。なぜなら決勝まで辿り着いたから、なぜならドイツ在住のイタリア人に最高のプレゼントが贈れたから、なぜならベルリン(決勝戦開催地)への切符を手に入れたから。我々アズーリはドイツとの準決勝でかつてない異様な雰囲気で戦った。おそらくこんな状況はもうないだろう。にもかかわらず最高の試合を披露出来た。警戒を怠る事無く、常に相手より優れた展開で試合を運んだ。あなた方は更なる試合、メモリアルとなる試合での勝利を要求したが満足させる事が出来たと信じている。あとはゴールに向けラストスパートをかけるのみ。ここまで来たからにはイタリアにタイトルを持ち帰りたい」
●貴重な先制点を決めたアズーリ(イタリア代表)DFファビオ・グロッソ(28=インテル)「ピルロからの絶妙なパスを外していたら今頃いったいどうなっていたのだろう?と想像すると鳥肌が立つよ」
●ベッケンバウアーは「イタリア、フランスはW杯を勝ち進むに際し、深刻な問題を抱えているように思えたので3、4週間前に両チームの印象を聞かれても否定的な言葉しか浮かんで来なかった。イタリアはグループリーグのUSA戦と決勝トーナメント第一回戦オーストラリア戦での試合内容は悪かった。フランスもグループリーグで2位通過となりスタートは悪かった。両チーム共に決勝トーナメント第二回戦から様相が一変、ファイナリストにまで成長した。イタリアが準決勝ドイツ戦で見せた試合は“強さ”そのもので、勝利に値していた。フランスは決勝トーナメント第二戦で優勝候補大本命ブラジルを撃破し、準決勝でポルトガルを破った」
●フランス代表DFリリアン・トュラム(34=ユベントス)が6日、「イタリアの一番の怖さは彼らの団結力だろう」
●W杯グループ予選、対スウェーデン戦で右膝靱帯を損傷したイングランド代表FWマイケル・オーウェン(26=ニューカッスル)は、同箇所の手術を受けるために8週間待たなければならない。
●9日にベルリンで行われるフランスとのワールドカップ決勝で、イタリア代表は伝統の青いユニホームを着ることになった。フランス代表は白のユニホームを着用する。FIFA(国際サッカー連盟)が決定を行った。また、イタリアがこの試合のホームチーム扱いとなることも決定された。
●9日にベルリンで行われるイタリアとフランスによるワールドカップ(W杯)決勝戦で、アルゼンチンのオラシオ・エリソンド主審が笛を吹くことになった。FIFA(国際サッカー連盟)が6日に発表した
●クリスティアン・ビエリは、サンプドリアとの契約にサインを済ませた。
●トルコサッカーリーグのフェネルバフチェの新監督に決まったジーコは6日、契約書にサインし、2年間の契約を結んだ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.