UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/07/06UEFA情報
●レアル・マドリーの新会長ラモン・カルデロンについて質問されたエトーは、「僕達自身の調子が良ければ、R・マドリーがどんな補強をしようとも関係ない」
●チェルシーは、レアル・マドリーがMFアリエン・ロッベンと不正に接触したとして、FIFA(国際サッカー連盟)に調査を求めると発表した。レアル・マドリーの新会長ラモン・カルデロン氏は、「我々はすでにロッベンと話をした。彼はレアルでのプレーを希望している。また、アブラモビッチ会長と話し合いを行なった(スポーツ・ディレクターの)ミヤトビッチによると、チェルシーとの合意にも問題はないとのことだ」
●アトレティコ・マドリーのヒル・マリン専務が地元局‘オンダ・マドリー’とのインタビューで「パブロ・イバニェス(スペイン代表)は3000万ユーロ以下(約43億円)では、売り渡さない。契約があと3年残っているし、それまでA・マドリーでプレーするだろう。アギーレ新監督の構想にも入っているし、A・マドリーは交渉するつもりはない。もしクラブ側と合意しないのであれば、この件を司法の場、もしくはプロフットボールリーグ連盟(LFP)に委ねなければならない。私はクラブでの責任者を明確にし、それ以外のスタッフとは交渉できないようにしている。パブロの3人の代理人は、カマーニョ、フアンマ・ロペス、ダルク・フリオだが、彼ら3人はカルデロンスタジアムへは出入り禁止である」
●レアル・マドリーのカルデロン新会長の公約リストには載っていなかったが、R・マドリーの獲得選手のリストにホアキンの名前が浮上してきた。これは、カペッロ次期監督自身が熱望
●レアル・マドリーがクラブのオフィシャルサイトを通じて、ファビオ・カペッロの監督就任を発表した。契約期間は3年。
●バレンシアのメディカルチェックを無事パスし、3年契約を交わしたフェルナンド・モリエンテスは、「クラブ、特にファンのためにもタイトルを獲得したい」と意欲を明かした
●アトレティコ・マドリーのアギーレ監督は、レアル・マドリー行きが濃厚となっていたDFパブロについては、「彼は後悔していた。アトレティコ・マドリーに残る事で納得している」と、パブロを擁護している。
●バルセロナのジョアン・ラポルタ会長が、同クラブのアンドレス・イニエスタはレアル・マドリー会長選の候補者の1人、フアン・パラシオスに名前を利用されたと明言し、「アンドレスは会長選の被害者と言える。彼は謙虚で自分の立場をわきまえた青年だし、ある候補者と合意に達したなどというデマもきっぱりと否定した」
●ビジャレアルのフォルラン「一度もチームを去ろうなんて考えた事はないよ。契約が残っているし、僕は、ビジャレアルに満足している。噂だけが広がっているみたいだけど、僕に興味があるチームはビジャレアルを通さないとね」
●イラン代表MFのジャバド・ネクナムは、スペインのオサスナと2年契約を結んだ。ネクナムは25歳。
●ワールドカップで敗退した後、ブラジル代表のロナウドは、あらためて負傷したひざの手術を受けることになった。
●バレンシアのキケ・フローレス監督は5日、チームがオランダで開始するシーズン前合宿に参加するメンバーのリストを発表した。しかし、リストにはクライフェルト、ディ・バイオ、フィオーレ、コッラーディの名前が入っていなかった。「彼らはやや遅れてチームに合流することになるだろう。とりあえずは、新しいクラブを見つけるための時間を与える」とコメント
●ベッケンバウアー「我々ドイツ人にとっては非常に残念な結果だ。我々は素晴らしい試合展開をしたが、イタリアの方がより頭脳的で運もあった」
●ポルトガルのスコラリ監督は「拮抗(きっこう)した試合でPKだけが決まった。そのことに文句は言いたくない」「フランスのPKは妥当な判定だったが、あれもPKだった」「この小さい国が決勝まで進むのは難しい。ただ、選手たちのことは誇りに思う。40年ぶりにここまでたどり着いたのだ」「われわれは全力を出し切り、あらゆる手を尽くした。それでも及ばなかった。フランスは勝利にふさわしいチームだった。われわれは並のチームに負けたわけではない。ゴールを奪えるかどうかが差となって表れる。ポルトガルはそれができなかった。フランスを褒めるしかない」
●レッチェのMFマルコ・カッセッティは、来季ローマでプレーすることになった。カッセッティは1977年生まれ。ローマはレッチェに150万ユーロ(約2億2000万円)を支払い、保有権の半分を買い取る形となる。
●ラツィオはパレルモからMFマッシモ・ムタレッリを獲得し、2011年6月30日までの契約を結んだ。
●ブラジル代表のカカ「ミランがセリエAに残るなら、もちろん移籍することはない。そうでなければ何とも言えない。まだ話をするには時期尚早だと思う。こういったことはすべて父が担当している」
●ユベントスのザッコーネ弁護士が訴訟問題についてコメントした。「勝ち点のペナルティーが付与されるにしても、セリエB降格が妥当な処分だと思う。実際のところ、ユベントスにクラブとしての直接的な責任があるとは考えることができず、責任があるとしても間接的なものだ」
●ポルトガル代表のデコ「ドイツとの3位決定戦を前に、再びモチベーションを高めなければならない。お互いに決勝進出の一歩手前で敗退という失望を味わっただけに、やっぱりつらいね。ドイツが今大会、素晴らしい活躍をしたことは良く知っている。厳しい試合になるだろう」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。